さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年06月16日

『真田丸』、やっぱり面白くない!(18~20回)



みなさん、こんばんは。
今回は大人気大河ドラマ『真田丸』の第18~20回について。

第18回「上洛」
真田信繁(堺雅人)の父、昌幸(草刈正雄)が上洛し、秀吉(小日向文世)と面会。上田や沼田を安堵されます。

第19回「恋路」
茶々(竹内結子)が秀吉の側室となりました。

第20回「前兆」
茶々が懐妊し、それが秀吉の子ではない、という落書きがされました。

第18回はまだいいんです。
上洛した昌幸、信幸(大泉洋)になかなか会おうとしない秀吉。三成は昌幸の手土産に文句をつけ、信幸は不快感を示す。
結局、秀吉は昌幸の手土産である毛皮を着て現れ、「頼りにしておるぞ」と昌幸の肩をたたき、「人たらし」の本領を発揮。
三成の態度は秀吉とのギャップで昌幸を懐柔するための演出、という演出なのか?

第19回がひどいんじゃ!
なんだあのラブコメの出来損ないは!
秀吉の恋路なんか見たくもないし、いい年したおっさんが(小日向さんには失礼ですが)20歳そこそこの女性(竹内さん自身はもっと上ですが)を口説いている姿なんて、はっきり言って気持ち悪い!笑
しかも、その前に茶々が、秀吉に禁止されている蔵に入るために信繁を無理やり誘ったことをうっかり秀吉の前で匂わせてしまう、という安い演出。
もう一度いう!こんなものラブコメの出来損ないだ!

第20回も、他のブログも読ませていただいて「前兆」の意味も考えましたが、秀吉の恐怖政治を物語る秀次(新納慎也)事件などの残虐な事件の前兆としては取り上げ方が中途半端。

キャッチーな演出にして今まで大河ドラマを見なかった層を取り込みたいようですが、このままだと硬派な大河ファンは離れるだろうな。

残念!(ですが、まだ見ます 笑)

参考
雑記帳
Cantabile
ショコラの日記帳・別館

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「井草八幡宮」。

//
今期イチオシ自作曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品




follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
芸能ニュースって面白いのか?
大河ドラマ『おんな城主直虎』は大丈夫なの?
水曜どうでしょう(13)
水曜どうでしょう/DVD第2弾
水曜どうでしょう(12)
水曜どうでしょう(11)
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回) (2017-03-17 21:00)
 『真田丸』、佐助の恋とかいらない(第38回) (2017-03-01 21:00)
 『真田丸』、竹本義太夫はそっとしておくべきか?(第37回) (2017-02-05 22:04)
 『真田丸』、本多正信は「作左」ではない(第36回) (2017-01-20 22:04)
 『真田丸』、徳川家康が慌てすぎ(第35回) (2017-01-04 22:03)
 『真田丸』、特に言うことはないです(第34回) (2016-12-19 22:07)

Posted by Sosuke Washiya at 22:04│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。