さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年01月13日

何も考えずにただ楽しみたい人にお勧めの映画!(『メン・イン・ブラックⅡ』)

スーツの人
acworksさんによる写真ACからの写真


皆さんこんばんは。
今回は映画『メン・イン・ブラック 2』についてのレビューです。

まずはあらすじ。
経験を積みMBのトップエージェントとなったJは、さまざまな相棒と組むもうまくいかず、任務終了後に相棒の記憶を消す日々が続いていた。

そんな中、「ザルタの光」なるものを狙う謎の宇宙人と遭遇した。

謎のエイリアンが「ザルタの光」を手に入れるのを防ぐため、Jは犬の姿をした宇宙人フランクと事件解決のため奔走するもうまくいかず。

ついに、かつての相棒エージェントKを連れ戻し、再びタッグを組むのであった。


というわけで、


<相変わらずのコメディ満載>


1作目もそうでしたが、相変わらずのコメディ満載、というかジャンルとしては僕はコメディ映画だと思っているのですが、始終笑っていられて気が楽でした。

僕は日ごろ難解な思考回路を展開しているせいか、このようなどうでもいい映画が意外と好きです。

ただ、きっと他の映画を多数見た方が楽しめる小ネタみたいなものもたくさんあると思うので、映画通であれば映画通であるほど楽しめる映画なのだと思います。

<トミー・リー・ジョーンズが素晴らしい>


今では日本では「宇宙人ジョーンズ」として有名なトミー・リー・ジョンズ氏ですが、彼の存在感が素晴らしいですよね。

彼をよく知らない人は『沈黙の戦艦』などを見ていただきたいのですが、見事な悪役を演じていることもあります。

「宇宙人ジョーンズ」や今回の「MIB」シリーズと比べると印象の違うこと違うこと

これぞ俳優、というべきでしょうか。

とにかく素晴らしいです!

<何も考えずに見ていられるのが素晴らしい!>


そして題名でも述べていますが、全編通して何も考えずにただJとKが暴れているのを見ていられるのが素晴らしいですね。

ハリウッド映画のいいところの一つは、莫大なお金をかけて全力でコメディを作れるところでしょうね。

僕はサスペンスが一番好きなのですが、実はこういった頭を全く使わない、サスペンスとは真逆の単純な映画も好きでよく見ています。

日ごろひねりにひねった頭を休ませて、ただ笑いたい人に強くお勧めします!




モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考
いやいやえん
Three Top A

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「ビジネスに活かす戦国合戦術⑩二俣城の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Remember The Warmth Of The Tree / Sosuke Washiya










パーソナルトレーニング【Global fitness】


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(映画)の記事画像
『君に届け』
『エンド・オブ・バイオレンス』
『ライセンス・トゥ・ウェディング』
『かぐや姫の物語』
プレステージ
パフューム ある人殺しの物語
同じカテゴリー(映画)の記事
 『君に届け』 (2019-10-25 22:00)
 『エンド・オブ・バイオレンス』 (2019-08-06 19:00)
 『ライセンス・トゥ・ウェディング』 (2019-05-14 22:00)
 『かぐや姫の物語』 (2019-03-11 20:00)
 グッバイ、レーニン! (2016-02-07 12:37)
 オリバー・ツイスト (2009-12-10 16:20)

Posted by Sosuke Washiya at 22:00│Comments(0)映画
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。