さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年04月05日

『青天を衝け』第1回―渋沢家について

深谷駅


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第1回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!



まずはあらすじ。

文久4(1864)年、京。
渋沢栄一(吉沢亮)と渋沢喜作(高良健吾)は駆けだした。

駆けだした先には徳川権中納言慶喜(草彅剛)がいた。
栄一と喜作は慶喜の前に跪き、取り立ててもらうよう訴えた。

天保15(1844)年、武蔵国血洗島。
4歳の栄一(小林優仁)は父・市郎右衛門(小林薫)から神君・徳川家康公の教えを受け、従兄の尾高新五郎惇忠(田辺誠一)から漢籍などを教わっていた。

ある日栄一は、喜作(石澤柊斗)や新五郎の弟・長七郎(須東煌世)ら幼馴染と遊んでいた。
そんな中、新五郎・長七郎らの妹・千代(岩﨑愛子)のくしが川に流されてしまった。

千代と栄一は必死で追いかけるも追いつけずにいたが、それをある人物が拾った。

罪人として岡部藩に捕縛されたが、それを逃れてきた高島秋帆(玉木宏)であった。

秋帆の存在が気になった栄一は、夜半、長七郎らと藩の牢を見に行った。
そこで秋帆と会話することができた栄一は、日本の行く末を心配する秋帆の考えを深く記憶に刻み込んだのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(2)テレビ