さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年06月03日

司馬遼太郎『関ヶ原』中

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は3年ぶりのブックレビューでして、しかも3年前に読み終わって返してしまった本についてです笑

司馬遼太郎氏の『関ヶ原』の中の感想です。
(参考:司馬遼太郎『関ヶ原』上

何しろ読んだのは3年前でして、さらに僕は山岡荘八氏の『徳川家康』のファンでありつつも、同時進行で両書を読んだので、多少こんがらがっているところはあります笑


ですが、主人公であるためにめっちゃ家康びいきの荘八氏と、どちらかというと家康を謀略家として描いている司馬遼太郎の違いは面白かったですね。

下記ブログさんが石田三成と徳川家康のステレオタイプのイメージはこの『関ヶ原』によってできた、みたいなことを書いていらっしゃいますが、そうだとすればだいぶいいたいことはありますね。

そもそも、関ヶ原の戦いは豊臣家vs徳川家の戦いではありませんからね。
豊臣家の石田派(毛利派)と徳川派の内紛ですからね。

結果的に徳川家は豊臣家に成り代わって天下を取りましたが、この戦いを、学校の教科書ですら豊臣家vs徳川家みたいに描いているのは恣意的な記述ですし、勉強不足であるといわざるを得ません。

よく考えてみてくださいよ。
徳川方には主力軍が参戦していないんですよ?
主力が嫡子秀忠についていて、戦場に到着していないのに家康は戦いを始めさせたんですよ?

それで、結果的に徳川方の主力になったのは福島正則や黒田長政などの豊臣家臣たちです。
彼らは家康贔屓であったかもしれませんが、あくまで豊臣家臣であり、豊臣秀頼のために参戦しています。

それに、徳川家康が豊臣家を滅ぼすためにこの戦いを仕掛けたのであれば、大坂城を攻めて秀頼を自害させるのに15年もかける意味がわかりません。

関ヶ原に勝った勢いでそのまま大坂になだれ込めば、秀頼は幼少なのだから簡単に落とせたはずです。

それと、徳川家康を悪く言う人は秀吉贔屓の人が多いですが、そもそも秀吉は織田家を乗っ取ってますからね?
秀吉の織田信孝の追い詰め方は相当えぐいですよ?

だから、もし家康が豊臣家の天下を掠め取ったという言い方をするのであれば、秀吉も織田家を掠め取っていることを認めましょうよ。

ということで、司馬遼太郎氏の作品の感想など一切書かず、関ヶ原における徳川家康の評価で終わってしまいました笑

また次回!

※画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・徳川 内大臣(通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・石田 治部少輔(通称は佐吉) 下毛野?(平?) 朝臣 三成
・徳川 権中納言(通称は不明) 源 朝臣 秀忠
・福島 左衛門大夫(通称は市兵衛、市松) 源 朝臣 正則
・黒田 甲斐守(通称は吉兵衛) 源 朝臣 長政
・羽柴 権大納言(通称は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀頼
(文献上「羽柴」を名乗った例はないが、名字に該当するものは「羽柴」である) 
・織田 侍従(通称は三七郎) 平(忌部?、藤原?) 朝臣 信孝
・羽柴 太政大臣(字は藤吉郎) 豊臣 朝臣 秀吉
☆武家の「通称」の普及を切に願います!



参考
司馬遼太郎とビジネス書と農業関連本などを読む。

風吹く荒野をのんびりと
Cantabile

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「合戦における戦術について⑭第二次月山富田城の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 6 / nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
子どものころ読んでいた本
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。