さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年07月07日

コメディを貫きつつもうまくオチをつけました!(『メン・イン・ブラック3』)

お金を背負う男性
acworksさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は映画『メン・イン・ブラック3』についての感想を書きたいと思います。

まずはあらすじ。

いつものようにエイリアンに関する任務をこなすエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)とエージェントJ(ウィル・スミス)。

しかしこの日、Kは過去に捕まえて刑務所に入れた凶悪エイリアン・ボリス(ジェイマン・クレメント)が脱獄したことを知る。

JがMIB本部に戻ったところ、相棒のKがいつの間にか別人になっていた。

不審に思い、いろいろな人にKのことをきくも、誰も知らない。

エージェントO(エマ・トンプソン)にきいたところやっとKの情報にたどり着くことができたが、Kは40年前に殉職したという。

Jは、ボリスによって改変されてしまった歴史を正すため、そして、40年前に死んだことになってしまったKを死なせないため、タイムトラベルによって過去に向かうのであった。

ということで、


<陳腐化したSFの王道に敢えて挑戦!>


「エイリアンを見たら、黒服の男たちに連れ去られて記憶を消される」という都市伝説を映画化した『MIB』シリーズ。

その設定の時点で陳腐なはずなのに面白かった1作目と2作目ですが、3作目では「タイムトラベル」というさらに陳腐化されたテーマに挑戦するという無謀さ。

それだけで笑えました 笑

しかし実際に見てみると、ちゃんと面白いから不思議です。

今までのエージェントJによる軽妙さ、ストーリーのテンポの良さ、難解な謎がなくわかりやすいストーリーなど面白い要素は失われていませんでした!

<グリフィンの言葉>


映画の舞台となった1969年の世界にはグリフィン(マイケル・スタールバーグ)という、未来を見通す能力をもったエイリアンが登場するのですが、彼の言葉が示唆的で面白かったです。

たぶん、この映画が作られた2012年ごろには量子論の概要が一般的に認知されるようになっていたので、その影響があるのだと思います。
(量子力学自体は20世紀初めからあります)

「今この瞬間になるまではあらゆる可能性が無限に存在しそれが全て同時に進行している」という考え方は量子論そのものですね。

量子論として有名なのは「シュレーディンガーの猫」という思考実験です。

簡単に言うと、
①箱の中に猫を入れ、そこに、原子がある一定の状態になると猫が死ぬ仕組みを作っておく(電流が流れるなど)
②1時間ほど経ったら箱の中を空けて、猫が生存しているかどうかを確認する

という実験です。

我々が一般的に認知している科学では、原子が「一定の状態」になる確率は〇〇%で、猫は同じ確率で死ぬ、ということまでしか言えません。

もし猫が死んでいれば、その1時間の間のどこかで原子が「一定の状態」になったために猫は死んだ、ととらえますが、量子論はそのようなとらえ方はしません。

箱を開けるまで、猫が生きているか死んでいるかは決まっていない

のです。

訳わかりませんよね?

この映画はそういった流行の理論まで取り入れる、というお遊びがありますが、案外お遊びで終わらない可能性があるのがこの「量子論」です。

あとは、僕はわからなかったのですがティム・バートンがカメオ出演しているそうですね。

もう一度見て確認したいと思います!笑

というわけで、コロナ騒動で心が疲れた方は、こういった頭を使わないで済む映画を見て心を洗ってあげてください!

今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

↓映画を見てみたいと思ったら下記リンクをチェックしてみてください!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
ちゃっぷのいつでも映画日和
映画バー まったりとMIKA'S BAR
もっと映画な生活!

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ビジネスに活かす戦国合戦術(21)高遠城の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Too Far Away / Stoning Crows









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(映画)の記事画像
時には思いっきり感情移入!―『一枚のめぐり逢い』
不安な社会情勢を忘れさせてくれる、スカッとする映画!(『メン・イン・ブラック』)
何も考えずにただ楽しみたい人にお勧めの映画!(『メン・イン・ブラックⅡ』)
『君に届け』
『エンド・オブ・バイオレンス』
『ライセンス・トゥ・ウェディング』
同じカテゴリー(映画)の記事
 時には思いっきり感情移入!―『一枚のめぐり逢い』 (2020-09-09 20:00)
 不安な社会情勢を忘れさせてくれる、スカッとする映画!(『メン・イン・ブラック』) (2020-04-18 21:00)
 何も考えずにただ楽しみたい人にお勧めの映画!(『メン・イン・ブラックⅡ』) (2020-01-13 22:00)
 『君に届け』 (2019-10-25 22:00)
 『エンド・オブ・バイオレンス』 (2019-08-06 19:00)
 『ライセンス・トゥ・ウェディング』 (2019-05-14 22:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。