さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年03月19日

「成長」を求めて自己啓発に走る意識の高い人たちはただ「実戦」から逃げているだけである

さめ


皆さんこんばんは。
今回は記事「最近の若い人たちが成長することに必死すぎる。」についてです。

記事の概要としては、
成長を目的とすること自体は悪いことではないのだが、成長「だけ」を目的とするのはよくない。何か目的があった上でそれに合わせた成長をするべきだ。
というような内容ですが、同意ですね。
(いつものように正確なところは上記記事を直接ご覧ください)


いわゆる「意識高い系」と呼ばれる人たちも上記の「若い人」に当てはまるのだと思います。
「意識高い系」に該当する人たちは何十年も前からいたので(今年の大河ドラマ「いだてん」で言う美川秀信氏もそうだと思う)、何も「若い人」に限った話ではないのですが、結局彼らは「自己啓発」というトレーニングのみに満足して実行できていないことが多いですね。

自己啓発系の本を読んだりセミナーに参加すると「やった」気になってしまうんですよね。
自分は「できる」気になってしまいます。

(僕も以前指摘されましたし、まだまだ修行が足りないのですが)そういった意味で吉田松陰の掲げた王陽明の言葉「知行合一」が思い出されますね。

「知る」ということは快感で、それだけでかなりの満足感が得られます。

しかし「行う」ことはエネルギーを要することであり、ダメージもあります。
実行することはかなりのリスクがあるんですね。

しかし、やらなきゃ意味がないんですよ。
考えているだけでは「無」です。

もちろん海外に不正渡航しようとしたりイギリス公使館を焼き討ちしたりなんて犯罪はだめですよ。
ただ、やらなければ「無」です。

知っているだけ、考えているだけで悦に入っている人は単なる「無」です。

そして、「実行」した方がはるかにスピードの速い成長ができます。
結果が出て、痛い目見ますから。
仕事も恋愛も一緒です。冒険に出なければ収穫はありません。実行をしなければ失敗はありませんが、失敗をしなければ成長もなく、それゆえ成功もありません。

しかしそれでも「実行」しないというのはそのダメージから逃げているだけです。
自分の知識を誇りたい気持ちはわかるのですが、ただの臆病者です。

知っているけど「やらない」のは知らないのと一緒です。

だから、思いついたらやればいいんです。
トレーニングするだけではなく、実戦にどんどん飛び込んでいって、失敗して学ぶべきなんですね。

思いついたことはどんどん実行しましょう!
(と、自分に言い聞かせている笑)

※写真は記事内容とは無関係です。



参考
工藤謙治公式ブログ
Tebakのエア後輩に語る日記
三保俊輔ブログ/広島の三保俊輔税理士事務所

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『いだてん』第7~8回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP(特大・プリン・プリーズ) Part 1/nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
勤務中にたばこを吸いに行くとか行かないとかどうでもいい
男性の育休取得について
不機嫌のコントロール
ブログ開設14周年!
スパルタ教育とゆったり教育は果たしてどちらの方が有効なのか?
仕事に対する価値観は変わった
同じカテゴリー(ネット)の記事
 勤務中にたばこを吸いに行くとか行かないとかどうでもいい (2019-07-13 22:00)
 男性の育休取得について (2019-06-11 22:00)
 不機嫌のコントロール (2019-05-26 22:00)
 ブログ開設14周年! (2019-05-22 22:00)
 スパルタ教育とゆったり教育は果たしてどちらの方が有効なのか? (2019-05-06 22:00)
 仕事に対する価値観は変わった (2019-04-04 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。