さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年06月24日

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(19)

ティルテュ、クラスチェンジ

おはようございます。
湿気がひどくてほとんど眠れませんでした><

湿気が極度に苦手なので、毎年つらいです…

というわけで、もはや惰性と化した「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」のプレイ日記第19弾です。

これまでの経過は下のリンクから飛んでくださいw

聖戦の系譜(1)
聖戦の系譜(2)
聖戦の系譜(3)
聖戦の系譜(4)
聖戦の系譜(5)
聖戦の系譜(6)
聖戦の系譜(7)
聖戦の系譜(8)
聖戦の系譜(9)
聖戦の系譜(10)
聖戦の系譜(11)
聖戦の系譜(12)
聖戦の系譜(13)
聖戦の系譜(14)
聖戦の系譜(15)
聖戦の系譜(16)
聖戦の系譜(17)
聖戦の系譜(18)

現在は「第5章 運命の扉」の冒頭なのですが、早速ティルテュがLv20達成。マージファイターにクラスチェンジ。

デュー、クラスチェンジ

ついでにデューもシーフファイターにクラスチェンジ。デューは何がなくともとりあえずLv20以上にして、クラスチェンジしてあげたい感じです。

アルヴィス卿、アズムール王

アルヴィス卿の悪巧み。アルヴィス卿の行動はかなりあくどいが、グランベルの将来を考えての行動なのでそこまで悪くない。

アズムール王、ディアドラ

記憶喪失のディアドラ。

戦略としてはシグルド、レックス、ラケシスの騎馬隊三人は東へ直行しシグルドの父、バイロン卿の救出へ。今回はノイッシュ、アーダン、アレク、ベオウルフ、ホリンはカップリングしないのでお休みさせてます。

レヴィン、ティルテュはカップリングしたいので、セットで北の町救出へ。

エーディン、デューは南の町救出へ。

ジャムカ、ブリギッドは西の敵部隊掃討へ派遣しました。

クロードとフュリーは第5章開始早々くっつきましたが、一応セットで遊軍として活動。

バイロン卿

シルヴィアがいなくて再行動できないので少し焦りましたが、シグルドを無理矢理単騎で突出させて、なんとかバイロン卿救出に間に合いました。シグルドをLv30にしていなければたぶんやられていたと思う。神器ティルフィングを無事ゲット。

スレイダー

そうこうしてる間に、後続のレックスが敵方の隊長スレイダーを撃破。

アンドレイ

そして、アンドレイ率いるバイゲリッターが出撃してきました。

そんな感じです。

追伸
尊敬すべきベーシストであり、高校でのほぼすべてのライブをともにした戦友?のI氏が結婚したとの知らせが昨日届きました。おめでとうございます!



参考
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ボケて」について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材









//
5/31 個人ホームページ休止(大幅改装予定)

6/17 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

1/10 クロックエンド ブログ兼BBS休止→コチラ

1/10 クロックエンド携帯用簡易版サイト休止→コチラ

1/10 クロックエンド ホームページ休止→コチラ

ボーカル、バンドスタッフ募集!!
詳しくはこちら

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(20)
イースIV
CROSS DIMENSION 0079
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦) (2017-04-30 21:00)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22) (2009-12-09 23:19)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21) (2009-09-13 18:52)
 グローランサー (2009-08-06 22:17)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(20) (2009-07-21 12:37)
 イースIV (2009-06-10 11:20)

Posted by Sosuke Washiya at 09:54│Comments(0)ゲーム
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。