さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年06月26日

吝嗇家、徳川家康



皆さん、こんばんは。
近ごろ、某前知事がせこいだの、ケチだの話題ですが、「吝嗇家」という言葉も話題に上ることが多いようです。

「吝嗇家(りんしょくか)」というのはいわゆる「ケチ」のことですが(weblio辞書)、かく言う僕も「吝嗇」です。
(実際にお金がないのもありますが;)

基本的に、物は、その機能がなくなるまで使いますね。
服など、多少人目に触れるものには気を遣いますが(といっても、ついこの間までぼろぼろの靴やスーツを着ていました。最近、必要に迫られしぶしぶ買い替えましたが…)、下着など、人目につかないものはぼろぼろになっても使います 笑

自分は自転車をもっていませんが、必要がないので買わない。
妻の自転車は10年物ですが、まだ乗れるので新しいのは買わない。
パソコンも、相当だめになってきていますが、まだ使えるので買わない。
あと、経営している方には悪いのですが、絶対にコンビニでごはんやお菓子、ジュースなどは買いませんし、自販機でも買いません。
どうしても必要であれば、スーパーで安いときに買います。
飲み水にお金を払うのもばかげているので、水も絶対に買いません。

金銭的、物理的贅沢をしてしまうと、心がおごってしまって人間性が腐るのではないかな、と思っています。
それに、人間が今くらいの生活水準を続けていると、環境問題も大変なことになるのではないかと不安ですし。
(そもそも、贅沢をするお金がないのだが…)

そして、これは多くの人がそうだと思うのですが、外食や酒の飲みすぎは僕にとって「贅沢」の部類に入るので、基本的にはしたくない。
(酒を飲んで話すのは好きですが、飲み過ぎるのは嫌いです。酔っ払って迷惑もかけますし…)

その発想の原点は何だか分かりませんが、僕が大きな影響を受けたのは「徳川家康」です。
彼の「吝嗇」は有名で、風に飛ばされた懐紙を取りに行った、ですとか、いつも米飯に麦飯を混ぜて食べていて、白米の割合が多いと激怒した、ですとか(当時は麦飯の方が安かった)、まぁ、いろいろなわけです。
(詳しくは→逸話

しかし、徳川家康の場合、「ケチ」だったのは蓄財をして政治的に本当に必要なときに派手に使うためであって、決して私的な贅沢のためではなかったわけです。

某前知事も「吝嗇家」といわれていますが、使っている内容は私的な贅沢に思えますよね。
法的に問題がないとはいえ、税金を使って贅沢をする政治家を、僕は許せません。

某前知事だけではないですよね?
国会の皆さんも、地方議会の皆さんも、他の首長の皆さんも、どうなんでしょうか?
調べられる方は、調べてみたらいかがでしょうか。
きっと、たくさん出てきますよ。

不正をしていない政治家が報われるような世の中を望みます。

参考
「吝嗇」のエピソード
NAMASTE
今日が命日・永井荷風は吝嗇家(りんしょくか)?
「吝」の字について
言葉拾い
「嗇」の字について
漢字の音符

/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「『真田丸』、21~23回」について。

//
今期イチオシ自作曲!ぜひ聞いてください!

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品





follow us in feedly
同じカテゴリー(趣味)の記事画像
記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(3)
関東の歴史観光スポットについて
記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(2)
記事「『稀に見るケチ』徳川家康が天下を取れたワケ」がひどい(2)
記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(1)
記事「『稀に見るケチ』徳川家康が天下を取れたワケ」がひどい(1)
同じカテゴリー(趣味)の記事
 記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(3) (2017-04-26 21:00)
 関東の歴史観光スポットについて (2017-04-14 21:00)
 記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(2) (2017-04-10 21:00)
 記事「『稀に見るケチ』徳川家康が天下を取れたワケ」がひどい(2) (2017-04-02 21:00)
 記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(1) (2017-03-13 21:00)
 記事「『稀に見るケチ』徳川家康が天下を取れたワケ」がひどい(1) (2017-03-05 21:00)

Posted by Sosuke Washiya at 22:01│Comments(0)趣味
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。