さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年12月08日

川島正次郎のお陰で面白くなってきた!(『いだてん』第41~42回)

ストレッチ
photo by 写真AC


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第41~42回の感想です。

まずはあらすじ。
昭和39(1964)年のオリンピック東京で開催されることが決定。
田畑政治(阿部サダヲ)を事務総長に据え、オリンピック組織委員会が発足する。

当初は田畑とつながりの深い面々によって作られる予定だった組織委員会だったが、お金や功名のにおいに引き寄せられ、次々に乗り込んでくる政治家たち

中でも顧問として参加した大物政治家川島正次郎(浅野忠信)にくせ者のにおいを感じ取る田畑であった。

そんな中選手村の場所を巡って紛糾する組織委員会。
朝霞で決着しかけていたが、田畑は「代々木でなくちゃだめだ」と主張。

持ち前の熱意と交渉力で平沢和重(星野源)に駐日米大使のライシャワーを説得してもらい、NHKの放送センターを設立するというアイディアで当時の首相池田勇人(立川談春)を説得する。

そんな田畑に川島の魔の手が忍び寄るのであった…

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ

2019年12月04日

突如会社を辞められるのは会社側の責任である

革靴


皆さんこんばんは。
今回は記事「正しい会社の辞め方とは?退職代行を使われた会社の社長と議論して出た答え」を読んでの所感です。

記事概要としては、
筆者がクライアントの会社の社長と話をしているときのことです。

退職代行を使い突然会社を辞めた社員の話をされて、けしからん、という話になったそうです。

社長としては辞める意思をきちんと会社に伝えた上で、しかるべき時間をかけて引継ぎをし、会社に迷惑が掛からないように辞めるべき、という意見だそうです。

筆者としてはそれは、違う。社員に辞められても会社にダメージがないようにするのは会社側の責任だ、というような内容です。

実際、会社を辞めるときにはどうすべきなのでしょうか?
会社の言うように、きちんと引継ぎをし、筋を通して辞めるべきなのでしょうか?
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)ネット