さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年05月28日

『F-ZERO』の音楽の良さを改めて実感した

F-ZERO タイトル画面


皆さんこんばんは。
今回は記事「ヴァイオリンによる『F-ZERO』演奏動画がかっこいい! 効果音まで再現するプロの演奏がテンション上がる」を読んで触発されて『F-ZERO』について書きます。

記事はヴァイオリニストの岡田鉄平さんという方がスーパーファミコンカセットの『F-ZERO』のBGMをヴァイオリンで演奏した動画について書いています。

岡田さんの演奏については上記記事の感想とほぼ同じです笑
まず、『F-ZERO』をチョイスしたことが渋いですし、単にBGMだけでなくSE(サウンドエフェクト=効果音)までヴァイオリンで表現しているのがすごいですね。

そして、このことで『F-ZERO』の面白さを思い出したので久々にやってみました笑


<『F-ZERO』とはなんぞや?>


『F-ZERO』は任天堂が平成2(1990)年に発売したスーパーファミコン用のレーシングゲームソフトです。

当時の記憶がある方は「平成2(1990)年」と聞いてピンとくるかもしれませんが、そう、スーパーファミコンが発売された年です。

「スーパーファミコン(略して「スーファミ」)」発売時のテレビCMと言えば、マリオが「世界の国からこんにちは」の替え歌を歌っていましたね。

そのマリオが活躍する『スーパーマリオワールド』がローンチソフト(※)として売り出されていたのを覚えている方は多いと思います。
※ローンチ=launch 打ち上げ。つまり「ローンチソフト」とはハードと同時発売されるソフトのこと。

実は、スーファミのローンチソフトはもう1本ありまして、それがこの『F-ZERO』です。

任天堂の金字塔「スーパーマリオ」シリーズと比べてネームバリューが低いので、「なんで?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの『F-ZERO』は当時としては革命的なソフトでした。

<1枚絵を利用した疑似3D効果>


F-ZERO Mute City

ファミコン時代の映像は当然2D画面でした。

一つの絵柄が縦や横に流れていって、それで終わり。

しかし、『F-ZERO』はスーファミのローンチソフトというだけあって、スーファミならではの機能をふんだんに使っています。

それが「画面の拡大・縮小・回転機能」です。

ファミコンもスーファミもやったことのある世代の方はピンとくると思うのですが、初期スーファミのソフトって、やたらこの機能を駆使してませんか?

上記『スーパーマリオワールド』でも出てきていますし、『ファイナルファンタジー』シリーズ、『ドラゴンクエスト』シリーズ等々、大部分のスーファミソフトに使われています。
※『ファイナルファンタジー』で代表的なのは飛空艇搭乗時のマップです。

『F-ZERO』は、その「拡大・縮小・回転」機能を使って時速400kmを超える猛スピードを再現し、ジャンプ台によるコースアウト・ショートカットを可能にしました。

当時のレーシングゲーム界に革命を起こしたソフトだったのです。
※詳しくは「サブカルチャーのある生活」さん、「OKINIIRI」さんをご覧ください。

<『F-ZERO』とのなれそめ>


F-ZERO Big Blue

我が家にスーファミがやってきたのは確か平成3(1991)年のGWのころだったと思います。

大阪の祖父母宅に遊びに行っているとき、祖父に買ってもらったような記憶があります。

その時、小学3年生だった僕は『ウルトラマン』が欲しくて買ってもらいましたが、姉が猛烈にこの『F-ZERO』が欲しいと主張。

確か、友達の家でやって面白かったからと言っていた気がします。

で、やってみたら面白かったですね。

ただ残念だったのが、2人プレイができないということ。

これは実は上記疑似3D技術が関係しているらしく、当時の技術とこの『F-ZERO』のスピード感では画面を2つに割って2人プレイにすることができなかったそうです。

※車速を遅くすることでそれを克服したのが『マリオカート』だったのだそうです。

今はもうスーファミ版を入手するのは大変かもしれませんが、別のハードでシリーズも出ていますし、WiiUでダウンロードできるようです。

というわけで、今回はスーファミ初の革命的レーシングゲーム『F-ZERO』についてのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓『F-ZERO』をプレイしたい!という方や音楽が気になった方は下記リンクから是非入手してみてください!
スーファミがなくてもWiiUがあればダウンロード版でプレイできます!



モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
れとろんのレゲー日々雑感
サブカルチャーのある生活
OKINIIRI

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「大河ドラマを楽しむ方法(8)(『麒麟がくる』第15~16回)」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
The Beautiful / Sosuke Washiya









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
ファミコンは我が家にぬるっとやってきた
クラシックゲームの恐怖で身震いしよう!(バイオ・ハザード2@プレステ1)
俺の屍を越えてゆけ 20周年!
『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22)
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21)
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 ファミコンは我が家にぬるっとやってきた (2020-05-12 21:00)
 クラシックゲームの恐怖で身震いしよう!(バイオ・ハザード2@プレステ1) (2020-03-17 21:00)
 俺の屍を越えてゆけ 20周年! (2019-06-27 22:00)
 『聖剣伝説2』(1)(オープニング~マンティスアント戦) (2017-04-30 21:00)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(22) (2009-12-09 23:19)
 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜(21) (2009-09-13 18:52)

Posted by Sosuke Washiya at 21:00│Comments(0)ゲーム
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。