さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年09月19日

『いだてん』、世相がよく表れている気がする(第31~32回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第31~32回の感想です。

まずはあらすじ。
ロサンゼルスオリンピックが開幕し、日本水泳勢はメダルラッシュへと向かっていく。男子勢もさることながら、メダルを全く期待されていなかった前畑秀子(上白石萌歌)は200m平泳ぎで銀を取る。それに続けと言わんばかりに男子も100m背泳ぎで金銀銅を独占し、1500mでも金銀を獲った。男子200m平泳ぎは小池禮三(前田旺志郎)の金が期待されていたが優勝したのは何と鶴田義行(大東駿介)。二大会連続金メダルの快挙を実現したのであった。

多くのメダルを引っ提げ帰国した日本水泳勢。東京市長の永田秀次郎(イッセー尾形)は彼らをねぎらうべく迎えるが、銀メダルを取った前畑に対して「なぜ金を取らなかったのか」との落胆を伝える。田畑政治(阿部サダヲ)はその言葉に激怒するが、前畑は次回のベルリンオリンピックに向けて発奮するのであった。一方で、嘉納治五郎(役所広司)や岸清一(岩松了)らは昭和15(1940)年のオリンピックを東京に迎えるべく、本格的な活動を始める。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ