さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年09月04日

各合戦の動員人数について(15)上原城の合戦

上原城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの15回目で「上原城の合戦」についてです。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の坂本徳一氏の記事を参考にしています。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦
第5弾 川越城の合戦
第6弾 第二次国府台の合戦
第7弾 ワイアットの乱
第8弾 アルマダの海戦
第9弾 ラヴェンナの戦い
第10弾 チェリニョーラの戦い
第11弾 ホルムズ占領
第12弾 ディーウ沖の海戦
第13弾 上条河原の合戦
第14弾 瀬沢の合戦

というわけで、「上原城の合戦」とはどういう戦いだったのかというと、


前回の「瀬沢の合戦」(実在が疑われていますが)で勢いを得た武田晴信勢がそのまま現在の茅野市になだれ込み、当時諏訪の領主だった諏訪頼重の拠る上原城を攻め落とした戦いです。

「瀬沢の戦い」が実在したのならば、もともと同盟関係だった諏訪氏と武田氏の関係に先に楔を入れたのは諏訪頼重ということになり、この「上原城」の戦いはそれに対する報復と受け取ることができますが、もし「瀬沢の戦い」がなかったとしたら、名目として諏訪氏と高遠氏の同族争いに介入し、諏訪氏に味方すると見せかけた晴信が、突然進路を変えて味方であるはずの諏訪氏上原城を攻め落としたことになり、悪逆非道をしたことになります(戦国時代では一族同士や同盟勢力への裏切りなんか日常茶飯事ですがね)。

そのため、晴信側としては大戦果を挙げ、その後の武田氏の信濃攻略の足がかりとなる上原城攻略ですが、(「瀬沢の戦い」なかった前提だと)諏訪氏側から見ると倫理無視で理不尽極まりない、武田氏のことしかまったく考えていないきわめて自己中心的で凶悪な戦いだったということになります。

※余談ですが、歴史ってこんな風に、ある事実があったかなかったか、どの立場に立つかによって同じ出来事の見え方がまったく変わってくるものなんです。
(そもそも「歴史」を語る上で「いい」とか「悪い」とか言うこと自体が無意味ですが。「歴史」は倫理を問う学問ではなく、何が起こったかという「事実」とそれを起こした「意図」、その出来事が同時代の人々やのちの人々へ与えた「影響」などを追究する学問ですからね)

で、肝心の動員人数ですが、まったく数字が出てきません。

ということなので、結局石高等で推理することになりますが、まずは武田軍は前回の「瀬沢の戦い」からなだれ込んでいるので約4,500人としましょう。
(何人か討ち死にしているはずではありますが、わかりません)
(参考:大国・上国・中国・下国一覧大名が動員できる人数は?

諏訪軍については前回の信濃の「3分の2」を小笠原・諏訪・木曽・村上で4等分したと考えると2,350人となります。

ですから、

・武田晴信軍:約4,500人(22万7,616石相当)
・諏訪頼重軍:約2,350人(10万2,090石相当)

ということで、城攻めの鉄則としては守勢の3倍以上の人数が必要、ということを考えると武田勢は少ないくらいです。

倍に満たないこの戦力差で上原城ほどの山城を軽く落としたとなると、武田晴信の城攻めのうまさが際立つ数字となりました。
(どこまで本当かわかりませんが)

数字だけ見るとなかなかわかりませんが、城攻めの「3倍」のセオリーを踏まえて考えると武田勢の城攻めのうまさがわかってしまうというのは面白いですね。

根拠が弱いので妄想みたいなものですがね 笑

というわけで上原城の戦いでした。
上記写真は僕が実際に上原城に登ったときの写真です。

今回登場した人物のフルネーム(参考:「武家や公家の名前について」)
・武田 大膳大夫(字は太郎) 源 朝臣 晴信
・諏訪 刑部大輔(字不明) 神(源? 平?) 朝臣 頼重



参考
こにるのお城訪問記
ちょっと山城に
武蔵の五遁、あっちへこっちへ

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「僕らはお金を使わないと生きていけないようにされている」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!
Anymore / Stoning Crows


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦
各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦
各合戦の動員人数について(13)上条河原の合戦
各合戦の動員人数について(12)ディーウ沖の海戦
各合戦の動員人数について(11)ホルムズ占領
各合戦の動員人数について(10)チェリニョーラの戦い
同じカテゴリー(趣味)の記事
 各合戦の動員人数について(16)志賀城の合戦 (2018-09-20 19:00)
 各合戦の動員人数について(14)瀬沢の合戦 (2018-08-19 19:00)
 各合戦の動員人数について(13)上条河原の合戦 (2018-08-03 19:00)
 各合戦の動員人数について(12)ディーウ沖の海戦 (2018-07-18 19:00)
 各合戦の動員人数について(11)ホルムズ占領 (2018-07-02 19:00)
 各合戦の動員人数について(10)チェリニョーラの戦い (2018-06-16 19:00)

Posted by Sosuke Washiya at 19:00│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。