さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年07月31日

『真田丸』は方向性が定まらない(第25回)



皆さん、こんばんは。

今回は大人気大河ドラマ『真田丸』の第25回「別離」の感想です。

前回で小田原北条攻めが終わり、今回は、千利休(桂文枝)が死に、豊臣秀長(千葉哲也:思えば20年前の『秀吉』では、今回北条氏政を演じた高嶋政伸氏が秀長を演じていました)が死に、秀吉の第二子(長子に羽柴秀勝がいる)鶴松丸が死に、秀吉が落ち込む、という話でした。

面白くなくはなかったのですが、千利休や秀長の死の描き方がさらっとしすぎていた気がします。
(豊臣家の話ではないから仕方ないのかな)

千利休は、今までの別の作品(山岡荘八『徳川家康』原哲夫『花の慶次』)ではだいぶアツく活躍していた人物なので、今回の小物感にびっくり。
(もしかしたら、現実に近いのかも知れませんが。誰にも分かりませんが)

そして、秀長の活躍っぷりや、秀長の死を経た秀吉の動揺が鶴松の死の陰に隠れてしまってあまり描かれなかったのも残念かな、と思います。

そして、利休の死に茶々が絡んでいる、という無理やりな感じ…笑

三谷氏の脚本、「奇をてらう」「オリジナリティを出す」ということに重点を置きすぎて、何度も言っていますがいろいろ軽薄になったり、描き方が弱かったりという感じがします。

大河ドラマも「何がしたいのか」が明確ではないのかも知れませんね。
NHKならではの、お金をかけた時代劇がやりたいのか、できるだけ史実に基づいた歴史劇がやりたいのか、「歴史」を題材にしたトレンディドラマをやりたいのか。

僕は「歴史劇」だと思っていましたが、今のままでは何がやりたいのかよく分かりません 笑
民放や他のNHKドラマとは違う「これが大河ドラマだ」という路線をはっきり打ち立てて、何とか文句のない面白さを復活させてほしいです。

参考
いろいろなブログを読みましたが、ポジティブな感想ばかりで、ちょっと残念
雑記帳
渡る世間は愚痴ばかり
アクタの芥

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「東京にも『村社会』はある」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品




follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
水曜どうでしょう/DVD第2弾
水曜どうでしょう(12)
水曜どうでしょう(11)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『真田丸』、木村重成推し(第44回) (2017-06-13 20:00)
 『真田丸』、木村重成に注目すべし!(第43回) (2017-05-28 20:00)
 『真田丸』、織田有楽斎がいい!(第42回) (2017-05-04 21:00)
 『真田丸』、幸村が信繁なら勝永は吉政では?(第41回) (2017-04-18 21:00)
 『真田丸』、今回は悪くない(第40回) (2017-04-06 21:00)
 『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回) (2017-03-17 21:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:07│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。