さぽろぐ

映画・TV・音楽  |その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年10月10日

実写化の悪評を覆した作品―『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(シリーズ特別編)

レインボーブリッジ


皆さんこんばんは。
今回は映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』(シリーズ特別編)についてです。


この『パトレイバー』、ある程度の年齢(※)の方の中には「サンデーで読んだ」、「テレビアニメで見た」、「アニメ映画を観た」という人も結構いらっしゃると思うのですが、そもそもどういった作品なのか。
※ある程度の年齢の人:昭和50(1975)年代生まれの人。

『パトレイバー』が生まれる経緯や、その後、今作につながる流れなどを解説したいと思います。

参考記事:
機動警察パトレイバー



【映画データ】
監督:押井守、辻本貴則、湯浅弘章、田口清隆
脚本:押井守、山邑圭
原作:ヘッドギア
出演者:真野恵里菜、筧利夫、福士誠治、太田莉菜、しおつかこうへい、千葉繁
音楽:川井憲次

まずはあらすじです。


あらすじ


20世紀末の東京では、東京湾の干拓事業である「バビロンプロジェクト」のため作業用大型ロボットである「レイバー」の活動が増えていた。

「レイバー」の増加は自ずとそれを用いた犯罪の増加につながり、それを取り締まる必要性が生まれてきた。

警視庁内に設置された「特科車両二課(特車二課)」は、「パトロールレイバー」(略して「パトレイバー」)を運用して数々のレイバー犯罪を取り締まっていった。

時は経って2013年。

「バビロンプロジェクト」の終息によって「レイバー」の運用は減り、「特車二課」の活躍の場はほとんどなくなっていた。

メンバーも代替わりし、3代目となっていた。

もはや「パトレイバー運用のノウハウを伝える」という役割のみで存続していた特車二課だが、警視庁内では解隊の話が浮上していた。

「特車二課」を存続させたいメンバーたちは、部隊の存続をかけて犯罪に立ち向かっていく…

ということで、

↓こちらの映画について書いています。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 [DVD]


  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 20:00Comments(0)映画

2021年06月12日

観る人を選ぶ変態サスペンス映画―『パーフェクト・ホスト』

食事会
Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像


皆さんこんばんは。
今回は映画『パーフェクト・ホスト―悪夢の晩餐会』についてです。

『ソウ』シリーズのプロデューサーが製作を担当したとのことで、2010年頃話題になった作品だそうですが、当時僕は映画離れしていたので知りませんでした。
※僕は『ソウ』シリーズを観ていません。

その後、2016年頃にテレビでやっていたのを録画して観ました。

『ソウ』と同様にサスペンス映画ですが、特にグロテスクなこともなく、ヴィジュアル的には少し安心な映画です。

しかし、内容は全然安心できませんw

【映画データ】
監督:ニック・トムネイ
脚本:ニック・トムネイ、クリシュナ・ジョーンズ
製作:ステイシー・テストロ、マーク・ヴィクター
製作総指揮:マーティン・ゾランド
音楽:ジョン・スウィハート
撮影:ジョン・ブローリー
編集:ニック・トムネイ

とりあえずあらすじです。

強盗であるジョン(クレイン・クロフォード)は足を負傷し困憊していた。

たまたま通りかかった裕福そうな家に上げてもらい、そこでもまた金品を強奪して逃走しようと企んだ。

家の主人・ウォーウィック(デヴィッド・ハイド・ピアース)は、ジョンを親切にもてなして、これから開かれるホームパーティにジョンも招待すると言い始めた。

たまたま流れたラジオ放送で正体がバレたジョンはウォーウィックにナイフを突きつけ、実力行使に及ぼうとする。

しかし、ウォーウィックの用意したワインを飲むと気を失ってしまう。

目覚めたジョンは椅子に縛り付けられており、ついにパーティが始まった。

楽しそうに友人たちと会話するウォーウィックだが、そこには誰もいない。

ウォーウィックは妄想の中で、誰もいない席に話しかけているのであった…

といことで、
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 20:00Comments(0)映画

2020年11月12日

「今の気分」で映画を選びたいと思いません か?おすすめの映画検索サイトの紹介

ビンテージカメラ
PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像


皆さんこんばんは。
今回は映画そのもののご紹介ではなく、観たい映画を探したい時などにぴったりのサイトをご紹介します。

僕は一時期「映画狂か」、と思われるくらい映画を観まくっていた時期があります。

「なんとかロードショー」はもちろんチェックするし、各局の深夜映画も観て、なおかつレンタル屋に行ってDVD(当初はVHSでしたw)を借りてきて…というような生活です。

そのような生活をしていると話題の映画はあっという間に観終わってしまって、次は何の映画を観ようか、判断基準がなくなってしまうんですよね。

初めの方はレンタル屋に行ってミステリーとかサスペンスとか、好きなジャンルの棚を物色していたのですが、ジャケットに書いてあるあらすじを見てもよくわからないし、このやり方だとジャンルが偏ってしまって、素晴らしい映画との出会いの機会を失う可能性もあります。

で、やり始めたのが「あいうえお順」で片っ端から観ていくというやり方。

実はこのやり方で『あの頃のペニー・レインと』などの名作に出会ったりもしているのですが、あいうえお順の最後の方にたどり着くのに時間がかかります。

関連記事:
あの頃のペニー・レインと

で、次にやり始めたのが、レンタル屋の「店員のお勧め」の棚にある作品を片っ端から観るというやり方。

このやり方はすでに人が「面白い」と評価しているもの見ていくので、やはり「あいうえお順」よりも面白い作品に出会う可能性が高かったです。
※このやり方で出会った名作?が『赤ちゃんの逆襲』です。

関連記事:
赤ちゃんの逆襲

しかし、このやり方も結局情報量が少なすぎて、今の自分の気分に会う映画を選ぶのは難しいということがわかりました。

そんな悩みを十数年抱え続けていたのですが、最近…
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 20:00Comments(0)映画

2020年09月09日

時には思いっきり感情移入!―『一枚のめぐり逢い』

海の思い出
_kei.phootoさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は2012年のアメリカ映画『一枚のめぐり逢い』について書いてみようと思います。

まずはあらすじです。

米海軍の兵士・ローガン(ザック・エフロン)はイラクに派遣されていた。
ある戦場で、土の中に見えたものが気になった彼は、近づいてそれを手に取った。
一枚の写真であった。

直後、ついさっきまで自分がいた場所に爆弾が落ち、ローガンは写真を拾ったことで一命をとりとめた。

写真には一人の女性が写っていた。

戦後、故郷アメリカに帰ったローガンは、戦場で拾った写真の女性を探した。

とある町の犬舎が写真に写っている建物だということを発見したローガンは、犬舎のスタッフとして経営者である写真の女性・べス(テイラー・シリング)の下で働くことになった。

ベスとの信頼関係を築いていき、次第にべスに惹かれていくローガンだったが、ベスの元夫キース(ジェイ・R・ファーガソン)がベスに付きまとう。

ローガンがベスの写真をもっていることに気づいたキースは写真を盗み出し、ローガンはベスのストーカーだと告げるとベスは怒り、ローガンを追い出してしまう…

という感じです。
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 20:00Comments(0)映画

2020年07月07日

コメディを貫きつつもうまくオチをつけました!(『メン・イン・ブラック3』)

お金を背負う男性
acworksさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は映画『メン・イン・ブラック3』についての感想を書きたいと思います。

まずはあらすじ。

いつものようにエイリアンに関する任務をこなすエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)とエージェントJ(ウィル・スミス)。

しかしこの日、Kは過去に捕まえて刑務所に入れた凶悪エイリアン・ボリス(ジェイマン・クレメント)が脱獄したことを知る。

JがMIB本部に戻ったところ、相棒のKがいつの間にか別人になっていた。

不審に思い、いろいろな人にKのことをきくも、誰も知らない。

エージェントO(エマ・トンプソン)にきいたところやっとKの情報にたどり着くことができたが、Kは40年前に殉職したという。

Jは、ボリスによって改変されてしまった歴史を正すため、そして、40年前に死んだことになってしまったKを死なせないため、タイムトラベルによって過去に向かうのであった。

ということで、


↓こちらの映画について書いています。

メン・イン・ブラック 3 (字幕版) 


  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 20:00Comments(0)映画

2020年04月18日

不安な社会情勢を忘れさせてくれる、スカッとする映画!(『メン・イン・ブラック』)

ビジネスマン人形
acworksさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は映画『メン・イン・ブラック』第1作目のご紹介です。

1997(平成9)年公開のこの映画は当時アメリカで流布していた都市伝説のパロディとして作られた映画です。

宇宙人やUFOの目撃談は古今東西で事欠きませんが、アメリカでは宇宙人やUFOを目撃すると、どこからともなく黒服の男たちがやってきて、目撃したことを他人に話さないように監視下に置かれる、という都市伝説です。

以前、第2作目をご紹介したときにも書きましたが、このシリーズのいいところは「ただ単純に笑える」というところですかね。

新型コロナウィルス対策として緊急事態宣言が出されている昨今、暗いニュースばかり流れて鬱々としている方も多いと思います。

こんな時にはとにかく何も考えずに「笑う」のがいちばん!

関連記事:
何も考えずにただ楽しみたい人にお勧めの映画!(『メン・イン・ブラックⅡ』)

関連記事:
コメディを貫きつつもうまくオチをつけました!(『メン・イン・ブラック3』)

ということで、
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 21:00Comments(0)映画

2020年01月13日

何も考えずにただ楽しみたい人にお勧めの映画!(『メン・イン・ブラックⅡ』)

スーツの人
acworksさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は映画『メン・イン・ブラック 2』についてのレビューです。

まずはあらすじ。
経験を積みMBのトップエージェントとなったJは、さまざまな相棒と組むもうまくいかず、任務終了後に相棒の記憶を消す日々が続いていた。

そんな中、「ザルタの光」なるものを狙う謎の宇宙人と遭遇した。

謎のエイリアンが「ザルタの光」を手に入れるのを防ぐため、Jは犬の姿をした宇宙人フランクと事件解決のため奔走するもうまくいかず。

ついに、かつての相棒エージェントKを連れ戻し、再びタッグを組むのであった。


というわけで、


関連記事:
不安な社会情勢を忘れさせてくれる、スカッとする映画!(『メン・イン・ブラック』)

関連記事:
コメディを貫きつつもうまくオチをつけました!(『メン・イン・ブラック3』)


↓こちらの映画について書いています。

メン・イン・ブラック2 (吹替版)


  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 22:00Comments(0)映画

2019年10月25日

『君に届け』

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は映画『君に届け』の感想なのですが、いかんせん、見たのが3年前なのでほとんど何も覚えていないんですよね笑

とりあえずあらすじ。

暗い性格で映画『リング』に由来して「貞子」と渾名される黒沼爽子(多部未華子)は陰鬱なまま高校生となるが、千鶴(蓮佛美沙子)、矢野あやね(夏菜)らと仲良くなるにつれて、徐々に他人に心を開いていく。そんな中、爽子がひそかに思いを寄せる風早翔太(三浦春馬)は誰にでも分け隔てなく接する人気者であったが、前向きな爽子に心を惹かれていく。

といった、書いていて恥ずかしくなるようなあらすじです笑
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 22:00Comments(0)映画

2019年08月06日

『エンド・オブ・バイオレンス』

監視カメラ
photo by 写真AC


皆さんこんばんは。
今回は映画『エンド・オブ・バイオレンス』の感想です。

まずはあらすじ。
映画プロデューサーのマイク・マックス(ビル・プルマン)はバイオレンス映画の撮影を行っていた。スタントマンがけがをしてしまったり、仕事に打ち込むあまり妻とはうまくいかなかったりと問題を抱えるマイクであったが、ある日突然誘拐されてしまう。高速道路の高架下でチンピラ2人に殺されかけるマイクの様子がFBIの監視カメラに映されていた。監視システムの設計者レイ・ベーリング(ガブリエル・バーン)はその映像を見ていたが、突然映像はFBI幹部からの中継に切り替わり、高架下には首のないチンピラ2人の死体があるだけで、マイクの消息は不明となった。

という感じのミステリー映画です。
以下、ネタバレ注意です。
  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 19:00Comments(0)映画

2019年05月14日

『ライセンス・トゥ・ウェディング』

花嫁
photo by フリー素材屋Hoshino


皆さんこんばんは。
今回は題名の通り映画『ライセンス・トゥ・ウェディング』についてです。

まずはあらすじ。
恋人ベン(ジョン・クラシンスキー)との結婚を決めたセイディー(マンディ・ムーア)だったが、幼い頃から結婚式をするならここと決めていた教会の牧師フランク(ロビン・ウィリアムズ)は変わり者だった。結婚した夫婦の実に半数が離婚に至るというアメリカで、離婚を防ぐために結婚を決めた二人に試練を与えるフランクだったが、その試練の数々にベンとセイディーは音を上げかける…
という感じです。

  続きを読む


Posted by 鷲谷 城州 at 22:00Comments(0)映画