さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年04月25日

『青天を衝け』第4回―阿部家について

渋沢邸


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第4回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について
・第3回―平岡家について


まずはあらすじ。

嘉永6(1853)年、12代将軍・徳川左府家慶(吉幾三)が亡くなり、四男・右大将家祥(渡辺大知)が将軍職に就き13代将軍・徳川内大臣家定となった。

次期将軍にと推される刑部卿一橋慶喜(草彅剛)は相変わらず将軍継嗣への意欲を見せなかったが、父・権中納言斉昭(竹中直人)の差し金で小姓となった平岡円四郎(堤真一)には笑顔を見せていた。

一方、血洗島で仕事に精を出していた渋沢栄一(吉沢亮)は、藍農家の一年の労苦をねぎらう宴を催す役を担うことになった。
通常であれば宴の上座には最年長の角兵衛(渡辺哲)が座るはずであった。

しかし栄一は、権兵衛(永野宗典)を上座に座らせ、角兵衛を下座に座らせた。

場は騒然となったが、栄一は一番質のいい藍葉を作った権兵衛を上座に座らせたという。
一触即発の雰囲気となった一座であったが、角兵衛が権兵衛に「どこで〆粕を買ったか教えやがれい。来年こそはわしが大関になってみせるんべえ」と宣言したことにより、盛り上がりを見せた。

嘉永7(1854)年、マシュー・ペリー(モーリー・ロバートソン)が二度目の来日を果たした。

大統領の誕生日を祝う祝砲に恐れをなした幕府は、ついに開国へと舵を切るのであった。

ということで、




<第4回「栄一、怒る」の感想>


平岡円四郎と一橋慶喜のやり取りはよかったですね。
下町育ちで、がさつでご飯をまともによそうことができない円四郎に丁寧によそい方を教える慶喜に心が和みました。

円四郎の最期に号泣することが確定しましたw

血洗島での藍農家の番付のシーンもよかったです。
前回も書きましたが、主人公が明るくて前向きなサクセスストーリーはとても面白いです。

参考記事:
『青天を衝け』第3回―平岡家について

そして、栄一が代官・利根吉春(酒向芳)の失礼な態度に憤慨するのもよかったです。
あんな態度を取られたら誰だって憤慨しますが、処世のために怒りを飲み込んでいた時代があります。

百姓差別こそなくなりましたが、昭和の時代は年齢、役職、性別により相手を軽んじる態度をとる人もいましたし、現在も決してなくなったわけではありません。

<第4回の楽しみ方―阿部家について―>


ドラマでは、老中・阿部伊勢守正弘(大谷亮平)が活躍していましたが、今回はその阿部家について書こうと思います。

由来としては第8代孝元天皇の第一皇子・阿部大彦命から始まると言われます。

通常、武家のほとんどは巷に流布している「名字」の他に「氏」をもっているものですが、阿部家に関しては名字も氏も「阿部」となります。
※「氏」が「名字」化したパターンです。

関連記事:
武家や公家の名前について

阿部大彦命は「四道将軍」として北陸道に派遣されていますが、その後の動向やその子孫の動向はよくわかっていません。

戦国時代には三河・松平家に仕え、松平家の古い家臣である「安祥譜代」に数えられています。
※他の「安祥譜代」は酒井家、大久保家、本多家、石川家、青山家、植村家です。

東照大権現徳川家康の祖父・松平次郎三郎清康の代には阿部大蔵定吉を輩出していますが、大蔵の子・弥七郎正豊が主君・清康を刺殺するという事件が起こり(森山崩れ)、松平家は騒然とします。

弥七郎はその場で討ち果たされ、大蔵は子の狼藉の責任を取って自害しようとしますが、清康の子・次郎三郎広忠に止められ、以降も松平家臣として活躍します。

この大蔵の系統は断絶していますが(一説によると井上家は大蔵の末裔とされます)、のち、同じ阿部一族で別系統と言われる伊予守正勝の系統が徳川家臣として活躍することになります。

伊予守は幼名を徳千代といい、徳川家康の尾張~駿府人質時代にも同行したと言われる忠臣です。

関連記事:
これぞ徳川家の柱石・三河武士の死にざまだ!!(山岡荘八『徳川家康』第2巻)

伊予守自身は関ヶ原合戦以前に死去していますが、子の備中守正次が大坂の陣で城内に一番に突入し、その功で大坂城代に任じられます。

関連記事:
司馬遼太郎『関ヶ原』下

関連記事:
司馬遼太郎『関ヶ原』中

関連記事:
司馬遼太郎『関ヶ原』上

関連記事:
『真田丸』、伊達政宗の天下取り(第49回)

関連記事:
『真田丸』、有楽斎を慮る(第48回)

関連記事:
『真田丸』、解釈の違いって面白い(第46回)

その子孫が備後福山藩主となり、ドラマで活躍している伊勢守正弘へとつながるのです。

こんな感じで、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・征夷大将軍(将軍家) 徳川 左大臣(幼名は敏次郎) 源 朝臣 家慶
・征夷大将軍(将軍家) 徳川 内大臣(幼名は政之助) 源 朝臣 家定(家祥)
・徳川(一橋、水戸、松平) 刑部卿(幼名は七郎麻呂) 源 朝臣 慶喜(昭到) 
・徳川(水戸) 権中納言(通称は敬三郎) 源 朝臣 斉昭
・平岡(岡本) 円四郎 源?(清原?) 方中
・渋沢 栄一(栄二郎、栄一郎) 源 美雄
・利根 (官職・通称不明) 平(藤原?) 吉春
・阿部 伊勢守(通称は四郎五郎) 阿部 朝臣 正弘
・阿部大彦命
・征夷大将軍(将軍家) 徳川 太政大臣(右近衛権少将、左近衛大将、内大臣。通称は次郎三郎) 源 朝臣 家康
・松平 次郎三郎 源 清康
・阿部 大蔵 阿部 定吉
・阿部 弥七郎 阿部 正豊
・阿部 伊予守 阿部 朝臣 正勝
・阿部 備中守 阿部 朝臣 正次
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
ゆーくんはどこ?
ぴえーるのテレビブログ
大河ドラマ応援ブログ。

twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!




☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「クラシックゲームの恐怖で身震いしよう!(バイオ・ハザード2@プレステ1)(3)」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『青天を衝け』第10回―安藤信正について
『青天を衝け』第9回―安政頃の西郷吉之助
『青天を衝け』第8回―岩瀬忠震の出自
『青天を衝け』第7回―井伊家について
『青天を衝け』第6回―美賀君の血筋
『青天を衝け』第5回―藤田家について
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『青天を衝け』第10回―安藤信正について (2021-06-08 20:00)
 『青天を衝け』第9回―安政頃の西郷吉之助 (2021-06-04 20:00)
 『青天を衝け』第8回―岩瀬忠震の出自 (2021-05-27 20:00)
 『青天を衝け』第7回―井伊家について (2021-05-15 20:00)
 『青天を衝け』第6回―美賀君の血筋 (2021-05-11 20:00)
 『青天を衝け』第5回―藤田家について (2021-05-03 20:00)

Posted by 鷲谷 城州 (旧通称:壮介) at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。