さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年07月06日

「クイズでチェック!日本語の誤用19」が面白い!

上越

皆さん、こんばんは。
今回は、ネット徘徊中に気になった「クイズでチェック!日本語の誤用19[言い方の間違い編]」についてご紹介します。

日本語の誤用についてはついこの間にも取り上げた(「『実は間違って使っていた日本語ランキング』が面白い!」ので、またか、という感じですが 笑

人の誤用も気になるし、自分も間違って使っていたことも発覚することもあるので面白いですよね。

取り上げられている例は、



Q1 自責の念にさい悩まされた。

Q2 興奮さめやまぬコンサート会場。

Q3 まがいなりにも独り立ちできた。

Q4 負けずとも劣らない腕前。

Q5 不測の事態を予想して対策を練る。

Q6 いやがおうにも盛り上がる。

Q7 ご指摘いただいた件、上司にお伝えします。

Q8 屈託のないご意見をお聞かせください。

Q9 社長のお目にかない昇進した。

Q10 これより社歌を唱和いたします。

Q11 これから父のところに伺います。

Q12 懇親会にはご出席されますか。

Q13 添付書類をご拝読ください。

Q14 その件は存じ上げません。

Q15 責任は負いかねません。

Q16 お連れ様がお待ちしています。

Q17 書かさせていただきます。

Q18 お体をご自愛ください。

Q19 よろしくご教授ください。


という内容でした(詳しい解説は上記リンクをご覧ください)。

今回は、ほとんど分かりました!笑
しかし、間違いの箇所は分かったものの、正しい言い方が分からないものがちらほら。

そして、上記内容にはありませんが、僕が気になっている日本語の誤用は
「檄を飛ばす」です(下記リンクにも載っています)。
一時期、誤用の代表例として話題になりましたが、いまだに「喝を入れるという」という意味で多く使われていますね。

部首だけで100パーセント意味を類推することはできませんが、「檄」の字は「きへん」ですよね。
ですから、「木」に関係していること…ということで、「檄」とは「(同意を求めたり、呼びかけをする)木の札(立て札など)」のこと。
「檄を飛ばす」とは木の札で意思表明をして、同意を求めることです。

そこから転じて、「(決起などの)同意を求める、または、呼びかけること」という意味になっています。
(ちょうど、源平合戦の平氏追討の令旨などがこれに当たりますね)

他にもいろいろありますが、こうやってチェックしてみると知らないことってとても多いですね。
日本語には敏感に、繊細になっていきたいものです!

※写真は記事とは関係ありません。

参考
言葉の意味の誤用ブログ
たるたる日記 - たっむのブログ
あれこれ情報カフェ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「北海道の距離感―本州人との認識の違い」について。

//
今期イチオシ自作曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(ネット)の記事画像
プライベートを犠牲にしてまで働く必要はない
ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない
高齢者に運転をやめてもらうよう説得する余裕などない
ブログ開設13周年!
元号はなくさないでほしいなぁ
仕事の質を守るためにはできない仕事は「できない」と伝えるべき
同じカテゴリー(ネット)の記事
 プライベートを犠牲にしてまで働く必要はない (2018-07-22 19:00)
 ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない (2018-07-06 19:00)
 高齢者に運転をやめてもらうよう説得する余裕などない (2018-06-20 19:00)
 ブログ開設13周年! (2018-05-23 19:00)
 元号はなくさないでほしいなぁ (2018-05-15 19:00)
 仕事の質を守るためにはできない仕事は「できない」と伝えるべき (2018-05-07 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:05│Comments(0)ネット
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。