さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年07月16日

VAN HALENのZEPカバー

続きまして「VAN HALENのZEPカバー」…

いや、ブログのタイトルバーに入るようにつづめて「VAN HALENのZEPカバー」となったのですが、実際言いたいのは「VAN HALENがLED ZEPPELINの楽曲をカバーしたもののご紹介」というわけです。

VAN HALENはアメリカのバンド(VAN HALEN兄弟はオランダ系)、LED ZEPPELINはイギリスのバンドで、活動年はLED ZEPPELINが1968年から1980年、VAN HALENの方は1976年からメンバー交代をしつつ活動を続けているわけですが、実はちょっとかぶってるんですね。

うらやましい。

というわけで、たぶんエディ・ヴァン・ヘイレン世代のギタリストでLED ZEPPELINが嫌いな人はあんまりいないと思うんですが、イギリスのバンドLED ZEPPELINは実は本国イギリスよりもアメリカ西海岸での人気の方が高かった。

で、VAN HALENはアメリカ西海岸出身のバンド、ということで、LED ZEPPELINのお膝元なんですね。VAN HALENの誕生した地は。

で、VAN HALENLED ZEPPELINの楽曲のカバーといわれれば、「Rock And Roll」とか「Heartbreaker」とかやってそうですよね(実際やってたような感じです)。

でもそんな曲じゃつまらないわけです。

「Rock And Roll」なんて何が面白いのかわからない(いや、実際はドラムがかなり面白いことやってたりするんですが、曲自体はベタですよね)。

なので、今回ご紹介するのは「The Rover」という曲。

オリジナルは1975年、2枚組みアルバム『PHYSICAL GRAFFITI』の1枚目の2曲目です。

この曲は、ほんっとギターのための曲のような気がします。

でもドラムとベースもかなり面白いことをしている。

ただひとり、ボーカルだけはヒマ、というかメロディは基本的に全部ロバート・プラントのインプロヴィゼーションでできてる曲だと思うので、やりにくいんじゃないかな、とか思います(笑

たぶんカバーで歌っているのはデイヴィッド・リー・ロスだと思います。
VAN HALENは詳しくないのでよくわかりませんが、「JUMP」歌ってる人と同じ声な気がします)

この曲をやりたいと言い出したのはエディと、アレックス・ヴァン・ヘイレンだと思います。きっと(笑

エディ・ヴァン・ヘイレン、結構原曲に忠実にやっているのですが、やはり音の出し方がエディで笑ってしまいます。いや、これはかなりかっこいい。

ギター・ソロは、エディ・ヴァン・ヘイレンだったら完璧にインプロヴィゼーションでやった方がカッコいいと思ったのですが、これまた意外に原曲に忠実。でもエディらしさがバランスよく出てていい。

アレックスはアレックスでやりたい放題(笑

でも、おそらくヒマだったであろうデイヴィッド・リー・ロス(仮)もいい味出してると思います。

いや、僕は別にVAN HALENはそれほど好きではないんですがね。
でもエディ・ヴァン・ヘイレンが自由に弾いている感じは好きです。

ちなみにこの「The Rover」は僕も大学時代にやりました(笑
上にも書きましたが、たぶんギターとドラムはめちゃめちゃ楽しい曲です。僕も楽しかったです。
ボーカルは上に書いたとおりで、ベースはジョン・ポール・ジョーンズの真骨頂みたいなフレーズなので、完コピはめんどいと思います(笑
(ギターは原曲ではたぶんレスポールを弾いてますが、ドラムがジョン・ボーナム本人でない場合はストラトキャスターの方が合うと思う※)

当時のVTRが実は手元に残っているので、知り合いの方で万が一見たいという方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい(当時僕は19歳でしたw)

↓VAN HALENバージョン(写真はほとんどがVAN HALENで、ちょこっとLED ZEPPELIN)


↓原曲


/
記事を読んでいただき、ありがとうございました!他の記事もぜひご覧下さい。
次回は「恵比寿ガーデンプレイス」について。

人気ブログランキングへ
あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材









//
7/16 CANDY MONDAYブログ更新!!→→CANDY MONDAYの休日~we've tried to escape from the realities~

5/31 個人ホームページ休止(大幅改装予定)

1/10 クロックエンド ブログ兼BBS休止→コチラ

1/10 クロックエンド携帯用簡易版サイト休止→コチラ

1/10 クロックエンド ホームページ休止→コチラ

ボーカル、バンドスタッフ募集!!
詳しくはこちら

書籍ベストセラー
PC周辺機器・パーツ
台所用品



あなたにおススメの記事


follow us in feedly
同じカテゴリー(音楽)の記事画像
「名曲」って何?
ポケットスコア/モーツァルト「ジュピター」
ポケットスコア/モーツァルト「ハフナー」
ザ・フーのチケット
妹尾隆一郎氏 還暦&復活ライブ
妹尾隆一郎/~Wagamama CD
同じカテゴリー(音楽)の記事
 「名曲」って何? (2017-06-09 20:00)
 ポケットスコア/モーツァルト「ジュピター」 (2009-11-08 22:45)
 ポケットスコア/モーツァルト「ハフナー」 (2009-10-11 21:33)
 AEROSMITH × LED ZEPPELIN (2009-07-22 13:28)
 ザ・フーのチケット (2009-07-08 00:48)
 妹尾隆一郎氏 還暦&復活ライブ (2009-06-18 14:32)

Posted by Sosuke Washiya at 10:27│Comments(1)音楽
この記事へのコメント
本文が長くなったので、注をこっちに書きます。

※ ジミー・ペイジはチェリーサンバーストのレスポール・スタンダードの印象が強いので常にレコーディングもレスポールだろうと思ってしまいがちだが、実は意外にレスポール以外のギターでレコーディングしていることがある。

初期はテレキャスターがメインだったし、イレギュラーチューニングではダンエレクトロ、で後期はストラトキャスターも使っている。

しかも、「レスポールとストラトの音は完璧に区別がつく」という話もありますが、実は双方の特徴を強調した音作りをしていない場合、結構区別はつきにくい。

なので、ジミー・ペイジが実際にレコーディングでどの楽器を使ったかわかっていないことが結構ある(本人も忘れている)。

ただ、さすがに「The Rover」の原曲はレスポール・スタンダードの音だと思います(笑
Posted by 長十郎 at 2009年07月16日 19:29
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。