さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年07月23日

言葉と人間の本質を見極めた「人間学」―山岡荘八『徳川家康』第3巻

山岡荘八『徳川家康』第3巻


皆さんこんばんは。
今回は山岡荘八氏の大作『徳川家康』(全26巻)の草創期である第3巻「朝露の巻」のご紹介です。

個人的にはこの『徳川家康』は祖母が愛読していたということで、愛着のある作品です。

読み始めたのは去る平成24年。今から8年前です。

他の本に浮気しつつも全26巻を最初に読み終えたのが、2年後の平成26年ごろだったと思います。

直後に2回目を読み始め、それが終わったのがまた2年後の平成28年ごろ。
またすぐに3回目を読み始めて今は23巻を読み終わったところです。

徳川家康というと、「織田信長と豊臣秀吉が作り上げた天下統一の功績を、関ヶ原の戦いと大坂の陣で豊臣家を滅ぼしてかっさらった」みたいな言われ方をしていますが、僕はそれを払拭したい!

この小説は全26巻あるので非常にハードルが高いのですが、この小説さえ読んでいただければ、家康のそういった「古狸」的なイメージは一新できると信じているのです。

【これまでのレビュー】
第1巻
第2巻

では、第3巻のレビューをどうぞ!


<言葉以上のメッセージを遺した平手中務>


物語は天文22(1553)年の尾張、織田三郎信長の傅役(もりやく)・平手中務大輔(※)政秀の自決で幕を開けます。
※現在の通説では中務丞

この辺が山岡荘八氏の筆の妙です。

平手中務の死についても、その直接の原因となったと言われる諫状には言葉通りではない、含まれた意味が読み取れます。

中務が普段から三郎に言っていたこと、中務と三郎との関係性、当時の世の中の状況などを加味して初めて三郎が理解できるような、そんな仕掛けを施してあります。

結局、人は他人の言うことなんて聞かないので、相手に考えさせ、自分で考え、気づくような余地を残した言葉の使い方をしているんですね。

これはとても難しいコミュニケーションの仕方ですし、相手に理解度にも依存しているのでうまく相手に伝わらない可能性もあります。

しかし結局、皆まで言っても伝わらないので、理想的なやり方とも言えます。

人は、自分で気づいたことには一生懸命になりますから。

この描き方は最後の最後、大坂に陣の直前に大御所家康が右府豊臣秀頼へメッセージを伝えようとしたときにまで貫かれる描き方です。

人は、他人の言うことは聞きません。
自分で思考して発見しないと変われません。


結局、右府は大御所のメッセージに気づくことはできませんでしたが、それも人の世です。

こういった言葉の使い方ができる山岡氏は、言葉のもつ役割を深く洞察していた方であると思いますし、人間というものを深く理解していた方だったのだろうと思います。

<徳川家康の前半生を象徴する駿府時代>


そしてすぐに舞台は駿府へと移ります。

松平竹千代と名乗っていた徳川家康の少年期。

ここで描かれるのは竹千代の恋物語。

それだけ聞くとナンパな話ですが、その後の竹千代の不幸を象徴するかのような出来事が描かれています。
※この辺りは大いなるフィクションでもあります。

当時、駿府には2人の姫がいました。

1人は亀姫。

三河の権威的な存在であり、家格としては今川家よりも上位であった吉良家の当主・吉良上野介義安の娘です。
※当時吉良家は今川家の勢力に圧倒され、今川家臣のような立ち位置に立たされていました。
※吉良上野介義安は『忠臣蔵』で有名な吉良上野介義央の先祖です。


もう1人は鶴姫。

こちらは今川家の一族・遠江今川家の出で、駿河今川家の有力な家臣であった関口刑部少輔親永の娘です。

少年時代の竹千代は、そういった2人の女性に翻弄されますが、ほのかに亀姫に恋心を抱いていました。

しかし、亀姫は遠江曳馬城主・飯尾豊前守連龍のもとに嫁ぐこととなり、竹千代の恋は破れました。
※史実では、飯尾豊前の正室は鵜殿長門守長持の娘とされています。

そんな中、竹千代は成り行きで鶴姫と親しくなっていき、祝言を挙げることになります。
この鶴姫が、のち築山殿と呼ばれ、竹千代の前半生に暗い影を落とすこととなります。

この辺りで描かれているのは竹千代の優柔不断さ。

「おれはこうしたい!」とも言えずに相手に好きにさせる。

そのことによって、結果的にお互いを深く信頼するまで至ることができず、お互いを不幸にしてしまう。

僕もかなり耳が痛くなるような経験をしていますが、そういった竹千代の短所を暗示するような出来事がここで描かれています。
※この短所はのちに家臣・本多作左衛門重次にいさめられます。
※鶴姫こと築山殿についてはこちらもご覧ください→「大河ドラマを楽しむ方法(11)(『麒麟がくる』第21回)


<竹千代の元服と桶狭間前夜>


そしてついに竹千代は元服。
松平次郎三郎元信と名乗ります。
※「元信」の「元」は今川治部大輔義元の「元」をもらったものですが、「信」については物語中で次郎三郎が「武田大膳大夫晴信(のちの信玄)の『信』をもらった」と言っています。

しかし、すぐに今川治部より物言いがつきます。
「元信」の「信」は織田三郎「信長」の「信」ではないかと疑われたのです。

次郎三郎はすぐに諱(いみな)を「元康」と改めています。
この「康」は祖父・次郎三郎清康からもらったものです。

次郎三郎の元服により希望に胸を膨らませる岡崎衆(松平家臣)たちでしたが、治部はすぐに次郎三郎を岡崎に返しませんでした。
※のちに大活躍する若き徳川家臣たちやその父祖の忠心も、この辺りの見どころの一つです。

意気消沈する岡崎衆ですが、ついに桶狭間につながる治部の上洛戦が始まります。

ついに、次郎三郎が主体的に動き始める時代がやってきます。

というわけで、まだまだ説明したいことはたくさんありますが、今回はこの辺にしておきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・松平 次郎三郎 源 元康(元信。のちの徳川家康)
・織田 三郎 藤原(忌部) 信長
・関白 羽柴 太政大臣(通称は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀吉
・平手 中務丞(通称は五郎左衛門) 源 朝臣 政秀
・羽柴 右大臣(通称は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀頼
(文献上「羽柴」を名乗った例はありませんが、名字に該当するものは「羽柴」です)
・吉良 上野介(通称は三郎) 源 朝臣 義安
・(今川)関口 刑部少輔(通称不明) 源 朝臣 親永(義広、氏興、氏広、氏純)
・飯尾 豊前守(通称は善四郎) 三善 朝臣 連龍
・鵜殿 長門守(通称は藤太郎) 藤原 朝臣 長持
・本多 作左衛門 藤原 重次
・今川 治部大輔(通称不明) 源 朝臣 義元
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・松平 次郎三郎 源 清康
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

↓『徳川家康』に興味がわいてきたら下記リンクからぜひ読んでみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
『徳川家康』が書かれた背景と評価が分かりやすくまとめられています。
猿渡税理士事務所
レールはつづく
山岡氏が『徳川家康』に投影した視点から現代の平和を考えていらっしゃいます。
落語はビジネスにも役立つ!「笑う力」を身につけたい

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「天目山の戦いから学ぶ―戦上手の上手な負け方」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Along The Earth / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻)
平和への願いとともに生まれた徳川家康(山岡荘八『徳川家康』第1巻)
武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』
司馬遼太郎『関ヶ原』下
司馬遼太郎『関ヶ原』中
子どものころ読んでいた本
同じカテゴリー()の記事
 これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻) (2020-05-04 21:00)
 平和への願いとともに生まれた徳川家康(山岡荘八『徳川家康』第1巻) (2020-01-29 22:00)
 武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』 (2019-11-10 22:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』下 (2019-08-22 22:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』中 (2019-06-03 22:00)
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。