さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年07月26日

『西郷どん』、奄美編、面白いじゃないか!(第18~20回)

安土城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第18~20回の感想です。

まずはあらすじ。

僧月照(尾上菊之助)と入水自殺を図るも一人生き残った西郷吉之助(鈴木亮平)は、絶望の中、安政の大獄から逃れるために奄美大島に送られた。吉之助は大島で島民と打ち解けようとはせず、自暴自棄の日々を過ごしていた。そんな中、とぅま(二階堂ふみ)と出会うが心を開くことはしなかった。しかし、ある日徴税に来た薩摩藩の役人田中雄之介(近藤芳正)らの横暴に耐えかね、暴発してしまう。

吉之助の大病を必死で看護したとぅま。そのとぅまのおかげで島民に心を開く吉之助だが、とぅまの叔父である龍佐民(柄本明)と兄富堅(高橋努)が砂糖隠しの嫌疑で田中雄之介につかまってしまう。彼らを助けるために武装蜂起したとぅまらだが、結局とぅまもつかまってしまう。吉之助はそれを助け出し、島民からの信頼は厚いものとなっていった。吉之助はとぅまを妻として迎えることなり、とぅまは「愛加那」と名を改めた。

吉之助が島民たちとの絆を深めている間、大久保正助(瑛太)は島津斉興(鹿賀丈史)・久光(青木崇高)父子に近づいていた。有村俊斎(高橋光臣)ら過激派の面々は井伊直弼(佐野史郎)らを斬ろうと奮い立つが、久光がもち込んだ茂久(中島来星)の書状によって突出を断念した。俊斎らは「精忠組」と名づけられ、その活動を久光・茂久に認められ喜ぶ反面、正助が自分たちの活動を久光らに密告していると感づき、裏切り者と謗るのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年07月22日

プライベートを犠牲にしてまで働く必要はない

通勤
photo by 無料ホームページ作成用素材 フリー素材屋Hoshino


皆さんこんばんは。
今回は記事「(フォーラム)先生、忙しすぎ?:1 実態は」について思ったことを書きます。

まぁ、記事としては題名の通り、忙しくて心身ともに蝕まれていく教師たちについて書いているんですが、僕自身も残業をすることには反対です。
もちろん、好きで残業している人はいいのですが。

なぜ「望まぬ残業」をしなくてはいけないか、ということを根本的に考えないといけないと思っています。
(参考:「残業について」)

※従業員の観点です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年07月18日

2018年07月14日

カバンよ、さようなら

カバン


皆さんこんばんは。
今回は「カバンよ、さようなら」ということで、愛用のカバンを捨てた話です。

写真で伝わるかなと思いますが、肩掛けの小さなカバンです。
このカバンを買ったのは平成24年の暮れだった気がします。

その頃ちょうど使っていたビジネスバッグのジッパー部分が壊れてしまって、別のビジネスバッグに買い換えたのですが、そのビジネスバッグに財布などを入れるスペースがなかったか何かで、サイドバッグとして買ったのが今回のカバンです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年07月10日

『西郷どん』、月照になぜヒゲが生えない?!(第17回)

琵琶湖


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第17回の感想です。

まずはあらすじ。

井伊直弼(佐野史郎)による安政の大獄の中で僧月照(尾上菊之助)を守りながら都から薩摩を目指す西郷吉之助(鈴木亮平)。薩摩では島津斉彬(渡辺謙)の死を受けて、弟久光(青木崇高)の子茂久(中島来星)が跡を継ぐこととなり、久光は斉彬の遺志を継ぐことを誓う。しかし、斉彬の政治を快く思っていなかった父斉興(鹿賀丈史)は久光を抑えて実権を握り、吉之助と月照の処刑を決定する。大久保正助(瑛太)の助命嘆願によって月照を斬るとの条件で助命されることとなった吉之助だが、結局月照とともに入水してしまう。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年07月06日

ほとんどの就職面接は無意味であり、ほとんどの面接官は何も判断できていない

東京ミッドタウン
photo by 無料ホームページ作成用素材 フリー素材屋Hoshino


皆さんこんばんは。
今回は記事「面接のコツ 面接で聞きたいのは『なぜ、あなたが?』」を読んで感じたことを書きますが、その前に、僕が「面接」そのものについて思っていることを書きたいと思います。

はっきり言いますが、人の能力を判断する上では一度や二度の面接なんてまったく無意味だと思っています。
確かに、単純な相性を直感的に探る上では有効な部分もあります。
それに、明らかに雰囲気がおかしいとか、会話が成立しないくらい頭が悪い、もしくはコミュニケーションが下手な人(コミュニケーション能力があまりに低いと仕事に支障が出る場合がある)をふるい落とすことはできると思います。

しかし、相手の「能力」までは面接じゃ判断できませんよ。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年07月02日

2018年06月28日

ブルーレット ドボン

ブルーレット ドボン


皆さんこんばんは。
今回はまた題名の通り「ブルーレット ドボン」を買いましたよというお話。

我が家ではもともと「ブルーレット 置くだけ」を使用しておりまして(もちろんブルーミント)、それで数年間問題ないと思っていたのですが、どうもタンク内が汚れているようで、どうにかタンク内を洗浄できる安い洗浄剤はないかなと思って、買ってみました。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年06月24日

『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回)

観音寺城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第13~16回の感想です。

まずはあらすじ。

安政大地震により輿入れが延期となった篤姫(北川景子)であったが、西郷吉之助(鈴木亮平)の尽力により一年で嫁入り道具をそろえることができ、徳川家定(又吉直樹)の御台所となることができた。吉之助を含めた島津斉彬(渡辺謙)一行は薩摩に凱旋帰国し、吉之助は家族や仲間たちに迎えられる。親友大久保正助(瑛太)が妻を迎えることとなり、喜びに沸く吉之助たちだったが、吉之助は、老中阿部正弘(藤木直人)の死により、一橋慶喜(松田翔太)の将軍就任が絶望的となったという知らせを聞き、江戸に向かう。

正助と別れた吉之助は江戸に向かい、斉彬の命により松平慶永(津田寛治)や橋本左内(風間俊介)と協力し、慶喜の将軍就任を画策する。一方で斉彬は建白書を幕府に提出し、慶喜の将軍就任を訴えるが、そのことで将軍家定の母本寿院(泉ピン子)は激怒。しかし、家定は篤姫の説得に応じ、慶喜の将軍就任を決定する。当の慶喜本人は将軍に就任することを固辞していたが、暴漢に襲われて井伊直弼(佐野史郎)と会ったことで覚悟が決まり、将軍就任を受け入れる。

次期将軍は慶喜という流れになり、勝利したかに見えた斉彬ら一橋派であったが、将軍家定の突然の死により直弼が大老に就任し、将軍には紀州藩主徳川慶福(荒木飛羽)が就任した。それにより斉彬と吉之助は絶望の淵に立たされるが、正助の一言で吉之助は奮起し、斉彬に挙兵して京に向かい、天子様を動かすという献策をした。その下準備のため先に京に向かった吉之助だが、その間に斉彬は急死してしまう。

京にて近衛忠煕(国広富之)、月照(尾上菊之助)らとともに斉彬の出兵準備を進める吉之助だったが、斉彬の訃報に接し、切腹を決意する。一方、挙兵の密勅が下ったという情報をつかんだ直弼は、旧一橋派への大弾圧を始めた。後にいう、 安政の大獄である。吉之助の自決を止めた月照だが、直弼により追っ手がかかっていることを察し、今度は吉之助の説得により薩摩へ逃れることとなった。しかし、吉之助らを逃がした左内は幕府によって捕縛されてしまう。

というわけで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年06月20日

高齢者に運転をやめてもらうよう説得する余裕などない

松江?


皆さんこんばんは。
今回は記事「『運転やめて』の前に 親の運転、大丈夫?」を読んで感じたことを書きます。

昨今、高齢化に伴うドライバーの高齢化によって事故の多発が取りざたされていますが、実際に高齢者のいる家庭では彼らにどう運転をやめさせるかが問題になっているようです。

僕自身は、身内なので手前味噌になりそうですが、祖父は80歳のときに自主的に免許を返納したし、両親は(生活上必要がなくなったのもありますが)自ら車を手放したので、あまりこの問題は身近にはならなかったのですが、ほとんどの日本人がそのうち直面する問題なのだと思います。
(自分自身が老人になる場合も含めて)
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット