さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年02月12日

『麒麟がくる』第37回―足利家について(2)

二条城


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第37回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回 ・第7~8回
・第9~10回 ・第11~12回
・第13~14回 ・第15~16回
・第17~18回 ・第19~20回
・第21回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)


まずはあらすじ。

元亀4(1572)年、山城国・槙島城にて挙兵した将軍家・足利権大納言義昭(滝藤賢一)は木下藤吉郎秀吉(佐々木蔵之介)に敗退し、捉えられた。

三淵弾正左衛門尉藤英(谷原章介)も捉えられ、織田家に内通していた弟・細川兵部大輔藤孝とともに織田家の将として、三好三人衆の一人である岩成主税助友通の籠る淀城を攻めることとなった。

明智十兵衛光秀は、岐阜に戻っていた織田弾正大弼信長(染谷将太)に会い、武田信玄(石橋凌)が病死した可能性を告げた。
信長は、今まで将軍家の役割だった改元の言上をし、朝廷から下った元号の候補を吟味しているところだった。

武田信玄の病死を知った信長は、目の上のたんこぶだった朝倉家・浅井家攻めを敢行し、両家を滅亡に追いやった。
両家や武田信玄に手紙を送り扇動していた足利義昭を備後へ追放し、大和の松永弾正久秀(吉田鋼太郎)も降服してきた。

畿内には敵のいなくなった信長は、特別な者しか見ることを許されない香木「蘭奢待」の拝観、切り取りを所望するのであった。

ということで、




<第37回「信長公と蘭奢待」の感想>


色々な意味で事態がエクストリーム(極)に向かっていく様子が描かれ、面白かったです!

そんな中、足利義昭が追放された様子は惨めでしたね。
信長とうまくいかなくなってどんどんおかしくなってはいましたが、はだしで歩いていく様子は惨めでした。

そして朝倉家・浅井家攻めが一瞬で終わってしまいましたねw

ただ、朝倉式部大輔景鏡(手塚とおる)の裏切りが描かれたのはよかったかなと思います。
(ベロを出すのはやりすぎという気はしましたが、全体的にはよかったです)

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術⑮一乗谷城の合戦

関連記事:
ビジネスに活かす戦国合戦術⑯小谷城の合戦

その後の信長が「天正」の元号を選ぶシーン。
信長がおかしくなり始めましたね。
いや、最初からおかしかったのですが、有頂天になって天狗になりつつある様子が描写されており、劇としてうまいと感じました。

※平成31年(令和元年)の大河ドラマ『いだてん』は伏線が複雑すぎてあまりウケなかったようですが(僕は個人的には好きでしたが)、これくらいわかりやすい伏線の方がいいのかもしれませんね。

関連記事:
最終回は泣きました(『いだてん』第47回)

「蘭奢待」のエピソードも、信長が天狗になっているという通説通りの解釈で使われましたね。

※ちなみに僕が「蘭奢待」のエピソードを知ったのは『信長の野望』の「天翔記」か何かのイベントでしたw

関連記事:
信長の野望/嵐世記(13)最終回

<第37回の楽しみ方―足利家について(2)―>


今回は将軍家・権大納言義昭が追放されたということで、前回の足利家の来歴の続きを書こうと思います。

参考記事:
『麒麟がくる』第36回―足利家について(1)

建武3(1336)年、征夷大将軍として室町幕府を開いた足利又太郎尊氏ですが、実は旧鎌倉幕府の御家人たちすべてから武家の棟梁として認められていたわけではありませんでした。

それどころか、一部の一族のからも嫡流とは認められていませんでした。

そのため、一部の武士たちは幕府の言うことをきかず、まとまりにかけていました。

『麒麟がくる』の劇中で足利義輝(向井理)や足利義昭が、武士たちが幕府の言うことをきいてくれないと嘆いていましたが、実は室町幕府は最初から軽んじられていたようです。

関連記事:
『麒麟がくる』第23回―三好氏の血縁関係(2)

しかし、一時的に治まっていた時期もありました。

それは3代将軍家・太政大臣足利義満(以下「相国」)の頃です。

正平23/応安元(1369)年に将軍職に就任した彼は在職中に南北朝の合一を果たし、いうことをきかない守護大名たちを粛清し、明から「日本国王」と認められることで権威を増強し、幕府の権力を強めていきました。

応永元(1394)年に将軍職に就任した4代内大臣義持(以下「内府」)の時代は相国義満の余韻か比較的安定していたようですが、穏健すぎて幕府の権威は失墜していったようです。
※内府義持の時代に三淵家が登用され、後の弾正左衛門尉藤英につながっていきます。

関連記事:
大河ドラマを楽しむ方法(23)(『麒麟がくる』第30回)

5代美作守義量は早世し、石清水八幡宮でのくじ引きの結果、内府義持の同母弟である左大臣義教(以下「左府」)が正長2(1429)年に6代将軍に就任します。

この時代は荒れに荒れます。

左府義教は3代相国義満のやり方を踏襲しますが、守護大名の粛清が苛烈過ぎました。
※この時の左府義教の関東に対する仕置きが後の関東の動乱につながっていきます→永享の乱、結城合戦


関連記事:
各合戦の動員人数について(1)江古田原沼袋合戦

関連記事:
江古田原沼袋の戦いから学ぶ―できないことをできるようにする方法

関連記事:
各合戦の動員人数について(2)権現山の戦い

関連記事:
権現山の戦いから学ぶ―弱い者の戦い方

関連記事:
各合戦の動員人数について(3)新井城の戦い

関連記事:
新井城の戦いから学ぶ―慎重に準備し、且つ大胆に行動すべし

関連記事:
各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦

関連記事:
第一次国府台の戦いに学ぶ―「~はずがない」は失敗フラグ

関連記事:
各合戦の動員人数について(5)川越城の合戦

関連記事:
河越城の戦いから学ぶ―基準を満たすまで手綱を緩めてはいけない


左府義教は、行き過ぎた粛清の結果、嘉吉元(1441)年に播磨・備前・美作の守護大名・赤松大膳大夫満祐により暗殺されます。

播磨のその後:
上月城の戦いに学ぶ―信頼の貯金を作る

同上:
三木城合戦に学ぶ―モチベーションの源を確保する

左府義教の跡を継いだ嫡男・7代将軍家・左近衛中将義勝は早世し、文安6(1449)年、その弟・左大臣義政(以下「左府」)が8代将軍に就任します。

左府義政が登場し、この後いよいよ応仁の乱が勃発しますが、この辺で結構な分量に達してしまったので続きは次の機会(『麒麟がくる』のつ次の回とは限りません)に譲りたいと思います。

その後は『麒麟がくる』に直接的につながってくる話が多くなってくるのでお楽しみに!

こんな感じで、ドラマの背景にある知識が分かるとドラマをもっと楽しめます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下もご覧ください!

※トップ画像はイメージです。

○今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・征夷大将軍 足利 権大納言(通称不明) 源 朝臣 義昭(義秋、一乗院覚慶)
・木下(羽柴) 藤吉郎 (平、豊臣) 秀吉
・三淵 弾正左衛門尉(または弥四郎) 源 藤英
・細川 兵部大輔(通称は与一郎) 源 朝臣 藤孝
・岩成(石成) 主税助 石成 友通(長信)
・明智 十兵衛 源 光秀
・織田 弾正大弼(通称は三郎) 平(藤原、忌部) 朝臣 信長
・武田 大膳大夫(通称は太郎) 源 朝臣 晴信(入道信玄)
・松永 弾正忠(または弾正少弼。通称は不明) 藤原(紀、源?) 朝臣 久秀
・足利 権大納言(通称は又太郎) 源 朝臣 尊氏(高氏)
・征夷大将軍(将軍家) 足利 左近衛中将(略称「左中将」。通称不明) 源 朝臣 義輝(義藤)
・征夷大将軍(将軍家) 足利 太政大臣(略称「相国」。通称不明) 源 朝臣 義満(入道道義)
・征夷大将軍(将軍家) 足利 内大臣(略称「内府」。通称不明) 源 朝臣 義持
・征夷大将軍(将軍家) 足利 美作守(参議。通称不明) 源 朝臣 義量
・征夷大将軍(将軍家) 足利 左大臣(略称「左府」。通称不明) 源 朝臣 義教(義宣)
・赤松 大膳大夫(通称不明) 源 朝臣 満祐
・征夷大将軍(将軍家) 足利 左近衛中将(略称「左中将」。通称不明) 源 朝臣 義勝
・征夷大将軍(将軍家) 足利 左大臣(略称「左府」。通称不明) 源 朝臣 義政(義成)
☆武家の「通称」の普及を切に願います!

参考
歴史上の偉人、有名人と子孫の大百科
ぴえーるのテレビブログ
OLDIES 三丁目のブログ

↓時代背景のイメージを感じられたかなと思ったら下記リンクのドラマガイドなどでドラマの内容を復習してみてください!




☆「このブログ、もっと読みたいかも」と思った方はぜひ読者登録してみてください!

ブログ更新時にお知らせが届きます。

→【PC版】
画面左のサイドバーに読者登録ボタンがあります。メールアドレスを入力して、「登録」ボタンを押すだけです!

→【スマホ版】
こちらのプロフィール画面のプロフィールの下にある「読者登録 登録・解除」をタップし、メールアドレスを入力して「登録」ボタンをタップするだけです!


twitterfacebookでのフォロー、お待ちしてます!

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「一宮城の戦いから学ぶ」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Autumn Crazy / SLEEPY HOLLOW










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品


あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(テレビ)の記事画像
『青天を衝け』第6回―美賀君の血筋
『青天を衝け』第5回―藤田家について
『青天を衝け』第4回―阿部家について
『青天を衝け』第3回―平岡家について
『青天を衝け』第2回―身分秩序について
『青天を衝け』第1回―渋沢家について
同じカテゴリー(テレビ)の記事
 『青天を衝け』第6回―美賀君の血筋 (2021-05-11 20:00)
 『青天を衝け』第5回―藤田家について (2021-05-03 20:00)
 『青天を衝け』第4回―阿部家について (2021-04-25 20:00)
 『青天を衝け』第3回―平岡家について (2021-04-21 20:00)
 『青天を衝け』第2回―身分秩序について (2021-04-13 20:00)
 『青天を衝け』第1回―渋沢家について (2021-04-05 20:00)

Posted by Sosuke Washiya at 20:00│Comments(0)テレビ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。