さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年06月17日

大河ドラマを楽しむ方法(9)(『麒麟がくる』第17~18回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第17~18回)に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

・第1~2回  ・第3~4回   ・第5~6回  ・第7~8回
・第9~10回  ・第11~12回
第13~14回  第15~16回

まずはあらすじ。

斎藤道三(本木雅弘)は大桑城を出て、鶴山に布陣した。

それを受けて、長男・新九郎高政(伊藤英明)は長良川の対岸に布陣した。

明智十兵衛光秀(長谷川博己)は道三に味方すべく出陣した叔父・兵庫頭光安(西村まさ彦)を追い、道三の陣に向かった。

長良川では新九郎高政が圧倒的な勝利を収め、道三は新九郎高政に一騎打ちを挑み、敗れた。

十兵衛が明智城に戻ると、叔父・兵庫頭光安が明智荘を出ろという。

新九郎高政が明智城に軍勢を差し向けたため、戦えば負ける。

落城する前に母・牧(石川さゆり)や妻・煕子(木村文乃)、兵庫頭光安の子である左馬助(間宮祥太朗)を連れて出て、明智の血脈を保ってほしいという。

兵庫頭光安より明智家の家督を譲りうけ、十兵衛一行は明智荘を出て越前へ向かった。

越前に到着した十兵衛一行は、伊呂波太夫(尾野真千子)の計らいで守護・朝倉左衛門督義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見した。

左衛門督義景に屋敷を与えられ、十兵衛は左馬助とともに近所の子供たちに論語を教えて生計を立てるのであった。

そうこうしているうちに2年の月日が経った永禄元(1558)年、尾張で事件は起こった。

たびたび兄・織田上総介信長(染谷将太)に反旗を翻していた織田武蔵守信勝(信成。木村了)は戦で上総介に敗退し、上総介に恭順したかに思えた。

しかし再び反旗を翻した。

信勝の家臣であった柴田権六勝家(安藤政信)の密告によりそのことを知った上総介は信勝を呼び出し、毒殺するのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(2)テレビ