さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2008年11月03日

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(11)

ランゴバルト

こんにちは。
スーパーファミコンの名作シミュレーションRPG『ファイアーエムブレム』の「聖戦の系譜」のプレイ日記第11弾です。

あらすじです。
この間初めてプレイし、最初のステージでアゼルがやられ、ついでミデェールとフィンがやられました。そして「第一章 精霊の森の少女」が始まり、よくわからずにアイラを倒してしまいました。第一章が終わり、「第二章 アグストリアの混乱」が始まりノディオンを救出したのち、ハイライン制圧&レヴィン、シルヴィア登場アンフォニーマッキリーも制圧し、第3章開始。マディノ城を攻略し、シルベール城を攻めつつトラキアの竜騎士団を相手にしています

冒頭でジャムカ隊(デュー、エーディン)が竜騎士軍団を撃退。

一方シグルドはシルベールでシャガール倒し、「銀の大剣」をゲット。シルベールを制圧しました。
するとシャナンがシルベールにやってきて、ディアドラ行方不明になったことが発覚しました。シグルドとディアドラの子ども、セリスは無事。

シグルド隊(キュアン、エスリン、ラケシス、レックス、フュリー)はマディノに向かい、エスリンがキュアンに神器「ゲイボルグ」渡しました。

そうこうしているうちに北のオーガヒルの海賊が頭目ブリギッドに反乱し、ブリギッドは逃亡しました。
海賊たちはブリギッドを追うとともに、オーガヒルからマディノに向かう海峡に橋をかけ、アグストリアに攻めてきました。

一方、オーガヒルの西の「ブラギの塔」に行っていたクロードとティルテュは、ブラギの祈りを終え、すべての真実を知ったようです。
クロードは神器「バルキリーの杖」をゲット。

そんな中、オーガヒルの海賊を相手にしていたジャムカ隊、マディノ城を守っていたレヴィンも戦線に参加し、ジャムカがピサールを倒して「レッグリング」をゲットしました。

シグルド隊としてマディノに向かっている最中、レックスとラケシスが恋人になりました。

そしてシグルド隊はジャムカ隊と合流して、シグルドとブリギッドが会話をし、シグルドはクロードの話を聞きました。

グランベルでの出来事はレプトール卿の陰謀で、レプトールがランゴバルト卿を使ってクルト王子暗殺し、バイロン卿に罪を擦り付けたそうです。
レプトール卿はイザークのマナナン王も殺し、背後には恐ろしいものがいるということ。シグルド曰く、「暗黒教団」ではないかとのこと。

バイロン卿は瀕死だがまだ生きているそうです。
クロードは王都に戻るつもりということ。

そしてブリギッドとエーディンの姉妹が再会し、ブリギッドは神器「イチイバル」をゲット。

デューはブラギの塔の前で散策していたら「かぜの剣」をゲット。

レックスはオーガヒルを攻めてドバールを倒し、「パワーリング」ゲット。

ジャムカ、エーディン、キュアンはアグスティに戻り、ジャムカはクラスチェンジしてスナイパーに、エーディンはハイプリーストになりました。ジャムカは「はがねの弓」を売り、キュアンは「いかずちの剣」を売却。

そしてオーガヒルを制圧したものの、アグスティにランゴバルト卿、レプトール卿の軍が攻めてきました。

レプトールの裏にはアルヴィス卿がいるということが発覚しました。アルヴィスはシアルフィ家に罪を擦り付けたとのこと。

そうこうしているうちにレヴィンの祖国、シレジアからマーニャの天馬騎士団が登場し、シグルドたちを迎えにきました。ラーナ王妃の命令だということ。

そして第三章終了が終了。

シグルドは反逆者の汚名を着せられたとのこと。
シレジアは風の聖戦士セティの建て国で、天馬騎士団、風の魔道師たちがいる国であり、100年間中立を保ち平和だったが、数年前に国王が死んで跡目争いで戦乱の兆しが現れたそうです。

レヴィンが王位継承者であったが王弟のダッカー公は不服でザクソン城に篭る、末弟マイオス公爵もトーヴェで兵を集めはじめたとのこと。

レヴィンはそういった事情で国を出たらしいです。

「第四章 空に舞う」が開始。
シグルド軍のいるセイレーンにシレジア城からラーナ王妃、マーニャが来ました。
手紙をグランベルに送るも、アズムール王からは返事なしとのこと。レプトールが握りつぶしている用です。

グランベルではクルト王子の姫が見つかったということで、彼女には「ナーガにしるし」があり、バーハラ王家の直系であることは確かだそうです。まぁディアドラですが。

ディアドラはアルヴィス卿と恋仲で、挙式が近いそうです。

そんな彼女がディアドラだということを知らないシグルドは、一年経ってもディアドラ見つからないことを嘆きました。セリスだいぶ大きくなったそうです。
また、ラーナはトーヴェのマイオス公爵に注意するようにと言い残しましたが、息子のレヴィンは無視。あとでシレジア城に来いと告げて、かえって行きました。

一方キュアン、エスリンはレンスターに戻ってしまいました。

そんな中、ディートバ、クブリの軍隊がトーヴェからセイレーン城に向けて攻めてきました。

今回はそんな感じです。



参考
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
あおいろDestiny ~The Blog~
いたろぐっ!
偽りの瑞光を信じて。

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『ベルセルク』17~20巻について。

人気ブログランキングへ
英語発音を100点満点で採点


↓試聴、購入お願いします!(再生マークをクリックすると試聴。購入はメンバー登録をして行います。クレジットカードかウェブマネーが使えます!)









//
11/2 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

10/31 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

9/16 クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

ボーカル募集!!
詳しくはこちら

音楽配信代行サービスペルシカ

8/28 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

7/23 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

バンド・アーティストのマネージメントやります。詳しくは下記メールにて。

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ

台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
ファミコンは我が家にぬるっとやってきた
クラシックゲームの恐怖で身震いしよう!(バイオ・ハザード2@プレステ1)
俺の屍を越えてゆけ 20周年!
『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21)
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 ファミコンは我が家にぬるっとやってきた (2020-05-12 21:00)
 クラシックゲームの恐怖で身震いしよう!(バイオ・ハザード2@プレステ1) (2020-03-17 21:00)
 俺の屍を越えてゆけ 20周年! (2019-06-27 22:00)
 『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦) (2017-04-30 21:00)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22) (2009-12-09 23:19)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21) (2009-09-13 18:52)

Posted by Sosuke Washiya at 17:11│Comments(0)ゲーム
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。