さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年12月10日

オリバー・ツイスト



こんにちは。
今回は、『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の2005年公開作品『オリバー・ツイスト』について。
(『戦場のピアニスト』の記事はこちら

この映画の原作は、19世紀のイギリス作家チャールズ・ディケンズの作品。
おそらくポランスキー氏らの腕で面白い映画に仕上がったと思うのだが(ポランスキー以外の映画版は見ていないが)、原作自体がクセのある作品で、原作を読んだらたぶん面白くないんじゃないかと思う(読んだことはないが)。

というのも、

原作の『オリバー・ツイスト』という小説は、16世紀から17世紀にスペインで発祥し、イギリスでも流行した「ピカレスク小説(※1)」という形式の影響を受けていて、その「ピカレスク小説」というのは単に「事実を羅列しただけ」であることが多い文章なので、ある筋から言わせれば「文学」たりえないものが多いらしい。
(「ある筋」とは夏目漱石のことだが。次回詳しく書く予定)

夏目翁に言わせれば、「文学」とは「物語」のこと。
「物語」とは「ひとつの一貫した大きな事件」の中に、「小さな事件」が連続すること。
「事件」とは人の生に始まり、人の死に終わるものではなく、人の生以前から始まっているものもあるし、人の死のあともなお続く。

だから、ひとつの作品の始まりと終わりは、主人公の生死に焦点を当てるのではなく、主人公を取り巻く、ひとつの一貫した大きな事件に焦点を当てるべきだということ。

そして、「文学」というものは、物語の中に「偶然」が多発すると読者が「必然性」を感じることができなくなり、ニュース記事を読んでいるように緩慢なものになってしまう。
だから、多くの「必然(=登場人物の人柄が原因となって引き起こす事件)」の中に、少数の「偶然(=登場人物の人柄に関係なく、自然現象などが引き起こすもの)」がちりばめられて、初めて面白くなる。

この「偶然」の多発をやってのけたのが「ピカレスク小説」であり、「文学」として読んだときは面白くもなんともないようだ(※2)。

で、この『オリバー・ツイスト』の話は、
・主人公の「誕生」が物語の始まり
・ほとんどの「事件」が「偶然」によって発生する(因果関係があいまい)
・主人公のオリバーの自我が、ほぼない。
・事実の羅列である

という点で、まさしく「ピカレスク小説」を地でいっていて、興味深い(笑

しかし、映画自体は面白かった。
上にも書いたが、原作を読んでいないので断言はできないが、この映画のできのよさはおそらくロマン・ポランスキー氏の力量だと思う。

お勧めの一本です。

参考
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
ネタバレ映画館
5125年映画の旅

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は夏目漱石『文学評論』について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材









//
11/8 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYのマンドレ・カンドレ~we've tried to escape from the realities~

5/31 個人ホームページ休止(大幅改装予定)

1/10 クロックエンド ブログ兼BBS休止→コチラ

1/10 クロックエンド携帯用簡易版サイト休止→コチラ

1/10 クロックエンド ホームページ休止→コチラ

ボーカル、バンドスタッフ募集!!
詳しくはこちら



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(映画)の記事画像
プレステージ
パフューム ある人殺しの物語
同じカテゴリー(映画)の記事
 グッバイ、レーニン! (2016-02-07 12:37)
 ドリームガールズ (2009-09-22 01:04)
 レイ (2009-08-06 13:11)
 赤ちゃんの逆襲 (2009-06-29 22:50)
 クローバーフィールド (2009-06-03 22:11)
 エリザベスⅠ世(後編) (2009-03-22 23:59)

Posted by Sosuke Washiya at 16:20│Comments(2)映画
この記事へのコメント
※1
イギリスでの「ピカレスク小説」の代表作はダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』(発表は1713年)。

『ロビンソン~』を読んだことのある人は、記事の「ピカレスク小説」の話に合点がいくかもしれない。
(ちなみに、僕は読んだことがありませんw)
Posted by 長十郎 at 2009年12月10日 16:31
※2
ただし、ディケンズの活動はイギリスでの「ピカレスク小説」の流行から1世紀を経ているので、それなりに昇華されているのかもしれない。
Posted by 長十郎 at 2009年12月10日 16:32
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。