さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年04月01日

『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第41~45回までの感想を書きます。
今日はエイプリル・フールですが、興味がないので無視します 笑

まずはあらすじ。

草履番として徳川家中で働く井伊万千代(菅田将暉)と小野万福(井之脇海)だったが、後輩を育てることを条件に小姓への取立ての約束を取り付ける。かくしてやってきた後輩は中年のノブ(六角精児)という男であり、育てにくさに怒りを爆発させる万千代だったが、ノブは実は以前徳川家中にいた本多正信であると判明。正信の知恵により武田勝頼(奥野瑛太)の侵攻に備え、井伊谷の材木を提供する案を徳川家康(阿部サダヲ)に話す万千代だったが、おとわ(柴崎コウ)の分別により、その手柄は近藤康用(橋本じゅん)のものとなってしまう。

長篠の戦いで留守居を命じられた万千代・万福は酒井小五郎(タモト清嵐)の嫌がらせにより武器庫の番を命じられるが、見事に武具を磨きあげ、凱旋後の家康に賞賛される。長篠の戦場では織田・徳川連合軍が見事に勝利し、手際よく柵を作った手柄で元井伊家臣の中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)が織田信長(市川海老蔵)から茶碗を賜る。万千代は他の小姓からの妨害工作をなんとか打開しようと画策していた。

武具の手入れの手柄で小姓に上がった万千代。他の小姓の妨害も潜り抜け、岡崎城への遣いをすることになる。一方井伊谷では、長篠の戦いで使った材木の伐採による出水が発生し、おとわの知恵により、信長より拝領した茶碗を売って新しく木を植えることになった。

万千代が小姓として務め始めてしばらく経ったころ、ついに万千代と万福は初陣を許され、駿河田中城攻めの陣へと随行することを許された。しかし特に何もすることがなく自身の今後を危惧する万千代であったが、武田の間者から家康を守り、捕縛するという功を立て、1万石の領知をもらうこととなる。一方井伊谷ではおとわの母祐椿が最期のときを迎えようとしていた。祐椿の計らいで対話することになったおとわと万千代。しかし、二人の考えには大きな隔たりがあった。

家康を襲った間者が嫡子信康(平埜生成)の家臣であることが判明し、罰せられる岡崎衆。一方で家康の元には三男長丸が誕生し、嫉妬と焦りに駆られた瀬名(菜々緒)は信康に側室をもつことを勧める。しかし、その話が信康の正室五徳姫を通して信長の耳に入り、信康を死罪にせよという命令が下ってしまう。


第41回は「この玄関の片隅で」。
下記「昼寝の時間」さんもおっしゃっていますが、菅田将暉氏の万千代登場によってまた新しい大河ドラマが始まったような雰囲気となり、新鮮で野心的で非常に面白くなってきました。

そして、家康の側にいた鷹匠、つまり万千代・万福の後任の草履番が本多正信ということが発覚し、その出会いというか、流れは非常に自然なように感じて素晴らしかったのですが、気になるのは「ノブ」という呼称。

以前書いたように(参考:「武家や公家の名前について」)、明治時代に姓名はひとつずつ、と決められる以前は基本的に「正信」のような実名(=諱、忌み名)を普段使いする習慣はなかったので、「正信」の「信」を切り取って通称にすることはまずなかったと考えられます(署名することはありました)。

ですので、「ノブ」ではなく字(あざな=通称)の「弥八郎」の方が自然なのですが、「ノブ」で視聴者にヒントを出す狙いがあったのかもしれません。
ちなみに、徳川家の「鷹匠上がりの『ノブ』」で正信だ!」と気づくほどの歴史マニアは「弥八郎」でも十分に「正信だ!」と気づきます 笑

それと、大久保忠世(渡辺哲)が登場しましたが、彼は当時あんなに爺さんではありません。
天文元(1532)年生まれですから、信長と同じくらいで当時は満43歳くらいです。
製作者の歴史への愛が杜撰な点がちょっと残念。

第42回は「長篠に立てる柵」。
こちらも面白く拝見させていただきました。
万千代が酒井小五郎に意地悪される場面も、程よく手柄を横取りされそうになり、しかし、家康はきちんと万千代の仕業と洞察してスカッとさせるあたりが素晴らしいですね。

やきもきさせる展開を作ったら、きちんとスカッとさせてくれないと面白く思えません。
やきもきすることばかりの現実を過ごしているのだから、こういう創作の中だけでもスカッとさせてくれないと 笑

しかしひとつだけ気になったのが、信長が来ただけで岡崎城の本丸大広間が一瞬で南蛮化したこと。
漫画か!いや、欧米か!笑
リアリティがなさ過ぎてちょっと興ざめしました。

あと、酒井小五郎は忠次ではなく忠次の嫡子の家次ですね。

第43回は「恩賞の彼方に」。
ということで、面白いのであんまり書くことがないです 笑
後に武勇も武略も政治も外交もこなす井伊直政の片鱗がよく描かれて楽しいですね。
やはり、野心的な主人公(主人公ではないけど)がいた方が物語りは面白い。

それと、後の展開がわかっているからなのかもしれませんが、築山・信康事件の伏線が描かれているようで、そこもよかったと思います。

第44回は「井伊谷のばら」。
万千代の出世劇がスカッとします。
武田の間者を見抜いたという演出もよかったですし、信康事件への伏線としてもよかった。
この辺は「空白」部分ですので、大いにフィクションで固めてもらっていいと思うのですが、うまくはまった展開だと思います。
(前半の直虎メインのときがひどかったのがとても残念)

ただ、このころ万千代がもらった領知は井伊谷だというのが通説です。
近藤康用は井伊谷を治めていません。
やはり史実を捻じ曲げるのはいただけない。
大河ドラマを見てそれが史実だと思い込む人が多いのですから、製作陣はその辺は責任重大ですし、歴史を捻じ曲げてしまったら訂正して謝るべき。

フィクションは空白部分でやってください。
(時代考証ではあるけれど)歴史学者の小和田哲男さんがついているのだから、その辺はしっかりしてください。

ちなみに田中城は遠江ではなく駿河ですからね。
(劇中ではちゃんと駿河と言われていたような気がします)

第45回は「魔王のいけにえ」。
というわけでついに信康事件が幕を開けるわけですが、今回の止むに止まれぬ展開というのは遣る瀬無いものではありますが、ドラマとしては無難でよかったと思います。
家康は信康を憎んでいなかったけど、信長の徳川家削減のための命令で仕方なく信康を切腹させた、というのは新しい説でも何でもないのですが、下手に陳腐な創作されるならこのように通説をしっかり踏んでもらったほうが面白い。

しかし残念だったのが、家康の母於大の方(栗原小巻)が鬼母のように描かれてしまったこと。
松平家から離縁され、久松家に嫁いだあとも自分の血を薄めて写経し、家康(当時の竹千代)の無事を祈ったという逸話も伝わる人で、仏のような人というイメージがあったので残念です。
(劇中では演技の裏側に遣る瀬無い思いがにじんでいたとは思いますが)

もうひとつ残念だったのが、於義丸(のちの結城秀康)の存在がなかったことにされていること。
気賀の中村与太夫(=中村正吉。本田博太郎)を描いておきながら、於義丸を出さないのはちょっと意味がわからない。
見ている方としては気賀の中村が出てきたのだから当然於義丸のエピソードも描かれるのかと思ったので肩透かしだった。

というわけで、いろいろ不満はありますが前よりはよっぽど面白くなってきました。
あと5回で終わりなので感想がんばります 笑

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・本多 弥八郎 藤原 正信
・武田 大膳大夫(字は四郎) 源 朝臣 勝頼
・徳川 三河守(字は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・近藤 石見守(字は平右衛門) 藤原 朝臣 康用(信用)
・酒井 小五郎 源 家次
・中野 越後守(字不明) 藤原 朝臣 直之
・奥山 六左衛門 (氏不明) 朝忠
・織田 参議(字は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・徳川(松平) 次郎三郎 源 信康
・大久保 新十郎(七郎右衛門、官職なし) 藤原 忠世
・結城(羽柴、松平) 三河守(字なし) 藤原(豊臣、源) 朝臣 秀康
・中村 (官職・字不明) (氏不明) 正吉


※画像は内容とは関係ありません。



参考
第41回
昼寝の時間
ドラマ@見とり八段
莓ワールド!
第42回
ドラマ@見とり八段
みはいる・BのB
坂の上のサインボード
第43回
莓ワールド!
昼寝の時間
みはいる・BのB
第44回
昼寝の時間
莓ワールド!
ドラマ@見とり八段
第45回
ドラマ@見とり八段
真田のよもやま話
みはいる・BのB


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「洗濯機を買った」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回)
『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回)
『おんな城主直虎』、結局また面白くなくなった(第31~35回)
芸能ニュースはいらないと僕は1年前に書いた
『おんな城主直虎』第26~30回、龍雲丸は嫌だが徐々に面白くなってきたか?
『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21~25回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回) (2018-04-17 19:00)
 『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回) (2018-03-12 19:00)
 『おんな城主直虎』、結局また面白くなくなった(第31~35回) (2018-02-24 19:00)
 芸能ニュースはいらないと僕は1年前に書いた (2018-02-04 19:00)
 『おんな城主直虎』第26~30回、龍雲丸は嫌だが徐々に面白くなってきたか? (2018-01-23 19:00)
 『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21~25回) (2017-12-30 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。