さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年07月01日

『いだてん』、面白さ復活か(第21~22回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第21~22回の感想です。

まずはあらすじ。
ヨーロッパから帰国した金栗四三(中村勘九郎)はドイツで見聞した女子スポーツを日本でも普及させるべく、東京府立第二高等女学校の教師となって女学生たちにスポーツのすばらしさを伝えようと奮闘する。しかし、女学生の間には女子は運動をするものではないという固定観念が強く、なかなか受け入れてもらえず苦戦する。

竹早(第二高等女学校)の生徒たちに受け入れられ始めた四三。生徒の村田富枝(黒島結菜)らはテニスの大会で岡山に遠征するが、人見絹枝(菅原小春)に惨敗する。東京に戻り、四三は女子陸上大会を開催するが、教え子の富江は靴下を履いていると走りにくいと言い出し、はだしで駆けることで50m、100m、50m障害で見事優勝する。しかし、当時の風潮では女子がはだしを人前でさらすことなど言語道断。父村田大作(板尾創路)が苦情を言いに竹早に乗り込んできたのであった。

ということで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ