さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年01月23日

『おんな城主直虎』第26~30回、龍雲丸は嫌だが徐々に面白くなってきたか?

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は昨年のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』第26~30回についての感想です。

まずはあらすじです。

龍雲丸(柳楽優弥)らが材木を取り戻すことによって今川氏真(尾上松也)からの疑惑を解いた井伊直虎(柴崎コウ)。事なきを得たかに思えたが、今度は今川はその材木を使って龍雲丸たちが拠点とする商人の町気賀に城を建てるという。それに憤慨した龍雲丸らは妨害工作を繰り広げるが、直虎の家臣で商人である瀬戸方久(ムロツヨシ)が一計を考えだす。

方久が考えたのは、気賀を井伊家で治めること。それを今川家に納得してもらうため、方久は関口氏経(矢島健一)の懐柔に乗り出す。また、今川家から気賀城主にと決められていた大沢基胤(嶋田久作)の説得にも成功した。龍雲丸は、井伊家が気賀を治めるなら、と城の縄張りを考え始めるが、一方で、甲斐の武田家では今川びいきであった信玄(松平健)の嫡男義信(オレノグラフィティ)が自害したことで、武田家の今川家攻めが現実のものとなり始めていた。

それと前後して、氏真の祖母寿桂尼(浅丘ルリ子)は武田信玄を訪ね、孫娘である義信の室を今川に返すよう直談判。さらに寿桂尼は北条にも手をまわしていた。一方、直虎は気賀を方久に任せ、見舞いのために駿府に寿桂尼を訪れていた。そこでお互いの家を思う気持ちを確認しつつも、直虎退室後、寿桂尼は井伊家滅亡を決心するのであった。

その頃井伊谷では迫りくる武田の恐怖を前に、徳川家康(阿部サダヲ)につくことを画策していた。しかし徳川家からは人質として虎松(寺田心)の母しの(貫地谷しほり)を徳川方の松下清景に嫁がせることを提案し、直虎としのはその提案に従った。

今にも武田に戦を仕掛けられそうな今川では、寿桂尼の遺した「死の帳面」にしたがって、井伊家の取り潰しを画策していた。それに協力せざるを得ない瀬戸方久。それに感づいた小野政次(高橋一生)。今川からの使者として関口氏経が井伊谷に来て、徳政令の執行を命じた。


まずは第26回「誰がために城はある」についてですが、龍雲丸の言っていることがまるで子どもの理屈でどうしようもないですね。全然面白くない。瀬戸方久の名案がなければ見るのをやめているところでした 笑

あと、井伊谷の百姓の方言を頑張っているわりに龍雲丸らが「~じゃねぇ」的な言葉を使っているのが気に入りませんね。
「ない」が「ねぇ」に変化するように「アイ」音が「エー」音に変わるのは東日本、東北北海道方言で、おそらく井伊の辺りにはない方言です。

第27回は「気賀を我が手に」です。
井伊家の気賀を治める云々のエピソードは、まぁ歴史の空白部分でよく考えたなとは思いました。面白くなくはなかったです(方久が気賀を治めたという説が実際にありますが、真偽は不明です)。
そして、武田義信の自害でだんだん政治的な色が濃くなってきて楽しみなのですが、いかんせん龍雲丸が絡むと面白くない。陳腐。中身がない。
何度もいっていますが、どうせフィクションを盛り込むならもうちょっと推敲しきった内容にしてほしい。
つまらない。

第28回の「死の帳面」についてはだいぶ政治色が濃くなってきていて僕好みになってきました 笑
寿桂尼の政治家っぷりはたまらないですね。
「家を守るためには手を汚さねばならぬときもある」という言葉の裏に隠された苦悩が僕は好きです 笑

第29回は「女たちの挽歌」ですね。
武田家と今川家の決裂が決定的なものとなり、その荒波の中でもがく井伊家の姿がいいですね。
まだ素直に「面白い」とはいえませんが、徐々に面白くなってきています。
そして、山県昌景(山本龍二)のいやらしさがたまらなくよかったです 笑

しかし、しのが突然聞き分けがよくなったのが意味不明でしたね。
人間があんなに急に変わるはずがない。不自然だ(5年も経っているそうですが、不自然なものは不自然だ)。
それと、やはり寺田心氏がいや。あざとい。

さらに、直虎の「戦を避ける」という方針は次代の直政の代で見事に打ち砕かれるのだが、ドラマ的に大丈夫なのか?
直政は「井伊の赤鬼」といわれ恐れられたくらいだし、徳川家の戦にはほとんど出ているのに。

ちなみに、しのが再嫁した松下清景は、かつて羽柴秀吉が仕えたといわれる松下之綱の親戚です。

第30回は「潰されざるもの」。
展開が切迫してきていいですね。
ただ、政次が、方久が今川家のたくらみを知っているのでは?と推測していたのがちょっと不自然に感じた。
エスパーか?なんかヒントがあったのかもしれない。

しかし、やはり展開が政治的で切迫してきた面白くなってきました。
次回からが楽しみです!

今回登場した人物のフルネーム
・今川 治部大輔(字は彦五郎) 源 朝臣 氏真
・瀬戸(松井) 四郎右衛門 (氏不明) 方久(実名不明)
・関口 越中守(または越後守。字不明) 源 朝臣 氏経
・大沢 左衛門佐(字不明) (氏不明) 朝臣 基胤
・武田 大膳大夫(字は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・武田 太郎 源 義信
・徳川 三河守(字は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・松下 豊前守(字は源太郎、源左衛門) 源 朝臣 清景
・山県 三郎兵衛尉(または源四郎) 源 昌景
・井伊 兵部少輔(字不明) 藤原 朝臣 直政
・松下 石見守(字は加兵衛) 源 朝臣 之綱

※写真はイメージです。




参考
第26回
真田のよもやま話
昼寝の時間
雑記帳
第27回
昼寝の時間
やまもも書斎記
雑記帳
第28回
昼寝の時間
やまもも書斎記
莓ワールド!
第29回
雑記帳
やまもも書斎記
ドラマ@見とり八段
第30回
雑記帳
やまもも書斎記
渡る世間は愚痴ばかり

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「排水溝ネットを買った」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回)
『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)
『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回)
『おんな城主直虎』、結局また面白くなくなった(第31~35回)
芸能ニュースはいらないと僕は1年前に書いた
『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21~25回)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回) (2018-04-17 19:00)
 『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回) (2018-04-01 19:00)
 『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回) (2018-03-12 19:00)
 『おんな城主直虎』、結局また面白くなくなった(第31~35回) (2018-02-24 19:00)
 芸能ニュースはいらないと僕は1年前に書いた (2018-02-04 19:00)
 『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21~25回) (2017-12-30 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。