さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年07月11日

歩行者のマナーが悪すぎやしないか?(1)

伊勢湾

皆さんこんばんは。
今回ははてな匿名ダイアリーの「ちんたら前を歩いてる奴がまじで嫌い 」という記事を読んで思ったこと。というか、日ごろから思っていること。

それは、(地域にもよりますが)歩行者のマナーが概して悪すぎるということ。
僕は「昔の日本人はよかった」という論法が嫌いなのでそういう言い方をするわけではありません。
昔(特に昭和)と比べればよっぽどマナーは向上していると思います。

ですが、「世界に誇れるほどマナーのいい日本人」を気取っている割りには何も考えないで歩いている人が多すぎる気がします。
悪いけど、まったく世界に誇れるレベルではない。

そもそも、歩行マナーって大体が自分の身を守る術だったりするわけですよ。

まずは上記記事に書かれている「揺れながら歩く」という行為について。
コメント欄には年を取るとふらつくようになる、と書かれていて、それはしょうがないとは思うのですが、自分の衰えは自覚してほしいです。
ふらつくようになり、注意力も衰え、視力も聴力も弱まっているのなら、もっと周りに注意して歩くべき。

それでも老人は仕方がないとしておきましょう。
若くてもいるんですよ。ふらふら歩いている人が。

車の運転をしている人はわかると思いますが、横と後方確認をしないで進路変更とかありえませんよね?
前に歩道の左側が歩いている人がいるから右側から追い越そうと思ったら、僕がちょうど追い越すタイミングで右側によれてきて、ぶつかりそうになりました。ぶつかったら痛いのは自分なんだから、注意してほしいものです。

そして、いちばん気になるのが信号無視。
「車がいなかったら赤信号でも渡ってよい」って勘違いしてません?
(僕自身は赤信号は渡ってはいけないのはもちろんわかっていましたが、車がいなければ別に渡ってもいいや、と思っていました)
悪いですが、赤信号無視は犯罪ですよ。

それに、自己判断で渡っても事故がそんなに起こらないだろう、という道路にはそもそも信号がついていません。
信号がついている道路は大体過去に事故が起こっているようです。

自分の認識力とか注意力を過信してません?
人間ってバカなんですよ(僕も含めて)。

自分で安全だと思っていても、意外と車や自転車、子どもなどが見えていない、聞こえていないことがあるんです。
赤信号で車が来ていないと思っていても、認識できていないことはありえますし、車が遠いからまだ大丈夫だろうと思って渡ってるときって、大体車の方が減速してくれています(轢きたくないからね)。

さらに、僕の姉が言っていたことですが、「もし自分が赤信号を無視しているのを見ていた子どもがマネして、轢かれたらどうする?」ってこと。
恐ろしいですよね?

という訳で、信号無視は金輪際やめてください。
自分の身も危険ですし、マネする子どもの身も危険にさらされます。
そして、自分が轢かれていちばん割りを食うのは轢いたドライバーです。

自分の不注意せいで、ドライバーは一生加害者です。

人間の認識力はかなり不正確です。人間はバカなんです。
過信するのはやめましょう。
自分の身の安全は自分で守りましょう。

参考
自転車のマナーについて
壮快
歩行者のマナーについて
道路・運転マナーについて語るブログ
運転マナーについて
私の好きなもの。

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『真田丸』第46回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品




follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
電車で席を譲るの譲らないの
ブログ開設12周年!
記事「地方が何で退屈かわかった」について
記事「なぜ日本のおじさんは怒ると『責任者を呼べ!』と騒ぐのか」について
「若さ信仰」はみっともない
2062年から来た未来人について
同じカテゴリー(ネット)の記事
 電車で席を譲るの譲らないの (2017-06-25 20:00)
 ブログ開設12周年! (2017-05-20 21:00)
 記事「地方が何で退屈かわかった」について (2017-05-16 21:00)
 記事「なぜ日本のおじさんは怒ると『責任者を呼べ!』と騒ぐのか」について (2017-03-29 21:00)
 「若さ信仰」はみっともない (2017-03-25 21:00)
 2062年から来た未来人について (2017-03-09 21:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。