さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年04月20日

元号「令和」について

鳥居


皆さんこんばんは。
今回は新元号「令和」についてです。

日本人にとっては大ニュース中の大ニュースであるのでご存知ない方はほぼいないはずですが、去る4月1日に新元号「令和」が発表されました。

いろんなブログさんでも取り上げていますので、わざわざ僕のブログで取り上げる必要性に疑問を感じるのですが、スルーするわけにもいかず、個人的にも思い入れは強いので記事にさせていただきます。


新元号についてはわれわれ昭和生まれは平成のときも見てきているわけで(といっても幼少であったため、昭和天皇崩御もあって大人たちが大騒ぎしていた記憶しかないのですが)、きっと次の元号への転換も見られるのだろうなと思っていたら、こんなに早く元号が変わるとは笑
(注:現在はまだ「平成」です)

そして、元号については不要論もある中で廃止にならなかったことでまず安堵したのですが、結局発表までは心配で心配でたまりませんでした。

テレビの新元号予測なんて「平和」とか「和平」とか教養のかけらもないクソみたいな予測ばっかりで見ていられなかったのですが、それでも軟派な元号になったらどうしよう、時流に乗って変な元号になったらどうしよう、という心配をしていました。

だから4月1日は仕事をしていましたが、発表の11時半が近くなるとそわそわして仕事が手につきませんでした笑

それで発表されたのが「令和」。

安心しましたね。時流に妥協した感じではない。

そして、家に帰って出典や意味を調べてなおさら安堵しました。

『万葉集』、いいじゃないですか。
歴史上初の国書からの引用、いいじゃないですか。
「和せしむ(仲直りさせる)」という訓もいいじゃないですか。

センスの塊ですね。

これを考えた方も、これを選んだ方もすばらしい!

これでひとまずこの先数十年は元号が存在し続けるのでよかったのですが、それにしても公式文書は元号表記を保ってくださいね。

外国人が増えたからといって国内公式文書に西暦を許すところもあるみたいですが、「郷に入りては郷に従え」でしょ?
和暦の概念を理解しない外国人なんて来なくていいんです。
ここは日本なので、日本のルールに従ってください。

というわけで、かっこいい新元号を迎えられることに感謝しつつ、いろいろあった平成の幕を閉じようと思います。
いろいろな出会いがありました。別れもありました。

でも、すべてがよい方向に帰結していたのだと思います。
感謝していますよ。

では、今日はこの辺で!



参考
さあ!No.3
グレープ*フルーツ
Gan☆のひとり言

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は『いだてん』第12~13回について。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
TPP Part 3/nobi & hagecin









パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦
ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦
合戦における戦術について⑱総括
合戦における戦術について⑰四万十川の合戦
同じカテゴリー(趣味)の記事
 ビジネスに活かす戦国合戦術④小豆坂の合戦 (2019-10-13 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術③沖田畷の合戦 (2019-09-27 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術②耳川の合戦 (2019-09-11 22:00)
 ビジネスに活かす戦国合戦術①今山の合戦 (2019-08-26 22:00)
 合戦における戦術について⑱総括 (2019-08-10 22:00)
 合戦における戦術について⑰四万十川の合戦 (2019-07-25 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。