さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年02月28日

洗濯機を分解した(TOSHIBA AW-70GM)

TOSHIBA AW-70GM


皆さんこんばんは。
今回も題名の通り、「洗濯機を分解した」話です。

平成30年の今この話を書いておりますが、実はこの事件が起こったのは1年半前、つまり平成28年の夏のことです。

件の洗濯機はTOSHIBA社製のAW-70GMという機種です。
買ったのは実家を出て一人暮らしを始めたときなので平成25年の11月ごろです。

なぜこの機種にしたのかというと、


洗濯機なんてものはそうしょっちゅう買い換えるものでもないから、将来的に家族が増えることを見越して7kgのサイズのものを選びました。

そして、メーカーについてもやはり10年以上もってくれることを見越して日本メーカーならまず間違いはないだろうと思ってTOSHIBAを選びました。

TOSHIBAといえば日本が誇る家電ブランドなので、まず丈夫だろうと思ったのでした。

しかし、それが間違いでした。

なんと3年弱で異常が出始めたのです。

このときはなんだかカラカラと異音が出ていて、販売店に連絡したのですが、まさかこんなに早く壊れるとは思っていなかったので、延長保証には入っていませんでした。

そのためTOSHIBAから直接点検に来るだけでも少なくとも1万円は取られるとのことで、あまりにも馬鹿らしくて、じゃあいいよ、自分で直すから、となったわけです。

ちなみに僕は電気屋でも電気技師でもありません。
ただの人です 笑

という訳で、ネットでいろいろ検索しながらカバーを開けてみました。

TOSHIBA AW-70GM

サイドのねじをはずしてガバッとやったら開きました。

そして洗浄層の底のハネとねじをはずして(確か大きなレンチを使いました)洗浄層を取り外しました。

TOSHIBA AW-70GM

底の方を見てびっくりしました。
サビサビじゃないか 笑

水を使う洗濯機に使う金属が、こんなにさびていていいのか?
防サビ加工とかないのか?
これがメイドインジャパンか?

TOSHIBA AW-70GM

洗浄層が汚れていたので、ついでに洗いました 笑

TOSHIBA AW-70GM
TOSHIBA AW-70GM

排水部分に何かが詰まっている可能性があったのでいろいろ調べたのですが、結局原因はわからず。

そのまま元に戻しました。

そして翌日使ってみたら見事直っていました!笑

しかし実は、直っていたと思ったのは見せかけで、この後しばらくしてから再起不能になるのですが、それはまた別の機会に!

「メイドインジャパン」ブランドの失墜を感じましたね。
(実はメーカー名だけジャパンで、実際に部品を作っているのは中国とか東南アジアの工場だったりするのですが、結局品質を保てていないという。。。「産業の空洞化」の一端ですね)



参考
赤い車両のクロモグ
突撃ペッパー!
はじきやまの楓

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「各合戦の動員人数について(4)第一次国府台の合戦」。

//
今期イチオシ曲!ぜひ聞いてください!


書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(買い物・もらい物)の記事画像
カバンよ、さようなら
ブルーレット ドボン
パーカーを買った(ALL STAR 紺)
パーカーを買った(ALL STAR ブラウン)
リフレッシュボールを買った
洗濯機を買った(HITACHI  VW-B70A)
同じカテゴリー(買い物・もらい物)の記事
 カバンよ、さようなら (2018-07-14 19:00)
 ブルーレット ドボン (2018-06-28 19:00)
 パーカーを買った(ALL STAR 紺) (2018-06-12 19:00)
 パーカーを買った(ALL STAR ブラウン) (2018-05-27 19:00)
 リフレッシュボールを買った (2018-04-21 19:00)
 洗濯機を買った(HITACHI VW-B70A) (2018-04-05 19:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。