さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年01月12日

『ベルセルク』36巻



皆さんこんばんは。
今回は発売してから5年ほど経ちます『ベルセルク』の36巻について。

35巻のときもそうでしたが、僕自身はリアルタイムでこれを買って読んでいるんですね。

ですが、当時はブログ休止中だったのでレビューを書かず、結局、5年後の今こうやって書いているわけです 笑

あらすじとしては、

ガッツたち一行は妖精島に向かう途中で寄った島で海神の触手に襲われ、ガッツは狂戦士化して触手を撃退するも正気を失い、謎の少年の力?とシールケの力によって正気を取り戻し、一行は船に戻る。
そこで、ガッツは海神本体を倒しに行き、シールケはガッツの正気を保つために魂のみ同行。
ファルネーゼは四方の陣で船を守り、他の人たちは迫り来る触手たちと戦闘。
乱戦の中、イシドロが海に落ち、彼を助けるために海に飛び込んだイスマがなんと人魚化。
そして、船の下には人魚の大群が…
一方、ガッツは海神の体の中で怪物と激戦を繰り広げる…

というような感じです。

感想としては、やっぱりガッツが強いのと、触手が気持ち悪いのが最高にいいですね。
そして、他の方もおっしゃってますが、ファルネーゼの成長にはわくわくさせられますね。
魔術師を取り締まる聖鉄鎖騎士団の団長がまさか魔術を使うようになるとは…

さらに、わかってはいましたが、イスマの人魚化と大量の人魚にはわくわくさせられましたね。

ただ、やっぱり初代鷹の団のころ(「黄金時代篇」)のわくわく具合と気持ち悪さには勝てないですね 笑

この巻はまだ、「妖精島の章」の起承転結の「承」のあたりかと思うので、今後の展開に期待ですね。
(もう読んでますが 笑)

参考
激情ざっくばらん
Y商店の仁義無き人々
はぐれ中継基地

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は記事「数学界の重鎮がかけ算の順番問題に言及『減点はとんでもない話』」について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(漫画・アニメ)の記事画像
『ベルセルク』39巻
岸辺露伴は動かない―六壁坂―
ガンダム額装ポスター/RX-78-2
額装ポスター「MSZ-006 Zガンダム」
シャア専用額装ポスター第5弾『MSN-00100百式』
同じカテゴリー(漫画・アニメ)の記事
 『ベルセルク』39巻 (2017-09-01 20:00)
 『ベルセルク』38巻 (2017-02-13 22:02)
 『ベルセルク』37巻 (2017-01-28 22:04)
 『ベルセルク』35巻 (2016-11-01 22:02)
 ベルセルク33巻・34巻 (2009-10-02 00:33)
 『聖☆おにいさん』1巻 (2009-09-30 20:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。