さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2008年09月21日

松本清張『邪馬台国』



こんにちは。
今回は松本清張の「清張通史」シリーズの1『邪馬台国』についてです。

推理小説作家で、史学の造詣も深い松本清張が書いた歴史書です。
僕は古代史学界の事情は知らないので、学界での松本清張の評価は知りませんが(ご在命時には学説としては認知されていなかったようです)、内容は面白かったです。

文献史料に基づいて詳細な検討が加えられて、大胆な説が唱えられていて面白いです。

『魏志』「東夷伝」での「倭」と「倭人」の記述の違いとか(「倭」は地域を示すのか、民族を示すのか、とか)、古代、朝鮮半島の南端と北九州は同じ「倭」で、朝鮮半島の「倭」と北九州の「倭」を区別するために、北九州の「倭」を「倭人」と表記したんじゃないかとか(現在半島の方でよく言われている、朝鮮民族と日本民族が同じという説がありますが、それは違うようです。確かに古代朝鮮半島南端にいた民族と古代日本人は同族であったようですが、古代朝鮮半島南端にいた民族は現在の朝鮮民族ではなかったようです。現在の朝鮮民族のルーツは半島北部の高句麗の民族で、南端の民族とは別物だというのが日本での通説らしいです。本の内容とは関係なく、余談ですが)。

また、古代中国の歴史書に書かれている文字が、果たして通説の通りの読み方だったかどうかは疑問で、「卑弥呼」が「ヒミコ」ではなく「ヒムカ」と読まれていたのではないか、という説など。
(ちなみに「ヒムカ」とは「日向(ヒュウガ。現在の宮崎県)」の本来の読み方と同じです)

そんなことが書かれています。
文庫版だと文字が小さくて、ちと読みづらいかも。

ところで、しばらく古代史の新しい本は読んでいませんが、今はどんな説が通説なんでしょうね?
ちょっと興味が出てきました(笑

参考
邪馬台国 (講談社文庫―清張通史)

邪馬台国 女王 卑弥呼の一生
Independents' Weblog

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『北斗の拳』25~27巻について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話学習ソフト











//
9/19 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

9/19 クロックエンド ブログ兼BBS更新!!→コチラ

9/16 クロックエンド携帯用簡易版サイト更新!!→コチラ

ボーカル募集!!
詳しくはこちら

音楽配信システムペルシカ

8/28 クロックエンド ホームページ更新!!→コチラ

7/23 オーナーホームページ更新!!
Aquarius Spring
(オーナーと仲間たちのコラムや写真、詩が載っています。オーナー自身の作った楽曲もきけます
←「お気に入り」からもいけます)

バンド・アーティストのマネージメントやります。詳しくは下記メールにて。

Dru募集中!!
詳しくは下記メールにて!!

アマチュア向けに作曲依頼を募集中!!
「自分では作れないけど、(HPや自作映画、アニメなどの)テーマ曲がほしい!」という方、ぜひご依頼下さい。
細かいことは要相談。
(過去の依頼作品等を詳しく聞きたい方は下記にご連絡下さい)

→オーナーへメール

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー()の記事画像
平和への願いとともに生まれた徳川家康(山岡荘八『徳川家康』第1巻)
武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』
司馬遼太郎『関ヶ原』下
司馬遼太郎『関ヶ原』中
子どものころ読んでいた本
乙一『The Book』
同じカテゴリー()の記事
 平和への願いとともに生まれた徳川家康(山岡荘八『徳川家康』第1巻) (2020-01-29 22:00)
 武士道を追究したい人はコレ!!津本陽『名臣伝』 (2019-11-10 22:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』下 (2019-08-22 22:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』中 (2019-06-03 22:00)
 子どものころ読んでいた本 (2018-02-20 19:00)
 司馬遼太郎『関ヶ原』上 (2016-02-01 14:25)

Posted by Sosuke Washiya at 16:06│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。