さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年09月05日

大河ドラマを楽しむ方法(14)(『麒麟がくる』総集編第1回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今年の大河ドラマ『麒麟がくる』に関しての楽しみ方を解説していたこのシリーズですが、ドラマの放送休止中の総集編放送に伴い、『麒麟がくるまでお待ちください』の楽しみ方を振り返りたいと思います。

番組を見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

【『麒麟がくる』の楽しみ方】
・第1~2回  ・第3~4回   ・第5~6回  ・第7~8回
・第9~10回  ・第11~12回
第13~14回  第15~16回
第17~18回  第19~20回
第21回  『麒麟がくるまでお待ちください』第2~3回
『麒麟がくるまでお待ちください』第4回

まずはあらすじ
美濃国明智荘(岐阜県可児市)、天文16(1547)年
明智十兵衛光秀(長谷川博己)は野盗と戦っていた。
明智荘はたびたび野盗の襲来を受けており、十兵衛は何か根本的に変える必要性を感じていた。

斎藤山城守利政(本木雅弘)の拠る稲葉山城に行き直談判し、話の流れで十兵衛は一路、京、堺に向かうこととなった。

京から帰った十兵衛は、山城守との約束通り医者の望月東庵(堺正章)を連れ帰ったが、間もなく尾張の織田弾正忠信秀(高橋克典)が稲葉山城下である井ノ口に攻め寄せ、十兵衛は奮戦する。

斎藤山城守利政は戦の裏で暗躍していた守護の土岐次郎頼純(矢野聖人)を暗殺した。

一方の明智十兵衛光秀は望月東庵の助手・駒(門脇麦)を連れて明智荘に戻り、しばし平穏な日々を過ごす

その後、東庵山城守に尾張の織田信秀の情勢を探るように命じられる

十兵衛は三河出身だという農民の菊丸(岡村隆史)を連れて東庵を追って尾張に潜入した。

東庵から情報を手に入れた十兵衛たちであったが、美濃への帰り道で何者かに襲われるのであった。

尾張から戻った明智十兵衛(長谷川博己)は鉄砲の構造を知るために明智荘出身の鉄砲鍛冶伊平次(玉置玲央)という男を探した。

斎藤山城守(本木雅弘)の許可を得て一路京へ向かうが、そこで細川藤孝(眞島秀和)という武士と出会う
彼は将軍家足利義輝(向井理)の側近で、堺で出会った三淵藤英(谷原章介)の弟であった。

遊女屋にいた伊平次に鉄砲の分解を頼んだ十兵衛だったが、松永弾正久秀(吉田鋼太郎)の主人である三好長慶(山路和弘)襲撃の計画があることをきいてしまう

長慶と久秀の救援のために三淵藤英を訪れる十兵衛。

将軍家義輝の命令により藤孝は十兵衛のあとを追う

十兵衛と藤孝は長慶と久秀の救援に間に合うが、十兵衛は負傷してしまう…

京にて三好長慶を助けるために負傷した明智十兵衛光秀。
駒の治療を受けて故郷美濃に戻った十兵衛は山城守に、帰蝶を織田家に嫁ぐように説得してほしい、と頼まれるのであった。

十兵衛は、織田信長の人柄を見極めるため再び尾張に潜入するのであった。

尾張に潜入した十兵衛は、織田信長が漁から帰ってきたことに衝撃を受け、その印象を美濃に持ち帰る。

明智荘で、帰蝶に尾張に嫁ぐべきか否かを聞かれる十兵衛は、尾張に行くべきと伝える

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ