さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年07月17日

『いだてん』、前半戦終了!(第23~24回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第23~24回の感想です。

まずはあらすじ。
金栗四三(中村勘九郎)を罷免させるべく竹早に乗り込んできた村田大作(板尾創路)は、教室に立てこもる娘富枝(黒島結菜)に対して女子スポーツを否定する発言をする。父を納得させるため、100m走を挑んだ富枝は見事勝利し、大作はおとなしく引き下がることになる。そんな中、大正12(1923)年9月1日、のちに関東大震災と呼ばれる大地震が発生する。

関東大震災で疲弊する人々を見て、嘉納治五郎(役所広司)は神宮スタジアムを被災者に開放し、スタジアムにはバラックが並ぶ。熊本の実家に帰った四三は義母池部幾江(大竹しのぶ)に発破をかけられ、東京に戻って飢えた人々に食糧を運ぶ。そんな中、四三と治五郎はスタジアムで復興運動会を開催し、人々は笑顔を取り戻していった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ