さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年03月28日

相手の思考をある程度トレースできないと人にものを教えることはできない

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は記事「中1の家庭教師バイトが嘆く「まじでもうヤバい。円の円周をどうやっても理解しない」に共感の声多数」を読んで感じたことを書きます。

記事の概要としては家庭教師をやっている投稿者がおバカな中1の教え子に対して円周を教えているのですが、どう教えても理解しないので困っている、というような内容です。
(正確なところは上記をお読みください)

これに関してすごく思うのが(教育業界ではよく言われていることですが)、「数学が得意な人は数学ができない子を教えることはできない」ということです。

これについては上記のような教育業界だけではなく、一般的に「人に教える」行為をするときに重要なキーワードが関わってくるのですが、それは「思考のトレース」です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年03月24日

各合戦の動員人数について(5)川越城の合戦

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの5回目で「川越城の合戦」についてです。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の長谷圭剛氏の記事を参考にしています。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦

「川越の合戦」はどんな戦いかというと…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)趣味

2018年03月20日

洗濯機を分解した(2)(TOSHIBA AW-70GM)

洗濯機


皆さんこんばんは。
今回も題名の通り、「洗濯機を分解した」話ですが、前回に引き続き分解したのは2回目ですね。

ですが、時間としては前回は平成28年の夏で、今回の分は平成29年の5月なので9~10ヶ月の月日が流れています。
前回直してから1年弱もったんですよ 笑

で、今回はどんな異常が起こったのかというと…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年03月16日

旧曲公開!(I Feel Glad)




皆さんこんばんは。
今回も題名の通り、「I Feel Glad」という旧曲を公開したよというお話です。

この曲は元々、僕が中学3年生のとき(平成9年、1997年)にビートルズみたいになりたいと思って作った歌詞を基に、高校2年のとき(平成11年、1999年)にアコースティックギターで曲をつけたのものです。

当時のアレンジとしてはアコースティックギター、メインボーカルのほかにコーラスとエレクトリックギターが入り、ベースを入れたかどうかは覚えていません 笑

今回はその作品を基に、平成23(2011)年に作った自作RPG「IGUSA」の城の場面のBGMとして復活させたものです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)バンド・創作活動

2018年03月12日

『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第36~40回までの感想を書きます。

まずはあらすじ。

今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)が和睦したことで小康を迎えた遠江。近藤康用(橋本じゅん)を看病することで信頼を得た井伊直虎(柴崎コウ)は、井伊の家臣たちを受け入れてもいいという康用の言葉に感動する。一方で、松下常慶(和田正人)により、虎松(寺田心)を松下清景(古舘寛治)の養子に迎え入れたいという話が持ち上がる。直虎は、南渓和尚(小林薫)の助言もあって、結局井伊家再興をあきらめ、家臣の大半は近藤家に仕えることとなり、虎松は松下家に養子に入ることになった。

ようやく平和を手にしたかに見えた井伊谷だが、北条氏康が死に、北条家と同盟を結んだ武田信玄(松平健)が遠江に侵攻してきたことでその平和は破られた。龍雲丸と堺に行くことをとどまったおとわは井伊谷の百姓を逃がし、南渓和尚は近藤康用に武田に降伏することを勧めるが康用は拒否。井伊谷城に火を放って落ち延びた。

三方ヶ原の戦いが終わり、武田家に支配されたかに見えた井伊谷。しかし、突如信玄が死んだことで武田軍は撤退し、井伊谷は再び徳川家の支配下に戻る。井伊谷に人的犠牲をほぼ出さずに戦を乗り切ったおとわ(直虎)。堺に向かおうとする龍雲丸。結局、龍雲丸はおとわを置いて堺へ行き、おとわは井伊谷に残ることとなった。

時が経ち、井伊直親(三浦春馬)の十三回忌に集まる一同。そこにはしの(貫地谷しほり)やなつ(山口紗弥加)、奥山六左衛門(田中美央)のほかに、成長した松下虎松(菅田将暉)、奥山亥之助(井之脇海)の姿があった。井伊家再興の夢を捨てきれない虎松は、松下家からの推薦を利用して、井伊虎松として徳川家康の小姓となるよう画策する。しかし、井伊に復姓することには成功したものの、小姓ではなく草履番として仕えることになった。

草履番として懸命に働く万千代と小野万福(=奥山亥之助、井之脇海)。松下家では万千代が井伊に復姓したことで大騒ぎとなり、おとわに万千代を説得するように依頼する。万千代を説得するために浜松を訪れたおとわは、万福と徳川家康の話を聞くことで、万千代の成長を見守ることとし、常慶を説得した。かくして、井伊万千代の破格の出世劇が始まった。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年03月08日

意味のない批判だってあるって何年も前から知ってた

天の岩戸(志摩)


皆さんこんばんは。
今回は記事「批判は人を育てない」について思ったことを書きます。

上記記事の概要は
ライターである筆者が以前、単に「面白くない」という批判だけで原稿をボツにされ精神的なショックから立ち直るのに数年かかったという経験から、(批難という意味での)単なる批判は人をだめにするだけで、成長をもたらすことはない。
というような意味の内容です。
(正確なところは上記記事を読んでください)

大いに賛成ですね。
下記ブログもぜひ読んでほしいのですが、世の中には単に相手を攻撃するためだけの「批判」が多すぎて、全然論理的議論がなされていないと思うのです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年03月04日

各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの4回目で「第一次国府台の合戦」についてです。
今回は『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の長谷圭剛氏の記事を参考にしています。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い

「第一次国府台の合戦」はどんな戦いかというと…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)趣味

2018年02月28日

洗濯機を分解した(TOSHIBA AW-70GM)

TOSHIBA AW-70GM


皆さんこんばんは。
今回も題名の通り、「洗濯機を分解した」話です。

平成30年の今この話を書いておりますが、実はこの事件が起こったのは1年半前、つまり平成28年の夏のことです。

件の洗濯機はTOSHIBA社製のAW-70GMという機種です。
買ったのは実家を出て一人暮らしを始めたときなので平成25年の11月ごろです。

なぜこの機種にしたのかというと、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年02月24日

『おんな城主直虎』、結局また面白くなくなった(第31~35回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の第31~35回の感想です。

まずはあらすじ。

今川家から井伊谷領内への徳政令を受け入れるように要求された井伊直虎(柴崎コウ)だが、小野政次(高橋一生)の策を受け入れ、徳政令を受け入れるとともに井伊谷城を退去する。従順に城を明け渡した井伊家に対し、今川氏真(尾上松也)はなおも虎松(寺田心)の首を取って井伊家を断絶せよ、と関口氏経(矢島健一)に命令した。

政次が虎松の偽首を持っていくことで事なきを得た井伊家。政次と直虎は徳川家に通じて、徳川家が井伊谷に攻め入るときに徳川家に寝返ることで、井伊家の復活を果たそうと考えていた。直虎はその旨を徳川家康(阿部サダヲ)に伝え、徳川家は近藤康用(橋本じゅん)、菅沼忠久(阪田マサノブ)、鈴木重時(菅原大吉)の井伊谷三人衆に道案内を頼み、井伊谷に侵攻し、小野家(井伊家)の徳川への寝返りは成功したかに見えたが、思わぬ妨害が入る。

近藤康用の策略により、徳川家をだました体にされた小野政次と井伊直虎。政次は逃げ、直虎は捕まったが、のち康用暗殺に失敗した政次が直虎をだましていたと発言したことにより直虎は釈放されるが、政次は処刑されることになる。南渓和尚(小林薫)は龍雲丸(柳楽優弥)を政次救出に遣るが、政次は自分が死ぬことで近藤家との禍根を断つことが本懐と言って聞かない。政次処刑の日、直虎は自ら槍を取って政次を殺し、政次の本懐を遂げさせることができた。

政次の死に一時的に錯乱をきたす直虎。政次の辞世の句を届けにきた鈴木重時によって、直虎は政次の死という現実に引戻された。一方、徳川家に対抗するために大沢基胤(嶋田久作)に占領された気賀は、瀬戸方久(ムロツヨシ)や、龍雲丸、徳川家康の気持ちとは裏腹に、酒井忠次(みのすけ)により皆殺しにされてしまう。

気賀が皆殺しにされたことを聞き駆けつけた直虎だが、結局救出できたのは瀕死の龍雲丸だけだった。必死に治療をすることで龍雲丸は息を吹き返すが、堀川城攻めで鈴木重時は死に、近藤康用は重傷を負った。直虎は初めは躊躇するも、井伊谷を乗っ取った康用の治療を懸命に行った。一方、徳川家康は掛川城の今川氏真と和睦して遠江全域を治めることに成功し、それを聞きつけた武田信玄(松平健)は激怒した。

という内容です。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年02月20日

子どものころ読んでいた本

十五少年漂流記


皆さんこんばんは。
今回は記事「小学生の頃にどんな本を読んでいたか」に触発されて、自分が子どものころ読んでいた本について書こうと思います。

ブログ上ではあんまり自分の話は書かないようにしているのですが(多分、読んでも面白くないだろうと思って)、たまにはこういう平和的な内容もいいかなと思いまして 笑

あとは、子どものころに読んだ本によってだいぶ年代がわかるというトラップも面白いですね 笑

ちなみに、僕は今でこそ毎晩本を読んでいますが、小学校4年生くらいまでは本を読むのが大嫌いでした。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)