さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年02月20日

子どものころ読んでいた本

十五少年漂流記


皆さんこんばんは。
今回は記事「小学生の頃にどんな本を読んでいたか」に触発されて、自分が子どものころ読んでいた本について書こうと思います。

ブログ上ではあんまり自分の話は書かないようにしているのですが(多分、読んでも面白くないだろうと思って)、たまにはこういう平和的な内容もいいかなと思いまして 笑

あとは、子どものころに読んだ本によってだいぶ年代がわかるというトラップも面白いですね 笑

ちなみに、僕は今でこそ毎晩本を読んでいますが、小学校4年生くらいまでは本を読むのが大嫌いでした。


読書感想文のときもある程度読み進めれば読めるのですが、最初の読み始めが苦痛でしょうがなくて、宿題という義務だったからこそ我慢して読んでいました。
(今でも初めての本の読み始めは大体面白くありませんが、そのあと面白くなる可能性があることがわかっているので読み進めることができています)

そんな中、小学校2年生くらいのときに読んだのが『エルマーのぼうけん』です。

読書が好きな母はきっと、僕が無理なく読書ができるように小学生男子が好みそうな冒険物を選んで与えてくれたのでしょうね。

しかし、『エルマーのぼうけん』は子ども心になんとなく陳腐な気がしてあまり面白かった記憶がありません。
内容もほとんど覚えていません。
(与えてくれた母に申し訳ないのですが)

次に覚えているのは「ナルニア国」シリーズの『ライオンと魔女』。
これも最初は苦痛でしたが、結局わりと楽しく読めましたし、内容も大体覚えています。
最初は「衣装ダンス」がなにかの「ダンス(踊り)」だと思ってました 笑

しかし、結局シリーズを通して読むことができず、何度かチャレンジしたにもかかわらず、大体『カスピアン王子のつのぶえ』で挫折していました。

次は4年生くらいのときに読んだ『十五少年漂流記』。
上記「ナルニア国」は図書館で借りて読んでいましたが、これは現物をもっていました。
(それが上掲の写真です)

これも楽しく読むことができました。
初めてすっきり楽しく読めた本かもしれません。

そして、本好きに目覚めた作品が「怪盗ルパン」シリーズ。
これは「ルパン三世」の影響もあって「ルパン」の名前になじみがあったことと、当時は小学5年生になっていて、物語を楽しめるなりの知識やら思考力の土壌があったこと、さらに友だちもはまっていて、競って読んでいたことなどが理由でシリーズを読破することができました。

夏祭りのバザーで買ったり、図書館で借りたりして、ノートに自作のリストを作ってチェックしていました。
この視覚的な達成感も、読破できた要因かもしれません。

すべて読み終えたころにはもう6年生になっていた気がします。

今では僕は(自覚はないのですが)だいぶ変人に仕上がってしまったようですが、子供のころ読んだ本は割りと普通ですね 笑

「ルパンシリーズ」で読書の習慣が身に着いて、このあとは家にある本や母が勧める本を片っ端から読むようになりました。

中学生になってから読んだ本はどんどん「クセがすご」くなってきますが、今回は小学生のころ読んだ本にテーマを絞りたいので、また後日書こうと思います。

子どもというのは何がきっかけで変わるかわかりませんね 笑
ちなみに今は山岡荘八の『徳川家康』を呼んでいます。全26巻、5年越しの3周目です 笑



参考
センス・オブ・ワンダー(sense of wonder)
子供を塾なしで難関大学を目指す<小学生編>
教えて!ごとう先生


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『おんな城主直虎』第31~35回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
乙一『The Book』
澤田秀雄『思う、動く、叶う! 限界を突破するエネルギー』
同じカテゴリー()の記事
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)
 夏目漱石『文学評論』 (2009-12-10 23:17)
 中川収『奈良朝政争史』 (2009-10-11 20:00)
 森田悌『受領』 (2009-08-30 02:53)
 川副武胤『古事記の世界』 (2009-07-15 09:22)
 井上辰雄『熊襲と隼人』 (2009-06-09 12:41)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。