さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2019年05月10日

『いだてん』、めでたい(第14~15回)

春日山城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第14~15回の感想です。

まずはあらすじ。
ストックホルムでの棄権を経てついに日本へ帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)。日本では明治天皇が崩御し、時代は大正になっていた。四三は負けた要因などを追及されながらもストックホルムでの悔しさをバネに、次回のベルリン大会へ向けて研鑽を再開する。一方で、初高座に失敗した三遊亭朝太(森山未來)は三遊亭小円朝の地方巡業についていくことになった。

兄実次(中村獅童)からの手紙で熊本へ里帰りした四三。そこでなんと見合いの席に連れて行かれ、そこで待っていたのは幼馴染の春野スヤ(綾瀬はるか)であった。スヤと結婚し、池部家の養子になれという話であったが、潔癖な四三はなかなか肯んじない。しかし、結局兄の説得により結婚・養子縁組することとなるが、すぐに東京に戻って次なるベルリンオリンピックに向けて練習にまい進する四三であった。

ということで、

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 22:00Comments(0)テレビ