さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2019年03月11日

『かぐや姫の物語』

竹林
photo by フリー素材屋Hoshino


皆さんこんばんは。
今回はスタジオジブリが2013年に公開した映画『かぐや姫の物語』について書きます。

まずはあらすじ。
昔、竹を取って生計を立てている翁がいた。翁はある日光る竹の中から姫を発見し彼女を持ち帰ったところ、姫は赤ちゃんの姿に変わり、人間と同じようにすくすくと育っていった。そのうち翁は竹林からは黄金や高価な衣を授かるようになり、それを元手に一家で都に移り住むようになる。やがて姫は美しく成長し、高貴な人々から求婚を受けるようになる。姫は彼らに無理難題を押し付けて追い返そうとするが、それを本気でなそうとした人物の中から死者が出てしまう。それらのことで悲しんだ姫は、もうここにいたくないという願望を抱いてしまう。それにより、月から使者が来ることになり、姫は泣く泣く月へと帰っていくのであった。

ということで、要するにストーリーは単に『竹取物語』ですね。


僕は特別ジブリのファンというわけでもないのでジブリ作品はわざわざ映画館には見に行きませんし、基本的にレンタルもしませんが、今回は何年か前にテレビで公開されたので録画して見ました。

特に見たいと思っていた映画ではなかったのですが、すばらしかったです。

水墨画的な絵のタッチもすばらしいですし、情景や唄なども日本の情緒をよく表していて感動しました。

残念ながら「また放映するだろう」ということでDVDに保存はしなかったのですが、消す直前まで保存するか迷ったレベルの作品です。

あとは、下記ブログの方もおっしゃっていますし上にも書いているように、ストーリーがほぼ『竹取物語』そのままなのが尚よかったです。

1000年以上も語り継がれている物語ですから、妙に脚色しなくていいんですよ。
面白くなくなりますから。
そのままがいちばん面白いんです。

そんなベストな決断をした高畑勲監督には脱帽ですね!
いやぁ、すばらしかった!

※写真はイメージです。



参考
alfa75 blog
医療法人社団おおぞら会
まうとくるみと銀太。

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「合戦における戦術について⑨七尾城の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP(特大・プリン・プリーズ) Part 1/nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(映画)の記事画像
プレステージ
パフューム ある人殺しの物語
同じカテゴリー(映画)の記事
 グッバイ、レーニン! (2016-02-07 12:37)
 オリバー・ツイスト (2009-12-10 16:20)
 ドリームガールズ (2009-09-22 01:04)
 レイ (2009-08-06 13:11)
 赤ちゃんの逆襲 (2009-06-29 22:50)
 クローバーフィールド (2009-06-03 22:11)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。