さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2020年06月01日

大河ドラマを楽しむ方法(8)(『麒麟がくる』第15~16回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』第15~16回)に関しての楽しみ方を解説したいと思います。

大河ドラマを見てみたけれど、歴史もよくわからないし、どう楽しんでいいのかわからない
歴史には興味あるけど、自分では積極的に勉強する気になれない、という方必見です!

・第1~2回  ・第3~4回   ・第5~6回  ・第7~8回
・第9~10回  ・第11~12回
第13~14回

まずはあらすじ。

斎藤山城守利政(本木雅弘)は長男・新九郎高政(伊藤英明)に家督を譲り、出家して道三を名乗った。

父に反抗的だった兄・高政が家督を継いだことによって、高政が夫・織田上総介信長(染谷将太)との同盟を破棄するのではないかと危機感を募らせる帰蝶(川口春奈)。

弟である孫四郎龍重(長谷川純)と喜平次龍定(犬飼直紀)に文を送り、明智十兵衛(長谷川博己)を訪ねて味方するよう頼むように指示した。

しかし十兵衛は、家督を譲ったのは道三様の判断だ、と言って孫四郎・喜平次へ味方するとは明言しなかった。

そうこうしているうちに、道三にひいきされる孫四郎・喜平次の存在に焦りを感じた高政は、病と称して2人を呼び出し、暗殺することに成功する。

知らせを聞いた道三は怒り狂うのであった。

道三が稲葉山城を出て大桑城に入ったことで戦の気配を感じた十兵衛は、道三に戦をさせないため尾張に向かった。

信長が道三に味方しなければ、道三は戦を仕掛けないと踏んだためである。

帰蝶に会い、道三に味方しないよう求めたが、帰蝶は聞く耳をもたない。

十兵衛が孫四郎・喜平次に味方しなかったこと、そして、彼らが殺されたことに怒っていたからである。

帰路、稲葉山城を訪れた十兵衛は、高政より加増と領地替えの旨を伝えられる。

父祖伝来の土地である明智荘を出なくてはいけないと知った十兵衛は、高政と敵対し、道三に味方することを決意した。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 21:00Comments(4)テレビ