さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年06月13日

『真田丸』、木村重成推し(第44回)



皆さんこんばんは。
今回は惰性で続いている去年の大人気NHK大河ドラマ『真田丸』第44回「築城」について、というよりも木村重成についてです 笑

あらすじ
徳川幕府軍が続々と大坂へ向かってきている中、真田幸村(堺雅人)は大坂城の南に出城を作ることを提案。大野治長(今井朋彦)や木村重成(白石隼也)の賛同をよそに、決定権を握る織田有楽斎(井上順)や大蔵卿局(峯村リエ)らの「浪人衆は信用できない」との言葉に流される豊臣秀頼(中川大志)。出城「真田丸」は廃案となるかに見えたが、大野治長のはからいによって直接秀頼の承諾を得て、築城に成功する。
って感じです。


まぁ、ドラマ自体の感想は下記ブログなどをご覧いただいて、前回からの引き続きで木村重成について書こうと思います。

前回は重成が冬の陣が初陣であるにもかかわらず、直後の夏の陣では幕府方の百戦錬磨、藤堂高虎や旧武田家臣団を引き継いだ井伊直孝らと激突し、獅子奮迅の戦いをしたあと討死したという話を書きましたが、その決死の戦いの裏にはひとつの物語があるようなんですね(気持ちの問題なので証拠はありませんよ 笑)。

それを説明するには、重成の父木村重茲(しげこれ)の話をしなくてはなりません。
重茲の名前が歴史に登場するのは織田信長が本能寺の変に倒れた翌年、羽柴秀吉と柴田勝家が雌雄を決した賤ヶ岳の戦いです。
羽柴家臣として堂木山砦というところを守って功があり、さらに翌年に徳川家康と羽柴秀吉が戦った小牧・長久手の戦いでも羽柴方として活躍し、越前の大名となります。

その後九州征伐や小田原征伐、奥州仕置などでも活躍して秀吉の甥、豊臣(三好)秀次の家老となりますが、これが運命の分かれ目。
『真田丸』でも描かれた事件ですが、1595年の秀次謀反容疑事件で秀次を擁護したことで罪に問われ(家老として擁護するのは当たり前ですね)自害させられます。
そのときにはそれだけではなく、重成の兄に当たる高成は切腹後梟首され、姉は磔にかけられたそうです。

要するに、重成は立場的には豊臣家に対する謀反人の一味の子というわけですね。

しかし、おそらく実際には重茲に謀反の気がなかっただろうし(当の秀次でさえなかったといわれていますし)、要するに無実の罪を着せられたわけですね。

きっと重成はそんな父や兄、姉の罪を否定したかったでしょうし、その罪を払拭するためには自分が豊臣家に忠誠を尽くすしかないと考えていたのかもしれませんね。
(母が秀頼の乳母であったことも忠誠心の理由のひとつだとは思いますが)

その結果が獅子奮迅の戦いと討死であるというわけです。

僕は基本的に徳川家康びいきですが、関ヶ原後も秀頼の傍に仕えた豊臣家臣の中ではこの木村重成が好きですね。

という訳で、ドラマの感想そっちのけで木村重成推しの話をさせていただきました 笑
(注:重成が重茲の子という説には異説がある)

今回登場した人物のフルネーム
・木村 長門守(字不明) 源 朝臣 重成
・真田 左衛門佐(字は源次郎) 滋野(源) 朝臣 幸村
・大野 修理大夫(字不明) (氏不明) 朝臣? 治長
・織田 侍従(字は源五郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 長益(入道有楽斎如庵)
・羽柴 右大臣(字不明) 豊臣 朝臣 秀頼
(実際は文献上で「羽柴」と記載されたものは見つかっていないそうです)
・藤堂 和泉守(字は与右衛門) 藤原 朝臣 高虎
・井伊 弁之助 藤原 直孝
・木村 常陸介(字は隼人正?) 源 朝臣 重茲
・織田 右大臣(字は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・羽柴 筑前守(字は藤吉郎) 豊臣(藤原) 朝臣 秀吉
・柴田 修理亮(字は権六郎) 源 朝臣 勝家
・徳川 内大臣(字は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・羽柴 左大臣(字は孫七郎) 豊臣 朝臣 秀次
・木村 (官職、字不明) 源 (朝臣?) 高成

参考
昼寝の時間
ヤシロの最近気になる★
莓ワールド!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ペンケースを買った」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品





follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
水曜どうでしょう/DVD第2弾
水曜どうでしょう(12)
水曜どうでしょう(11)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『真田丸』、木村重成に注目すべし!(第43回) (2017-05-28 20:00)
 『真田丸』、織田有楽斎がいい!(第42回) (2017-05-04 21:00)
 『真田丸』、幸村が信繁なら勝永は吉政では?(第41回) (2017-04-18 21:00)
 『真田丸』、今回は悪くない(第40回) (2017-04-06 21:00)
 『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回) (2017-03-17 21:00)
 『真田丸』、佐助の恋とかいらない(第38回) (2017-03-01 21:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。