さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年11月28日

『おんな城主直虎』、やっぱりしのと虎松が嫌だ(第16~20回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第16~20回についての感想です。

まずはあらすじ

井伊家の財政建て直しのために綿花栽培を進言する瀬戸方久(ムロツヨシ)。直虎(柴崎コウ)はその案を入れるが、井伊領内でそれをやるには人が足りない。そこで直虎しぶしぶ小野政次(高橋一生)の案を受け入れることで、領内に人を集めることに成功する。

綿花栽培に成功する一方、中野直之(矢本悠馬)が直虎の下へ種子島(火縄銃)を持ち込む。それに驚愕した直虎は井平の鍛冶に生産を命じる。また、龍潭寺で手習いを始めた直親(三浦春馬)の遺児虎松(寺田心)だが、政次の甥亥之助(荒井雄斗)との五目並べに勝てず苦戦していた。

種子島生産の件が今川家の耳に入れば謀反の疑いがかけられるという政次。それを理由に直虎に井伊家の後見を代われというが、瀬戸方久は先回りして今川氏真(尾上松也)に種子島を献上。駿府で生産させてほしいと申し出て、事なきを得た。

そんな中、隣を領する近藤康用(橋本じゅん)より、領内の材木を勝手に切られたという苦情が入る。井伊家領の材木も切られていたため、犯人探しに乗り出す直虎一行だったが、捕まったのは以前直虎に助言を与えた旅の男(柳楽優弥)。彼を処刑したくない直虎だが、直之や政次は処刑すべきと主張する。しかし、逡巡している間に男は逃走してしまう。

そうこうしているうちに、井伊谷を一人の少女が訪れる。名を高瀬(高橋ひかる)といい、直親の娘だという。それを聞いた直虎としの(貫地谷しほり)は嫉妬の炎に身を焦がすが、本当に娘であるかどうかは疑わしい。しかし、直親がよく笛で奏でていたメロディを高瀬が歌ったことで疑いは晴れ、直虎は高瀬を自分の養女として受け入れる。

ということで、


まずは第16回「綿毛の案」の感想ですが、全体的にはあまり文句は無いのですが、やはりしのがいやでしたね。しかし、政次に「あまりあちこちに噛み付かれると味方を失いますぞ」と言われたのは若干痛快でした 笑

そして第17回「消された種子島」ですが、下記「雑記帳」さんでもおっしゃっていますが、さすがに1565年ごろ、往来の多い東海道に近い井伊谷の当主代行が種子島を知らないというのもおかしな話ですが、まぁ、情報に疎い人物であればありえなくはないかな。

ただ、この回はやはり虎松役に不満がある!前回にも述べましたが、井伊直政はイケメンとして有名なわけですよ。残念ですが、どう考えても虎松役をバトンタッチした寺田心氏もイケメンに育つとは到底考えられない(子どもはどう育つかわからないので、イケメンに育つ可能性はなくはないですが)。

子ども補正にだまされすぎ。大抵の子どもは子どもだというだけで顔面無視で可愛がられるが、よく見ると可愛くない子どももたくさんいる 笑
(普通の子どもは顔面は関係ないが、俳優なんだから顔面は大事でしょう)

これも寺田氏本人が悪いわけではなく(俳優それぞれに適性がある)、キャスティングをした人間が悪いんです。
あと、寺田氏のあざとい演技がやはりいやですね。
あの歳で演技ができていることが驚異的ではありますが、大人の顔色を伺っている様子が見えてしまって気の毒に思えてしまいます。

第18回は「あるいは裏切りという名の鶴」ですが、この回で政次が実はいいやつ説が確定していくわけですね。
歴史であるからして政次の最期がわかっているため、まず嫌なやつキャラで定着させた後で実はいいやつだったということにして視聴者の気持ちを深入りさせて、最期の処刑で泣かす、という算段ですね 笑

そして、瀬戸方久は実際に今川家に取り入っていて、のちに自分の田畑等が徳政令(結局発布されます)の対象外となるような約束を取り付けていますが、その方久と今川家の直接的なつながりの端緒が描かれていてよかったです。

第19回は「罪と罰」。
近藤家領と井伊家領の材木盗騒動ですが、ひとまず政次がいいやつになって一安心というところでしょうか 笑
しかし、直虎が旅の男の処刑を逡巡するのはやきもきしていやでしたね。
(今の感覚では処刑はやりすぎですが、)直之や政次のいうことには理はあるけれど、直虎にはまったく理がないからです。情に流されて処刑に踏み切れないだけ。
いくら今のような法治主義ではない世の中だとは言え、罪人を処刑しない理由がはっきりしていなければ周りはだれも納得しないと思います。

そして、「旅の男」のキャラ設定が陳腐すぎるわりに「物語の鍵を握るキーパーソン」的な引っ張り方が気に入りませんね。
陳腐なんです。凡庸なんです。発想がつまらない。

第20回は「第三の女」。
直親に隠し子がいた、という設定の話ですが、下記Cantabileさんの言うとおり、そもそも高瀬は隠し子でも何でもなく、正統な娘なわけですね。
史実を捻じ曲げるのはドラマだから許すとして、そうまでしても面白くないとはどういうことか?

これで直虎としののいさかいがなくなったのはうっとうしくなくていいのですが、展開がまるで出来の悪い少女漫画ですね。
非常につまらない。

ただ一点、今回の話でよかったのは、高瀬の訛りがきちんとしていそうなところ。
民衆の言葉もそうですが、(地元の人間でないのでわかりませんが)きちんと遠州弁?らしき言葉をしゃべっているのは素晴らしいですね。

こういうところは凝るのに、史実を捻じ曲げてまでも面白くないドラマを作る脚本家の技量を疑います。

今回登場した人物のフルネーム
・瀬戸(松井) 四郎右衛門 (氏不明) 方久(実名不明)
・(苗字なし) 但馬守(字か官職か不明) 小野 朝臣? 政次(道好)
・中野 越後守(字不明) 藤原 朝臣 直之
・井伊 肥後守(字不明) 藤原 朝臣 直親
・今川 治部大輔(字は彦五郎) 源 朝臣 氏真
・近藤 石見守(字は平右衛門) 藤原 朝臣 康用(信用)

※画像はイメージです。

参考
第16回
雑記帳
渡る世間は愚痴ばかり
莓ワールド!
第17回
渡る世間は愚痴ばかり
やまもも書斎記
雑記帳
第18回
事務職員へのこの1冊
渡る世間は愚痴ばかり
Cantabile
第19回
やまもも書斎記
渡る世間は愚痴ばかり
莓ワールド!
第20回
Cantabile
渡る世間は愚痴ばかり
真田のよもやま話



/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「スーツを買ってもらった」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)
『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)
『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回) (2017-11-12 19:00)
 『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回) (2017-10-27 19:00)
 『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回) (2017-10-07 20:00)
 『真田丸』、松代藩の偉人佐久間象山(最終回) (2017-09-21 20:00)
 『真田丸』、伊達政宗の天下取り(第49回) (2017-09-05 20:00)
 『真田丸』、有楽斎を慮る(第48回) (2017-08-20 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。