さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年07月21日

『真田丸』、伊達と官兵衛(第24回)



皆さん、こんばんは。

今回は大人気大河ドラマ『真田丸』の第24回「滅亡」について。

まぁ、タイトルの通り小田原北条氏が滅亡するのですが、ん~、なんともいえませんね。

特別に面白かったわけでもなく、きりや茶々が活躍しなかったのでイラついたわけでもなく。

ただ、前回もそうだったのですが、伊達政宗(長谷川朝晴)のイメージがだいぶ違ったなということでしょうか。

同世代の人は同じようなイメージだと思うのですが、伊達政宗といえば僕は原哲夫の漫画『花の慶次』のイメージが強いです。
快男児という感じですかね。

今回の大河ドラマではパフォーマンス好きで世渡り上手、ゴマすり上手というイメージですが、山岡荘八の『徳川家康』での伊達政宗のイメージに近いのでしょうか。

実際のところ、天下を望みながらも豊臣秀吉にすりより、徳川家康・秀忠にすりより、大久保長安事件をうまくくぐりぬけ、家光に忠実に仕え、なんとも処世術のうまい人物だったようですが(乱暴にいうと、ズルいってことだろう)、もしかしたら実像に近いのかもしれない。

そのほかには下記のCantabileさんのおっしゃるように、小田原城に降伏勧告に言ったはずの黒田官兵衛はどうなった、ということですかね 笑

そこにいたはずの結構重要な人物を消してしまうのはいかがなものかと…

忘れてたのか?
岡田准一のイメージとの比較を避けるために出さなかったのか?

秀吉政権を描くに当たって官兵衛が出てこないのは至極不自然だと思います。
(あとは、利休の描き方が乱暴な気がする)

参考
雑記帳
Cantabile
渡る世間は愚痴ばかり

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「日本の労働者意識の変化」について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品




follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
水曜どうでしょう/DVD第2弾
水曜どうでしょう(12)
水曜どうでしょう(11)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回) (2017-03-17 21:00)
 『真田丸』、佐助の恋とかいらない(第38回) (2017-03-01 21:00)
 『真田丸』、竹本義太夫はそっとしておくべきか?(第37回) (2017-02-05 22:04)
 『真田丸』、本多正信は「作左」ではない(第36回) (2017-01-20 22:04)
 『真田丸』、徳川家康が慌てすぎ(第35回) (2017-01-04 22:03)
 『真田丸』、特に言うことはないです(第34回) (2016-12-19 22:07)

Posted by Sosuke Washiya at 22:01│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。