さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年08月30日

森田悌『受領』



皆様、ご無沙汰しておりました。
8月に入って妙にあわただしく、なかなか時間がとれずに、いつの間にか季節の変わり目に突入してしまいました><

そうこうしているうちにこのブログのアクセス数も落ちてきて、ちょっとあせってます(笑

というわけで、今回は教育社歴史新書の10、森田悌氏著の『受領』についてです。

まぁ、受領というのは平安時代中期頃に富を蓄えた国司たちのことですが、実は僕は、この辺の動向もだいぶ好きです。

平安時代という時代は、公家の中でも身分制、世襲制が確立してしまった時代で、貴族に生まれたとしても公卿(五位以上の公家※→訂正2)の家柄でない下級貴族は、ある程度で出世がストップしてしまうという時代でした。

なのでどんなにがんばっても一定以上に出世できない下級貴族の間では不満がたまっていたのですが、10世紀ごろになって、律令政治が腐敗。

地方にまで政府の目が行き届かなくなり、下級貴族出身の一部の国司が租(米税)を中央に送らずに(※→訂正)、ちょろまかし始めました(それでも、摂関家などの有力な公卿にはまじめに租を送っていたようですが、その他の権力のない公卿はないがしろにされた)。

それで富を蓄積した受領たちが力をつけて、荘園制(→土地私有制)などのからみもあって、壊れかけの律令制度(→土地国有制)をさらにぶっ壊していくわけですが、その権力の移り変わりがとても面白い。

その様子について詳しく書いた本です。

例のごとく、興味のない人にはまったく面白みのない話ですが(笑

僕がこういう時代が好きだというのは、要するに、パワーバランスの移り変わりを(ハタから)見るのが好きだということなんだと思います(笑

政治体制の崩壊というのは、それまでなんとなく詭弁で民衆を支配していたのに、その民衆がいつの間にか知恵をつけ、詭弁が使えなくなり、言うことを聞かなくなるのも一因かと。
(それでも、次代を担う為政者たちが無能だと(or私利私欲に走っているとw)、受領たちのようにすぐに没落してしまうのですがw)

でもこの辺の話は難しいので、これ以上深入りするのはいやです(笑

参考
受領 (教育社歴史新書 日本史 10)

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「横浜中華街」について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材









//
7/21 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

5/31 個人ホームページ休止(大幅改装予定)

1/10 クロックエンド ブログ兼BBS休止→コチラ

1/10 クロックエンド携帯用簡易版サイト休止→コチラ

1/10 クロックエンド ホームページ休止→コチラ

ボーカル、バンドスタッフ募集!!
詳しくはこちら

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)
 井上辰雄『熊襲と隼人』 (2009-06-09 12:41)
 庄司浩『辺境の争乱』 (2009-05-19 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 02:53│Comments(2)
この記事へのコメント
訂正
「租」は地方財源なので、受領たちは租を国府に納めずに自分の懐に入れた、ということになりますね><
Posted by 長十郎 at 2009年08月30日 14:45
訂正2
公卿は五位以上ではなく、三位以上の参議以外の公家でした。

上級国司には五位のものもあります。
参考(官位相当表)
http://www.page.sannet.ne.jp/gutoku2/kanitihou.html
Posted by 長十郎 at 2009年10月16日 12:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。