さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2008年08月31日

村山孚『孫子・呉子』



こんばんは。
今回は村山孚氏の訳と解釈による徳間書店の「中国の思想」シリーズ第10巻の『孫子・呉子』についてです。

僕が『孫子』という書物の存在を知ったのは確か10歳くらいのとき(笑

ジョジョの奇妙な冒険』という漫画中で主人公が(ジョセフ・ジョースターですが)、「兵は詭道なり」とかその辺の言葉を引用していたことで知りました。

そのときはさすがに『孫子』自体は読まなかったのですが、ジョセフ・ジョースターにはあこがれ続け、『孫子』の存在はずっと気になっていました。

その後実際『孫子』(正確にいうと『孫子』の日本語解説書)を読んだのは高校性のときで、図書館から借りて読みました。

そして大学生になってから別の解説書を買って読み、さらに最近この村山孚さんの訳本を買いました。

でも、本当は『孫子』が読みたかったんじゃなくて、『呉子』が読みたくて買ったんですよ。

上に書いたように『孫子』は穴の空くほど読んでいて、別に格別必要ではなかったので。
ただ、村山孚さんなりの解説があって面白かったし、『孫子』や『呉子』の他にも、いわゆる「武経七書」といわれる『尉繚子(うつりょうし)』、『六韜(りくとう)』、『三略』、『司馬法』、『李衛公門対』や『孫臏兵法(そんぴんへいほう)』も収録されていて、かなりお得でした。

孫子』に関しては、現代ビジネス社会に合わせたキャッチーな解説書がたくさん出ていて、かなりとっつきやすいと思うんですが、あんまり僕はそういうのは読みたいとは思わないんですよね(笑

結局、そういうキャッチーなものにつられてしまうという行為が、逆に『孫子』にのっとって敵に誘い出されているような気がするので(笑

まぁ、人の行為にはそれぞれ意図があり、不可解な行動には必ず隠された目的が存在する。しかも、自分自身が必ずしも自分自身の意志で動いているとは限らない、ということでしょうか。僕自身も含めて。

さらに、『孫子』を読んでいたとされるナポレオンは最終的には敗退し、毛沢東もいつでも順風満帆であったわけではないという史実は、とても重要だと思う。

参考
孫子・呉子 (中国の思想)

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「アーティスト支援(10)」。










//
8/29 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

8/29 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

音楽配信システムペルシカ

CANDY MONDAY、ライブ決定!!
2008年9月14日(日)西荻窪Terra
時間:Open 18:00 Start 19:30
演奏時間:19:30~
チャージ:2000円 ドリンク代:別途
チケット等、下記までご連絡を!!

8/28 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

8/18 クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

7/23 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

バンド・アーティストのマネージメントやります。詳しくは下記メールにて。

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
司馬遼太郎『関ヶ原』下
司馬遼太郎『関ヶ原』中
子どものころ読んでいた本
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 司馬遼太郎『関ヶ原』下 (2019-08-22 22:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』中 (2019-06-03 22:00)
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 21:53│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。