さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2021年05月11日

『青天を衝け』第6回―美賀君の血筋

天然理心流 木刀


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第6回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について
・第3回―平岡家について ・第4回―阿部家について
・第5回―藤田家について


まずはあらすじ。

安政2(1855)年、水戸学の大家・藤田東湖(渡辺いっけい)の死に衝撃を受ける渋沢栄一(吉沢亮)であったが、低い身分から身を起こした高祖劉邦、豊太閤や、小大名から征夷大将軍に成り上がった東照大権現らの事績を恃みに日々勉学に、家業に励むのであった。

そんな栄一に、尾高惇忠(田辺誠一)らの妹・千代(橋本愛)は意図せず想いを告げてしまい、戸惑う二人であった。

ある日、血洗島・尾高惇忠の道場に道場破りが現れた。

江戸・千葉道場出身の真田範之助(板橋駿谷)という男であった。

渋沢喜作(高良健吾)、栄一ともに敗れるが、惇忠の弟・長七郎(満島真之介)が勝利した。

その夜、範之助と語らった栄一らは、範之助から「尊王攘夷」という言葉を教わるのであった。

一方、幕府は下田にやってきた米外交官ハリス(チャールズ・グラバー)が通商条約を結ぶまで動かない、と主張していることに困り果てていた。

老中・阿部伊勢守正弘(大谷亮平)はもはや条約を結ぶしかないと弱気になるが、海防参与(軍制改革参与)徳川権中納言斉昭(竹中直人)は強行に攘夷を主張する。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年05月03日

『青天を衝け』第5回―藤田家について

千波湖・桜川


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第5回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について
・第3回―平岡家について ・第4回―阿部家について


まずはあらすじ。

嘉永7(1854)年、血洗島の渋沢栄一(吉沢亮)の姉・なか(村川絵梨)に縁談がもたらされた。
しかし、叔母のまさ(朝加真由美)は縁談相手の家が「狐憑き」の家だと言い、破談にした方がいいという。

そのことでなかはふさぎ込み、呆然として歩く様子が目撃されるようになった。

この頃各地で地震が頻発しており、下田沖に停泊していたロシア軍艦が転覆した。

ロシア人を助けようという阿部伊勢守正弘(大谷亮平)に向かい、徳川権中納言斉昭(竹中直人)は夷狄を皆殺しにせよというが、藤田東湖(渡辺いっけい)は「夷狄にも家族や友人がいる」と諫言した。

そんな東湖の「諍臣」としての姿に平岡円四郎(堤真一)は感銘を受けるのであった。

一方、血洗島では栄一の叔母・まさが修験者たちを連れて栄一の家にやってきた。

姉・なかの件でお祓いをしてもらうという。

修験者一行の口寄せによると渋沢家には無縁仏がいるそうで、それを祀るため祠を建てた方がよいと言われた。

集まった村人たちは納得しかけるが、栄一が矛盾を突いたことで修験者たちの嘘が発覚し、ことなきを得るのであった。

翌1855(安政2)年、江戸を大地震が襲い、徳川斉昭の諍臣であり友であった藤田東湖が犠牲となった。
斉昭は慟哭するのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年04月25日

『青天を衝け』第4回―阿部家について

渋沢邸


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第4回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について
・第3回―平岡家について


まずはあらすじ。

嘉永6(1853)年、12代将軍・徳川左府家慶(吉幾三)が亡くなり、四男・右大将家祥(渡辺大知)が将軍職に就き13代将軍・徳川内大臣家定となった。

次期将軍にと推される刑部卿一橋慶喜(草彅剛)は相変わらず将軍継嗣への意欲を見せなかったが、父・権中納言斉昭(竹中直人)の差し金で小姓となった平岡円四郎(堤真一)には笑顔を見せていた。

一方、血洗島で仕事に精を出していた渋沢栄一(吉沢亮)は、藍農家の一年の労苦をねぎらう宴を催す役を担うことになった。
通常であれば宴の上座には最年長の角兵衛(渡辺哲)が座るはずであった。

しかし栄一は、権兵衛(永野宗典)を上座に座らせ、角兵衛を下座に座らせた。

場は騒然となったが、栄一は一番質のいい藍葉を作った権兵衛を上座に座らせたという。
一触即発の雰囲気となった一座であったが、角兵衛が権兵衛に「どこで〆粕を買ったか教えやがれい。来年こそはわしが大関になってみせるんべえ」と宣言したことにより、盛り上がりを見せた。

嘉永7(1854)年、マシュー・ペリー(モーリー・ロバートソン)が二度目の来日を果たした。

大統領の誕生日を祝う祝砲に恐れをなした幕府は、ついに開国へと舵を切るのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年04月21日

『青天を衝け』第3回―平岡家について

江戸の街並み


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第3回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について ・第2回―身分秩序について


まずはあらすじ。

嘉永6(1854)年、父・渋沢市郎右衛門(小林薫)に連れられ江戸を訪れた栄一(吉沢亮)は、人の多さと町の様子に「この町は商いでできてる!お武家様がまるで脇役だ!」と感動を口にした。

それを「聞き捨てならねえ」と咎める武士がいた。
平岡円四郎(堤真一)であった。

血洗島では丹精込めて育てた藍葉が虫に食われるという災厄に見舞われていた。
残っている藍葉ではとても生計が成り立たないため、市郎右衛門は上州へ藍葉の買い付けに向かった。

血洗島に残った栄一は、何とか父の助けになりたいと、信州に藍葉の買い付けに行かせてくれと母・ゑい(和久井映見)に懇願する。

栄一の懇願に心を打たれたゑいは、栄一にへそくりを託し、信州へと見送った。

江戸城では将軍家・徳川左府家慶(吉幾三)が亡くなった。

父・徳川斉昭(竹中直人)に次期将軍にと薦められていた七男・刑部卿慶喜(草彅剛)はそれを断った。
父の傀儡とされることを見抜いていたのである。

そんな慶喜の行く末を心配した斉昭は慶喜に直言の臣をつけようと画策し、名前が挙がった人物が平岡円四郎であった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年04月13日

『青天を衝け』第2回―身分秩序について

黒船


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第2回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『青天を衝け』の楽しみ方】
・第1回―渋沢家について


まずはあらすじ。

嘉永2(1849)年、9歳になった渋沢栄一(小林優仁)は父・市郎右衛門(小林薫)の仕事を手伝い、信濃国豊村での藍葉の買い付けに同行した。

父の仕事を覚えていく栄一だったが、ある日、岡部藩の代官・利根吉春(酒向芳)より藩の道の整備のために人足100人を出せという命令を伝えられた。

その時期は血洗島にとって繁忙期であり、この時期に仕事に精を出さねば生活が苦しくなるのだが、そういった百姓の事情に一切耳を貸さない利根に対し、栄一は憤慨した。

嘉永6(1854)年、成長した栄一(吉沢亮)は従兄の尾高新五郎惇忠(田辺誠一)の下で剣術や学問に明け暮れていた。

姉のなか(村川絵梨)や父に叱られつつ、仕事にも精を出すのであった。

そんな中、日本にはアメリカからの使者マシュー・ペリー(モーリー・ロバートソン)が迫っていた。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(2)テレビ

2021年04月05日

『青天を衝け』第1回―渋沢家について

深谷駅


皆さんこんばんは。
今回は令和3年の大河ドラマ『青天を衝け』第1回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!



まずはあらすじ。

文久4(1864)年、京。
渋沢栄一(吉沢亮)と渋沢喜作(高良健吾)は駆けだした。

駆けだした先には徳川権中納言慶喜(草彅剛)がいた。
栄一と喜作は慶喜の前に跪き、取り立ててもらうよう訴えた。

天保15(1844)年、武蔵国血洗島。
4歳の栄一(小林優仁)は父・市郎右衛門(小林薫)から神君・徳川家康公の教えを受け、従兄の尾高新五郎惇忠(田辺誠一)から漢籍などを教わっていた。

ある日栄一は、喜作(石澤柊斗)や新五郎の弟・長七郎(須東煌世)ら幼馴染と遊んでいた。
そんな中、新五郎・長七郎らの妹・千代(岩﨑愛子)のくしが川に流されてしまった。

千代と栄一は必死で追いかけるも追いつけずにいたが、それをある人物が拾った。

罪人として岡部藩に捕縛されたが、それを逃れてきた高島秋帆(玉木宏)であった。

秋帆の存在が気になった栄一は、夜半、長七郎らと藩の牢を見に行った。
そこで秋帆と会話することができた栄一は、日本の行く末を心配する秋帆の考えを深く記憶に刻み込んだのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(2)テレビ

2021年04月01日

『麒麟がくる』第44回―南光坊天海について

喜多院


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第44回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回―当時の三傑と明智家/リアルな戦の描写 ・第3~4回―美濃の情勢/織田家の状況
・第5~6回―当時の京都の情勢 ・第7~8回―尾張国内の政治情勢/当時の三河情勢
・第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係 ・第11~12回―なぜ朽木谷か?/信長家臣団の萌芽
・第13~14回―戦国最強の傭兵団/村木砦の戦い ・第15~16回―織田一族の関係性/新九郎高政の重臣たち
・第17~18回―斎藤家の血族関係/永禄元年までの織田家 ・第19~20回―足利将軍家の動き/桶狭間の戦い
・第21回―松平蔵人の親族
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回―斎藤道三二代説/前田利家の生涯
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)
・第37回―足利家について(2) ・第38回―斎藤内蔵助について
・第39回―原田備中守について ・第40回―松永弾正の茶器
・第41回―赤井悪右衛門について ・第42回―荒木摂津守について
・第43回―波多野家について


まずはあらすじ。

天正10(1582)年5月、徳川右近衛権少将家康(風間俊介)の饗応役を解かれた明智日向守(十兵衛)光秀(長谷川博己)は安土城にて、織田前右大臣信長(染谷将太)から、饗応時に叱った理由を聞かされていた。

信長は、家康の反応を見たかったのだという。

また信長は、四国の長宗我部を攻めるという。
羽柴筑前守秀吉(佐々木蔵之介)が言うには、中国攻めに当たって長宗我部の動きが危なく、中国攻めに集中できないというのが理由であった。

長宗我部家は十兵衛が窓口となり、融和政策を進めていた相手である。
また、十兵衛の家臣・斎藤内蔵助利三(須賀貴匡)の異父妹の嫁ぎ先でもある。

さらに信長は、十兵衛に将軍家・足利権大納言義昭(滝藤賢一)を殺せという。

6月、十兵衛は、わずかな手勢で京に入った信長の居所・本能寺を目指して行動を開始した。
世にいう「本能寺の変」の勃発である。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年03月24日

『麒麟がくる』第43回―波多野家について

安土城


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第43回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回―当時の三傑と明智家/リアルな戦の描写 ・第3~4回―美濃の情勢/織田家の状況
・第5~6回―当時の京都の情勢 ・第7~8回―尾張国内の政治情勢/当時の三河情勢
・第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係 ・第11~12回―なぜ朽木谷か?/信長家臣団の萌芽
・第13~14回―戦国最強の傭兵団/村木砦の戦い ・第15~16回―織田一族の関係性/新九郎高政の重臣たち
・第17~18回―斎藤家の血族関係/永禄元年までの織田家 ・第19~20回―足利将軍家の動き/桶狭間の戦い
・第21回―松平蔵人の親族
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回―斎藤道三二代説/前田利家の生涯
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)
・第37回―足利家について(2) ・第38回―斎藤内蔵助について
・第39回―原田備中守について ・第40回―松永弾正の茶器
・第41回―赤井悪右衛門について ・第42回―荒木摂津守について


まずはあらすじ。

天正7(1579)年、ようやく丹波を平定した明智十兵衛(日向守)光秀(長谷川博己)。
十兵衛は最後まで抵抗した波多野兄弟を許し、主君・織田前右大臣信長(染谷将太)のいる安土城へ送った。

その後十兵衛は与力・細川兵部大輔藤孝(眞島秀和)とともに丹波・丹後平定の挨拶に安土城を訪れるが、そこで塩漬けにされた波多野兄弟の首を見せられ驚愕するのであった。

その時信長から、彼が以前から画策していた帝(坂東玉三郎)の譲位の前段階として春宮(加藤清史郎)に二条の新御所にお渡りいただくと告げられ、その奉行を命じられる。
十兵衛と藤孝はその行き過ぎた信長の行動に疑問を感じる。

天正8(1580)年4月にはついに大坂本願寺が降服したが、その本願寺攻めの総大将だった佐久間右衛門尉信盛(金子ノブアキ)が追放された。
十兵衛はそのころ、自分が月まで届く樹を切ろうとしている不思議な夢を見るようになった。
その樹のはるか上の方には主君・信長がおり、月を目指して登っているのであった。

天正10(1582)年3月には織田家は甲信の雄・武田家を滅ぼし、長年武田家と対峙してきた徳川権右少将家康(風間俊介)をねぎらうため、十兵衛はその饗応役に任命された。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年03月16日

『麒麟がくる』第42回―荒木摂津守について

有岡城 石垣


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第42回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回―当時の京都の情勢 ・第7~8回―尾張国内の政治情勢/当時の三河情勢
・第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係 ・第11~12回―なぜ朽木谷か?/信長家臣団の萌芽
・第13~14回―戦国最強の傭兵団/村木砦の戦い ・第15~16回―織田一族の関係性/新九郎高政の重臣たち
・第17~18回―斎藤家の血族関係/永禄元年までの織田家 ・第19~20回―足利将軍家の動き/桶狭間の戦い
・第21回―松平蔵人の親族
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回―斎藤道三二代説/前田利家の生涯
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)
・第37回―足利家について(2) ・第38回―斎藤内蔵助について
・第39回―原田備中守について ・第40回―松永弾正の茶器
・第41回―赤井悪右衛門について


まずはあらすじ。

天正6(1578)年、摂津を任されていた荒木摂津守村重(松角洋平)が織田前右大将信長(染谷将太)に反旗を翻した。

明智十兵衛(日向守)光秀(長谷川博己)と羽柴筑前守秀吉(佐々木蔵之介)は摂津・有岡城を訪れ村重を説得するも、通じず。

反乱の理由のひとつに将軍家・足利権大納言義昭(滝藤賢一)の存在があることを知った十兵衛は、備後・鞆に義昭を訪れる。

鞆から戻った十兵衛は、村重を説得することができず、信長自らによる村重討伐が始まった。

荒木村重を攻めている最中に、十兵衛は徳川権右少将家康(風間俊介)に呼び出され、海上で会見した。
家康は信長より、武田家へ内通している疑いのある妻子を殺すよう言われていた。

京都へ戻った十兵衛は信長に会い、家康への仕打ちに異を唱える。
しかし逆に、帝に謁見していたことを指摘され、何を話したかを訊かれる。

決して他言はできない、と固く口を閉ざす十兵衛は信長からの打擲(ちょうちゃく)を受けるのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2021年03月12日

『麒麟がくる』第41回―赤井悪右衛門について

満月
István MihályによるPixabayからの画像


皆さんこんばんは。
今回は令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』第41回に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回 ・第3~4回
・第5~6回 ・第7~8回
・第9~10回―土岐一族とは/織田家の血縁関係 ・第11~12回―なぜ朽木谷か?/信長家臣団の萌芽
・第13~14回―戦国最強の傭兵団/村木砦の戦い ・第15~16回―織田一族の関係性/新九郎高政の重臣たち
・第17~18回―斎藤家の血族関係/永禄元年までの織田家 ・第19~20回―足利将軍家の動き/桶狭間の戦い
・第21回―松平蔵人の親族
・『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回―斎藤道三二代説/前田利家の生涯
・『麒麟がくるまでお待ちください』第4回―羽柴藤吉郎の名称
・総集編第1回 ・第22回―三好氏の血縁関係
・第23回―三好氏の血縁関係(2) ・第24回―剣豪の系譜
・第25回―朝倉氏の系譜・第26回―摂関家の系譜
・第27回―会合衆とは何者か? ・第28回―摂津晴門とは何者?
・第29回―押領と何か・第30回―三淵氏の来歴
・第31回―浅井家の来歴 ・第32回―森可成とは?
・第33回―延暦寺の歴史 ・第34回―松永弾正の出自
・第35回―細川藤孝について ・第36回―足利家について(1)
・第37回―足利家について(2) ・第38回―斎藤内蔵助について
・第39回―原田備中守について ・第40回―松永弾正の茶器


まずはあらすじ。

天正6(1578)年、丹波国衆を次々と降していく明智十兵衛(日向守)光秀(長谷川博己)。
引き立てられてくる国衆たちに丹波の再興を託し解放するが、彼らのバックに将軍家・足利権大納言義昭(滝藤賢一)がいることを知るのであった。

京都の自邸の戻った十兵衛は、羽柴筑前守秀吉(佐々木蔵之介)の訪問を受ける。
播磨へ出陣する前にあいさつに訪れたという秀吉に対し、十兵衛は一言釘をさす。
十兵衛が松永弾正久秀(吉田鋼太郎)から名器・平蜘蛛を受け取ったという情報を掴み、織田前右大将信長(染谷将太)に告げ口をしたのは秀吉だったのだ。

十兵衛は、安土城に向かい信長に平蜘蛛を見せた。
平蜘蛛をもつ者は「いかなる折も誇りを失わぬ者、志高き者、心美しきものであるべき」という久秀の言葉を伝えるが、信長はその平蜘蛛を売るという。

その後、帝(坂東玉三郎)に謁見する十兵衛。
帝は、月へ上って閉じ込められてしまった「桂男」の話を引用し、信長が「桂男」とならないようしかと見届けよ、と十兵衛に命じるのであった。

ということで、


  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ