さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年09月02日

ポケモンGOに代表される歩きスマホの害悪



皆さんこんばんは。
この記事を書いているのは8月初め。
7月下旬に日本でも配信が開始された『ポケモンGO』の狂騒がひと段落して、街に突然現れた『ポケモンGO』ユーザーが、これまた突然激減した状態です。

この現象について言いたいことがいくつかある。

・なぜ歩きスマホ、チャリスマホなどの「ながらスマホ」をやめない人がいるのか?
・もともとポケモンのファンというわけではなかったのに、話題になっているからといってやり始めて、2,3日で飽きてポイする人の気持ちがわからない。
・いい大人がスマホを見つめて真剣な顔で小走りになっている姿を見ると、恥ずかしくなる。
・『ポケモンGO』そのものは悪くない、という論調が多いが、歩きスマホを誘発し、事故を誘発するアプリが「悪くない」訳がない。『ポケモンGO』そのものがおかしい。

ということです。

すべてとりあげてしまうと相当長くなってしまうので、とりあえず「歩きスマホ」がなぜなくならないか、について考えてみようと思います。


そもそも「歩きスマホ」自体は『ポケモンGO』が配信されるはるか前から注意喚起がされていますね。

本当に危ない。

『ポケモンGO』が配信されたことでそれが助長されましたが(下記ブログに書いてあるように、『ポケモンGO』は歩きスマホ前提のアプリなので、歩きスマホの安全が確保されないのなら『ポケモンGO』自体が有害です)、なぜ、歩きスマホをやめないか?

これは煙草やアルコールをやめないのと同じで、心理的・依存症的要素が含まれているのだと思います。
(僕は喫煙者ですが、現在、禁煙活動中です。一日に吸う本数もだいぶ減りました。ニコチン依存症を乗り越えるのも間近か?笑)

歩きスマホが危険なのがわかっていない人はおそらくいないんです。

しかし、ゲームが面白すぎて、ついその注意喚起や危険度を忘れてやってしまう。
心理的な弱さですね。
ここで自分の心の弱さに対して居直るのだったら、「面白すぎるゲームが悪い」ということになりますが(面白すぎるせいだとしても、社会に損害を与えているのだから、ゲーム自体が立派な「害悪」です)

もうひとつは、スマホにかかわらず自動車の運転などにも共通することですが「自分は大丈夫」という過信。
道路を通行していて、歩きスマホにかかわらずこれは感じますが、「いつも大丈夫だから、今回も大丈夫だろう」という迷信を信じている人が多すぎですね。道路の通行は、警戒に警戒を重ねた上でしなければ、危なくてしょうがない。人の心が読めない以上、人の行動は常に予想外ですからね。

それに、目で周りを見ずに他のものに気を取られた状態で、近づいてきた人や車に気づけるとしたら、その人は「ニュータイプ」です。
どうぞ、人類を革新してくださいw

ぶつかったら痛いですよ。
歩きスマホをやっている人が自分で事故を起こすのは自業自得だと思いますが、事故をもらった人や、飛び出してきた歩きスマホを轢いてしまったドライバーはどれだけ精神的な呵責を受けるか。

条例か何かで禁止しないと安全は守れない、というのは悲しいことですが、考え方や文化が多様になってきたら仕方がないことでしょうね。

新都知事には、真剣に考えてほしいものです。

※写真は記事とは関係ありません。

参考
CHOKOBALLCAFE
ノワールショーティー
たそがれマイブログ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「満員電車が不幸を生む(記事「皆、通勤電車って耐えられてるの?」について)」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(日記)の記事画像
平成28年を振り返って
ブリュッセル・テロ事件報道に隠れた偏見
3.11 被爆は手遅れなのか?
ブログ再開
誕生日(2010)
2010年の抱負
同じカテゴリー(日記)の記事
 平成28年を振り返って (2016-12-31 22:05)
 ブリュッセル・テロ事件報道に隠れた偏見 (2016-03-31 22:04)
 3.11 被爆は手遅れなのか? (2016-03-11 22:03)
 ブログ再開 (2016-01-28 14:55)
 誕生日(2010) (2010-02-24 18:32)
 2010年の抱負 (2010-02-02 20:40)

Posted by Sosuke Washiya at 22:02│Comments(0)日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。