さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年03月08日

意味のない批判だってあるって何年も前から知ってた

天の岩戸(志摩)


皆さんこんばんは。
今回は記事「批判は人を育てない」について思ったことを書きます。

上記記事の概要は
ライターである筆者が以前、単に「面白くない」という批判だけで原稿をボツにされ精神的なショックから立ち直るのに数年かかったという経験から、(批難という意味での)単なる批判は人をだめにするだけで、成長をもたらすことはない。
というような意味の内容です。
(正確なところは上記記事を読んでください)

大いに賛成ですね。
下記ブログもぜひ読んでほしいのですが、世の中には単に相手を攻撃するためだけの「批判」が多すぎて、全然論理的議論がなされていないと思うのです。


客観的分析によって、「あなたの目的を達成するためにはこうこうこういうところが足りないから、こうしてみたらどうだろうか」という批判は大歓迎だと思います。

自分のやっていることを客観的に見ての意見なので、自分の成長のヒントになる可能性が高いからです。

しかし、そもそも「客観的分析」自体ができる人は極少数だと僕は思っています。
「代理想像」ができないと「客観的分析」はできないのですが、その「代理想像」ができている人はほとんどいないという印象があります(自分ができているかはさておいて 笑)。

だから結局「客観的」ではなくて、感情的な「好き嫌い」の感覚に大いに頼って批判するから相手は傷つくわけですね。
(傷つくくらいショックを与えないとその人は変わらない場合があるので、相手の成長を企図して「傷つける」こと自体は間違っていないと思いますが、それは「下策」ですね)

そして、相手が「傷つく」ということに関連して、有効な批判は「言い方」がすごく難しいですよね。

「あなたのやり方は批難しているけど、あなた自身を批難しているわけではない。あなたを憎んでいて、傷つけようとしているわけではない」

というメッセージを相手に伝えながら批判をするわけです。

文字では難しいわけですよね。
フェイストゥフェイスでも難しい業なんですから。

そのために、それまでにある程度相手との信頼関係を築いていないといけないわけですから、テレビとかネット上で見たよく知らない人を批判するのがどれだけ危険かってことですね。

しかし、結局のところ、相手が傷ついて嫌にならないように細心の注意を払って相手を「批判」しようとする人も世の中にはほとんどいないわけだし、上記のように「客観的分析」によって批判できない人がほとんどなわけだから(これができる人は、多分、その相手にもっとも有効な「言い方」を模索できる)、上記記事のように「批判」そのものが無意味と感じてしまうわけですね。

つまり、僕は有意義な「批判」もあると思っていますが、「客観的分析」と相手に合わせて工夫された「言い方」ができている批判でないとあまり意味がないと思っています。
言われた相手はただ傷つくだけで、言われた内容を吟味しませんから。

そして、その「批判」を採る採らないは批判された方の勝手であって、「批判」されたからと言って「自分はだめだな」と思う必要は一切ありません。

相手が的外れなことを言っていたら的外れですよと伝えればよくて、そのコミュニケーションが簡単ではないためにイライラして、感情的に傷つくことが多いのですね。

あとは、相手が完全に論理的物言いのできない人だったら適当に「はい、はい」言っておいて、一切内容を聞く必要はありません。スルーです。
(もしかしたら相手のいうことは的を射ていて、自分の理解が追いついていない可能性もありますが、結局「聞けない」という結果には変わりありません)

もうひとつの要素として「タイミング」もあります。
相手が話を聴ける環境かというのもありますが、相手にその「批判」を受け入れられるだけの土壌が育っているか、ということも重要ですね。

小学一年生に「コミュニケーション」を理論的に説明しても(ほとんどの子は)理解できない、ということです。

という訳で、いわゆる「批判」には

・客観的分析
・相手に合わせた言い方
・タイミング

が必要になりますが、それを意識している人はほとんどいないために、ただ相手を傷つけるだけの「批難」の意味での「批判」ばかりになるわけです。

※画像は内容とは関係ありません。



参考
批判的思考について
The 小学校教育
ダブスタ批判について
毒多の戯れ言
「評価」と「批判」について
下界の日々

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『おんな城主直虎』第36~40回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
「結果がすべて」ではない
僕らはお金をたくさん使わないと生きていけないように誘導されている
高度成長的ライフスタイルはもうやめてくれ
「おいしい」とか「まずい」は単に味だけの問題ではない
プライベートを犠牲にしてまで働く必要はない
ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない
同じカテゴリー(ネット)の記事
 「結果がすべて」ではない (2018-09-24 19:00)
 僕らはお金をたくさん使わないと生きていけないように誘導されている (2018-09-08 19:00)
 高度成長的ライフスタイルはもうやめてくれ (2018-08-23 19:00)
 「おいしい」とか「まずい」は単に味だけの問題ではない (2018-08-07 19:00)
 プライベートを犠牲にしてまで働く必要はない (2018-07-22 19:00)
 ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない (2018-07-06 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。