さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年10月05日

『いだてん』、緒方竹虎は実はすごい人(第33~34回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第33~34回の感想です。

まずはあらすじ。
東京オリンピック招致に頭を悩ませる嘉納治五郎(役所広司)たち。しかし、田畑政治(阿部サダヲ)の言葉で治五郎は「イタリアにオリンピックを譲ってもらおう」と言い出し、副島道正(塚本晋也)、杉村陽太郎(加藤雅也)、政治をイタリアに派遣する。イタリアにて副島は病に倒れるも、そのことによってムッソリーニ(ディノ・スピネラ)から東京にオリンピックを譲る約束を取り付ける。

政治らが東京オリンピック招致に燃える中、陸軍将校たちは首相官邸等を襲い、クーデターを起こす。世にいう「2・26事件」であった。戒厳令が敷かれ、不穏な空気の立ち込める東京に、IOC会長であるラトゥール(ヤッペ・クラース)がやってきた。悲観する政治の心配は杞憂となり、ラトゥールは日本人の心意気に触れ、アジアでオリンピックを開く、と言って帰っていった。東京オリンピック実現に一歩近づいたのである。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ