さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年02月07日

グッバイ、レーニン!



皆さんこんにちは。
関東では雪が降るとか言われていましたが、結局降りませんでした。
今年はなんだかんだ言って関東も雪が少ない。

というわけで、2003年のドイツ映画『グッバイ、レーニン!』についてです。

細かいあらすじはこちらWikipediaで確認していただければいいかな、と思いますが、旧東ドイツが舞台で、東西統合に揺れたある家庭を描いた話です。

外国映画といえばハリウッド映画に慣らされた(いつの時代からだろうか?)僕たち日本人にとっては、非ハリウッド映画というのは地味な印象の作品が多いと思うが、名作もかなりある。

これもそのひとつで、当時の東ドイツの一般民衆の様子を描いた、という意味ではすごく勉強になった。
他の方も言われているが、僕ら日本人にとっては社会主義は失敗した政治思想というイメージが強く(成功している国も実はあるのだが)、旧東ドイツなんかは東西統一できてよかった、みたいな軽い、他人事の感想しかないのだが、この映画を見て、その感想が少し変わった。

東西統一に反対だった人、社会主義の理想に燃えていた人もいたのだな、ということ。

しかし、旧東ドイツの体制で少し「気持ち悪い」と思う部分もあった。国の思想コントロールがあり、それに沿った行動や啓蒙活動をした人が表彰されるという仕組み。これは政治ではなく宗教ではないか?

旧東ドイツのようにわかりやすくはないが、わが日本でも商業的に思想をコントロールされている嫌いはあるのではないか、とも考えさせられる。

登場人物同士の心理的描写ももちろん面白かった。
映画としての細かい手法については、まだ具に見たわけではないのでなんともいえない。もっと詳しく見る機会があり、さらに気が向いたら書きます!

参考
映画の感想を綴るブログ
e―徒然草
★☆ひらりん的映画ブログ☆★

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「真田丸」。

//
今期イチオシ曲!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(映画)の記事画像
プレステージ
パフューム ある人殺しの物語
同じカテゴリー(映画)の記事
 オリバー・ツイスト (2009-12-10 16:20)
 ドリームガールズ (2009-09-22 01:04)
 レイ (2009-08-06 13:11)
 赤ちゃんの逆襲 (2009-06-29 22:50)
 クローバーフィールド (2009-06-03 22:11)
 エリザベスⅠ世(後編) (2009-03-22 23:59)

Posted by Sosuke Washiya at 12:37│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。