さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年04月25日

『青天を衝け』第4回―阿部家について

渋沢邸


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第4回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について
・第3回―平岡家について


まずはあらすじ。

嘉永6(1853)年、12代将軍・徳川左府家慶(吉幾三)が亡くなり、四男・右大将家祥(渡辺大知)が将軍職に就き13代将軍・徳川内大臣家定となった。

次期将軍にと推される刑部卿一橋慶喜(草彅剛)は相変わらず将軍継嗣への意欲を見せなかったが、父・権中納言斉昭(竹中直人)の差し金で小姓となった平岡円四郎(堤真一)には笑顔を見せていた。

一方、血洗島で仕事に精を出していた渋沢栄一(吉沢亮)は、藍農家の一年の労苦をねぎらう宴を催す役を担うことになった。
通常であれば宴の上座には最年長の角兵衛(渡辺哲)が座るはずであった。

しかし栄一は、権兵衛(永野宗典)を上座に座らせ、角兵衛を下座に座らせた。

場は騒然となったが、栄一は一番質のいい藍葉を作った権兵衛を上座に座らせたという。
一触即発の雰囲気となった一座であったが、角兵衛が権兵衛に「どこで〆粕を買ったか教えやがれい。来年こそはわしが大関になってみせるんべえ」と宣言したことにより、盛り上がりを見せた。

嘉永7(1854)年、マシュー・ペリー(モーリー・ロバートソン)が二度目の来日を果たした。

大統領の誕生日を祝う祝砲に恐れをなした幕府は、ついに開国へと舵を切るのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 (旧通称:壮介) at 20:00Comments(0)テレビ