さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年07月31日

乙一『The Book』



みなさん、こんにちわ。

今回は、作家・乙一氏が、漫画家・荒木飛呂彦の名作『ジョジョの奇妙な冒険』の「第4部(ダイアモンドは砕けない)」をモチーフに小説化した作品『The Book jojo's bizarre adventure 4th another day』についての感想です。

これまで『ジョジョ』は二回ほど小説化していますが、そのどれも面白かったんですよね。すごく楽しめました。
だから、今回のものは前評判もよかったし、乙一氏は人気のある作家だし、僕は『ジョジョ』ファンだし、当然のごとく買いました。

読んでみて衝撃を受けましたね。
その装丁の豪華さとか、本を開けたら絵が飛び出したりする仕組みもさることながら、その内容が面白かった。

ジョジョ

乙一氏は子供の頃からの『ジョジョ』ファンということですが、今回の本の内容は『ジョジョ』本編の“クセ”を消化しきっている感じでよかった。
荒木飛呂彦の描くセリフ回し、ストーリーの変態性、登場人物の奇天烈な性癖やバックグラウンド。荒唐無稽なことを描いているのにもかかわらず、妙な“リアリティ”で納得してしまうところもそっくり。
(この「妙な“リアリティ”」が、「荒木氏は岸辺露伴のようにスタンドを使えるんじゃないか」とか、「波紋を使えるんじゃないか」といわれる所以wほんとにインクを飛ばして漫画書いてそうだし)

だけど、『ジョジョ』をただ小説化しただけではなく、この作品は一個の作品としてしっかり独立している気がするんですよね。原作の設定を細部にわたり飲み込み、消化して、その上でまったく新しい作品を書いたような感じ。

だからカテゴリとしては「漫画・アニメ」の方ではなく、「本」の方に入れました。

ジョジョ』ファンでなかったり、乙一ファンでないと、楽しめないかも。僕は乙一氏のほかの本はまったく読んだことがありませんが、この作品でちょっと興味を持ちました。

上のどちらかのファンの方にはお勧めです!
両方のファンでなくても、チャレンジしてみたら面白いかもしれませんねw



参考
The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day
モナミ
我田引穂blog
個人的読書雑感

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「PLUTO 4巻」について。

毎週金曜日はポイント最大3倍!さらに4倍のチャンスも!

CD/DVD 買うならタワーレコード

//
7/31 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

7/31 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYのひみつ~we'll not lose in 'kakusa-shakai'~

7/23 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

7/21 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

バンド・アーティストのマネージメントやります。詳しくは下記メールにて。

7/9 クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

CANDY MONDAY、ライブ決定!!
2008年8月3日(日)池袋ADM
時間:Open 未定 Start 未定
演奏時間:未定
チャージ:未定 ドリンク代:500円~
チケット等、下記までご連絡を!!

クロックエンド、ライブ決定!!
2008年8月30日(土)渋谷GIG-ANTIC
時間:Open 13:30 Start 13:40
演奏時間:15:55~
チャージ:未定 ドリンク代:500円
チケット等、下記までご連絡を!!

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)
 井上辰雄『熊襲と隼人』 (2009-06-09 12:41)

Posted by Sosuke Washiya at 15:49│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。