さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年11月12日

『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11~15回についての感想です。

まずはあらすじ

今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家に比べて勢いのある松平家に近づいておきたい井伊直親(三浦春馬)、次郎法師(柴崎コウ)は小野政次(高橋一生)に相談し、直親は松平元康に会うこととなった。しかし、それは今川家の放った偽元康(星田英利)であり、謀反の嫌疑をかけられた直親は弁明のため駿府へと向かう。

駿府への道中で直親は暗殺され、遠江国内で松平方へ呼応した飯尾連竜を討つために出陣した井伊直平(前田吟)、中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)らも討死にしてしまう。井伊谷にまともに政治を執れる人間がいなくなってしまったために、南渓和尚(小林薫)は次郎法師を還俗させて「直虎」と名乗らせ、直親の遺児虎松(鈴木楽)の後見とすることになる。

当主代行となった直虎はまず井伊家の財政の建て直しに苦戦する。そこで、商人である瀬戸方久を家臣とすることになるが、直由の息子、直之(矢本悠馬)が反発する。

直虎は領内の瀬戸村、祝田村の借金を解消するために徳政令を発布しようとするができず、それに反発した村民たちは今川家に直接徳政令を出すように訴え、今川家から直虎の元に徳政令を出すように命令が来た。しかし、このまま今川家の命令を受け入れては瀬戸、祝田の二村は今川家領のようになってしまうため、直虎は両村を龍潭寺に寄進。同時に家臣や村民たちに事情を説明する。

徳政令の顛末について説明せよという今川家からの命令に従わざるを得ない井伊家だが、先に直満(宇梶剛士)・直平や直親が暗殺された経緯があるため、使者に身をやつして駿府に到着。今川家の実権を握っていた今川氏真(尾上松也)の祖母寿桂尼(浅丘ルリ子)を説得し、なんとか事なきを得る。

という感じです。


という訳でまずは第11回「さらば愛しき人よ」ですが、やはり政次、つまり高橋一生氏の演技がすさまじかったですね。
幼馴染である次郎法師にも直親にも好意的でありながらも、今川家に呼ばれて駿府に行き、井伊家の裏切りを指摘されたときの顔面蒼白感と、悪に心を染めたと洞察させる描き方。素晴らしかったです。

それに比べて、のちの直政である虎松のキャストになぜ鈴木楽氏を使った?俳優ご本人は悪くないのだが、キャスティングをやった人間がクソです。
井伊直親は美青年と伝わっているのに、これではまったく美青年になりそうもないではないか(もう一度いうが、俳優ご本人を批判しているわけではない。役には向き不向きがある)。

大河ドラマはこういう実のないキャスティングをすることがよくありますが、兄貴が人気があっていくら話題性があるからといって、相変わらずクソなキャスティングだなと思います 笑
(去年の『真田丸』も、その前もその前も…人気がある、話題性があるなどのキャスティングのせいで役が死んでいることが多すぎる)

そして第12回「おんな城主直虎」ですが、やはり直親の妻しのが面倒くさくていやでした。さらに他の人も書いていらっしゃいますし、僕も書いていますが、遠州錯乱はどこいったんだというのが大きい。

直平、直由、新野の3人はいつの間にか出陣していつの間にか死んでいるが、これもいろいろある話で、飯尾連竜の裏切りとかもよくわからずにスルーされているし連竜の妻お田鶴の方も出てこないし、歴史を知らない視聴者の人は3人の死がいったいなんなのかよくわからなかったのではないかなと思います。

第13回「城主はつらいよ」ですが、瀬戸方久はいいのですが、中野直之が見ていられませんでした。
いくら直虎擁立に反対とはいえ、また、井伊家中で力のあった中野家とはいえ、当主代行にあんなに面と向かって罵詈雑言を浴びせられる家臣がいたのか?

ドラマの構成上、主人公への試練や視聴者を多少嫌な気持ちにさせるキャラクターは必要かもしれませんが、あれはちょっとやりすぎな気がしました。

第14回「徳政令の行方」についても、井伊家臣たちや村民たちの直虎への冒涜っぷりがすさまじくアホかと思いましたね 笑
確かに当時の領主たちは家臣や村民たちの一揆に悩まされてはいましたが、あんな面と向かって侮辱するか?

そして、小野政次(高橋一生)の悪役っぷりはやりすぎ。
これでは完全に悪いやつではないか。

ただ、今までのドラマであまり描かれなかった戦国領主と領民たちのかかわりが描かれていたのはよかったかなと思います(実際はどんなかかわりだったかは知りませんが 笑)

第15回「おんな城主対おんな大名」に関しては、一応今までのやきもきや嫌な気持ちが解消され、政次の悪人っぷりが解消されていきほっとしました。

特にこれまでの中野直之の描写がクソ野郎だっただけに、味方になったときの安心感は大きかったですが、こんな風に脚本家の手玉に取られている自分が嫌です 笑

ちなみに寿桂尼からの書状に「井伊次郎」と書かれていたのは別に「直虎」という名前が今川家側に認められいなかったわけではありません。

以前に書きましたが、当時は今のように苗字と名前はひとつずつではなく、おそらく直虎のフルネームは「井伊 次郎 藤原 直虎」であったわけです。

「直虎」は実名であって、実名は神聖であるため常用はしませんでした。そこで登場するのが「次郎」という仮名(通称)であり、家臣たちからも「直虎様」ではなく「次郎様」と呼ばれていたはず。

以上、毎回5回分感想を書くのは大変なのですが、第11回~15回の感想、何とか書き終えました 笑

今回登場した人物のフルネーム(成人のみ)
・今川 治部大輔(字不明) 源 朝臣 義元
・松平 蔵人佐(字は次郎三郎) 源 朝臣 元康
・井伊 肥後守(字不明) 藤原 朝臣 直親
・(苗字なし) 但馬守(字か官職か不明) 小野 朝臣? 政次(道好)
・飯尾 豊前守(字は善四郎) 三善 朝臣 連竜
・井伊 信濃守(字不明) 藤原 朝臣 直平
・中野 越後守(信濃守、字か官職か不明) 藤原 朝臣? 直由
・新野 左馬助(字不明) 源 朝臣 親矩
・中野 越後守(字不明) 藤原 朝臣 直之
・瀬戸(松井) 四郎右衛門 (氏不明) 方久(実名不明)
・井伊 信濃守?(字は彦次郎) 藤原 朝臣 直満
・井伊 平次郎 藤原 直義
・今川 治部大輔(字は彦五郎) 源 朝臣 氏真

※画像はイメージです。

参考
第11回
真田のよもやま話
渡る世間は愚痴ばかり
Cantabile
第12回
Cantabile
渡る世間は愚痴ばかり
やまもも書斎記
第13回
Cantabile(その1)
Cantabile(その2)
渡る世間は愚痴ばかり
第14回
渡る世間は愚痴ばかり
Cantabile
雑記帳
第15回
事務職員へのこの1冊
真田のよもやま話
渡る世間は愚痴ばかり



/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ベルトを買ってもらった」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)
『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
水曜どうでしょう/DVD第2弾
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回) (2017-10-27 19:00)
 『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回) (2017-10-07 20:00)
 『真田丸』、松代藩の偉人佐久間象山(最終回) (2017-09-21 20:00)
 『真田丸』、伊達政宗の天下取り(第49回) (2017-09-05 20:00)
 『真田丸』、有楽斎を慮る(第48回) (2017-08-20 20:00)
 『真田丸』、信之の不倫とかどうでもいい(第47回) (2017-08-04 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。